外部カスケード スタイル シートを適用する、または適用を解除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

外部カスケード スタイル シート (CSS) に定義したスタイルを Web ページで使用する場合、外部 CSS を Web ページに適用する必要があります。

外部 CSS を 1 つの Web ページに適用するには、デザイン ビューで開いているページに .css ファイルをドラッグするだけです。外部 CSS を複数のページや別の外部 CSS に適用する場合、または外部 CSS がサイト外に存在する場合は、代わりに [スタイル シートの適用] ダイアログ ボックスを使用します。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

Web ページにドラッグすると、外部 CSS を添付します。

1 つまたは複数の Web ページまたは .css ファイルに外部 CSS を添付します。

外部 CSS の適用を解除します。

外部 CSS をドラッグして Web ページに適用する

  1. デザイン ビューで Web ページを開きます。

  2. そのページに [フォルダ一覧] の .css ファイルをドラッグします。

ページの先頭へ

外部 CSS を 1 つ以上の Web ページまたは 1 つの .css ファイルに適用する

  1. CSS を適用するファイルを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    • CSS を 1 つの Web ページに適用するには、その Web ページを開きます。

    • CSS をサイト内のすべての Web ページに適用するには、そのサイトを開きます。

    • CSS を複数のページに適用するには、[フォルダ一覧] で CSS を適用する Web ページを選択します。

      ヒント: 複数のファイルを選ぶには、キーを押して、ctrl キーを押しながらをクリックしています。

    • CSS を別の .css ファイルに適用するには、CSS を適用する .css ファイルを開きます。

  2. [書式] メニュー CSS のスタイル] をポイントし、[ ボタンスタイル シートの適用] をクリックします。

    注: このコマンドを使用できない場合は、作業中のページにマスタ ページが適用されていないかどうかを確認します。代わりに、マスタ ページを開く必要がある場合があります。

    ヒント: スタイルの適用]または[スタイルの管理] 作業ウィンドウで、[スタイル] ツールバーまたは ボタンスタイル シートの適用] ボタンを使用することもできます。

  3. [スタイル シートの適用] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

使用する項目

操作

URL

.css ファイルを指定します。

適用対象

CSS を適用するページを選択します。

  • [作業中のページ]: 開いている Web ページのみ。

  • [すべての HTML ページ]: 開いているサイト内のすべての HTML ページ。

  • [選択したページ]: 現在のサイトで選択している Web ページのみ。

適用方法

適用方法を選択します。

  • [リンク]: Link 要素を使用します。

  • [インポート]: @import 規則を使用します。

ページの先頭へ

外部 CSS の適用を解除する

適用されている外部 CSS のスタイルを Web ページで使用する必要がなくなった場合は、[スタイルの適用] 作業ウィンドウまたは [スタイルの管理] 作業ウィンドウで 1 回操作するだけで、そのページから CSS の適用を解除できます。複数の Web ページやサイト全体から外部 CSS の適用を解除する場合は、代わりに [スタイル シートのリンクの管理] ダイアログ ボックスを使用します。

重要: Web ページから外部 CSS の適用を解除すると、Web ページから、そのスタイルへの参照が削除されません。これらの参照を削除する場合は、CSS の適用を解除する前に実行します。スタイルを削除する方法については、「削除またはスタイルを削除する」を参照してください。

Web ページから外部 CSS の適用を解除する

  1. デザイン ビューまたはコード ビューで Web ページを開きます。

  2. [スタイルの適用] または [スタイルの管理] 作業ウィンドウで、CSS ファイル名を右クリックし、[リンクの削除] をクリックします。

    注: このコマンドを使用できない場合は、作業中のページにマスタ ページが適用されていないかどうかを確認します。代わりに、マスタ ページを開く必要がある場合があります。

リンクされた CSS の適用を複数の Web ページから解除する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • リンクされた CSS の適用をサイト内のすべてのページから解除するには、そのサイトを開きます。

    • リンクされた CSS の適用を複数の Web ページから解除するには、[フォルダ一覧] で Web ページを選択します。

  2. [書式] メニューの [CSS スタイル] をポイントし、[スタイル シートのリンクの管理] をクリックします。

    注: このコマンドを使用できない場合は、作業中のページにマスタ ページが適用されていないかどうかを確認します。代わりに、マスタ ページを開く必要がある場合があります。

  3. [スタイル シートのリンク] ダイアログ ボックスの [URL] ボックスの一覧で、適用を解除する外部カスケード スタイル シート (CSS) 名をクリックします。

    注: この一覧には、リンクされた CSS ファイルのみが表示され、インポートされた CSS ファイルは表示されません。インポートされた CSS は、一度に 1 つの Web ページからしか適用解除できません。インポートされた CSS の適用を解除するには、[スタイルの適用] 作業ウィンドウまたは [スタイルの管理] 作業ウィンドウを使用するか、各 Web ページをコード ビューで開き、関連付けられている @import 規則を削除します。

  4. 次のいずれかをクリックします。

    • [作業中のページ] をクリックすると、作業中の Web ページから CSS の適用が解除されます。

    • [すべてのページ] をクリックすると、現在のサイト内のすべてのページから CSS の適用が解除されます。

    • [選択したページ] をクリックすると、現在のサイトで選択しているページから CSS の適用が解除されます。

  5. [削除] をクリックします。

インポートされた外部 CSS の適用を .css ファイルから解除する

  1. インポートされた CSS を含む .css ファイルを開きます。

  2. 適用解除する CSS ファイルを参照している @import 規則を削除します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×