変更履歴の記録をオフにする

文書内の変更履歴をすべて削除するには、最初に [変更履歴の記録] をオフにし、文書内の変更を承諾または元に戻すという、2 つの手順を実行します。 この手順を実行すると、クリーンな文書が作成され、他のユーザーと共有できます。

変更履歴の記録をオフにする

変更履歴の記録をオフにする方法は、オンにする方法と同じです。つまり、

[校閲]、[変更履歴の記録] をクリックします。

[校閲] タブの [変更履歴の記録] オプションが強調表示されています。

パスワードを入力し、[パスワードの確認入力] ボックスでもう一度入力します。

次に、文書に残されている変更履歴とコメントを完全に削除します。 この操作を行うには、変更を承諾または元に戻してコメントを削除する以外に方法はありません。

重要: 変更履歴は、文書が開かれると表示されます。[校閲] タブで [すべての変更履歴/コメント]、[変更履歴/コメントなし] の順にクリックして [変更履歴/コメントなし] オプションを選ぶと、最終的に文書がどのように見えるかを確認できますが、変更履歴は一時的に非表示になっているだけです。変更は削除されず、ユーザーが次回文書を開くと、それらの変更内容がもう一度表示されます。変更履歴を永久に削除するには、変更を承諾するか、元に戻します。

[校閲]、[次へ]、[承諾] または [元に戻す] の順にクリックします。

[承諾] オプションと [元に戻す] オプションが強調表示された [校閲] タブ。

変更が維持または削除され、次の変更履歴に移動します。すべての変更を同時に承諾するには、[承諾] の下の矢印をクリックし、[すべての変更を反映する] をクリックします。

コメントを削除する

文書からコメントを消去するには、コメントを削除します。

コメントをクリックし、[校閲]、[削除] の順にクリックします。

[校閲] タブの [削除] オプションが強調表示されています。

一度にすべてのコメントを削除するには、[校閲] タブで [削除] の下にある矢印をクリックして、[ドキュメント内のすべてのコメントを削除] をクリックします。

ヒント: 文書の最終版を共有する前に、ドキュメント検査を実行してください。このツールは、変更履歴とコメント、隠し文字、プロパティの個人名など、多くの人と共有したくない情報を確認します。ドキュメント検査を実行するには、[ファイル]、[情報]、[問題のチェック]、[ドキュメント検査] の順にクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×