変更履歴を承諾する

文書の最終版を共有できるようになったら、変更履歴を承諾して (または元に戻して) 変更履歴の記録を消去します。[承諾] と [次へ] が灰色表示されている場合は、文書は編集できないか、変更履歴を記録できないようロックされています。

すべての変更を承諾するには、[校閲] をクリックし、[承諾] の矢印をクリックし、[ドキュメント内のすべての変更を反映] をクリックします。

[承諾] メニューの [ドキュメント内のすべての変更を反映]

または [すべての変更を承諾して変更の記録を中止する] をクリックし、すべての変更を承諾して、変更履歴の記録をオフにします。

それぞれの変更を確認し、1 つずつ承諾するには [校閲]、[承諾] をクリックします。

[承諾]

Word は変更を反映し、マークアップを削除し、次の変更履歴に移動します。

重要: 文書から変更履歴を消すには、変更を反映するか、元に戻す以外に方法はありません。[変更内容の表示] ボックスで [変更履歴なし] を選ぶと、最終的に文書がどのように見えるかを確認するのに役立ちますが、変更履歴は一時的にしか非表示になりません。変更は削除されず、ユーザーが次回文書を開くと、それらの変更内容が再度表示されます。変更履歴を完全に削除するには、変更を反映するか、元に戻します。

文書からコメントを消去するには、コメントを削除します。コメントをクリックし、[校閲]、[コメントの削除] をクリックします。または、[校閲] をクリックし、[コメントの削除] の矢印をクリックし、[ドキュメント内のすべてのコメントを削除] をクリックします。

次の変更に進まずに、1 つの変更を承諾する

変更を反映した後、カーソルを元の場所に置いておくには、[校閲] をクリックし、[承諾] の矢印をクリックして [次へ] をクリックし、[変更の承諾] をクリックします。

[承諾] メニューの [変更の承諾]

この操作を 1 回のクリックで行うには、[変更の承諾] をクイック アクセス ツール バーに登録しておきます。

  1. [承諾] の矢印をクリックします。

  2. [変更の承諾] を右クリックします。

  3. [クイック アクセス ツール バーに追加] をクリックします。

これにより、クイック アクセス ツール バーの [変更の承諾] をクリックすると、次の変更に進まずに変更を反映できるようになります。

クイック アクセス ツール バーの [この変更を反映する]

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×