変更を電子メールで通知する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

通知は、事前通知とも呼ばれ、Microsoft Office Project Web Access で定義された設定に基づき、Microsoft Office Project Server 2007 によって送信される電子メール メッセージです。

この記事の内容

事前通知について

自分用の通知を設定します。

リソースの通知を設定します。

通知と事前通知について

通知には、次の 2 種類があります。

  • 通知     通知を設定すると、タスクまたは進捗レポートになんらかのアクションが発生したときに、直ちに電子メールによる通知を受信できます。たとえば、新しいタスク割り当てを受信したときや、新しい進捗レポート要求を受信したときに通告を行う通知を有効にできます。

  • 事前通知     事前通知を設定すると、タスクおよび進捗レポートに注意が必要なときに、電子メールによる通知を受信できます。事前通知は、アクション発生後の経過時間など、状況に基づいて設定され、定義された定期的スケジュール (3 日ごとなど) に従って送信されます。たとえば、進捗レポートの作成期限の前日に通告を行う事前通知や、タスクの期限を一定の日数分だけ経過したときに定期的に電子メール メッセージを送信する事前通知を設定できます。

マネージャは、リソースに対する通知や事前通知を設定できます。マネージャがこれを行うと、リソースは、マネージャが定義した通知 (期限を過ぎたタスクや進捗レポートに関するものなど) と、自分で定義した通知の両方を受け取ります。

注: 受信したくない通知をマネージャが設定した場合は、その通知を受信しないよう指定できます。ただし、マネージャが設定した事前通知については、受信しないよう指定することはできません。

ページの先頭へ

自分用の通知を設定する

  1. サイド リンク バーで [個人用の設定] をクリックします。

  2. [個人用通知と事前通知の管理] をクリックします。

  3. [タスク] および [進捗レポート] で、受信する通知および事前通知をクリックします。

    注: マネージャが設定した事前通知は、個人用の設定よりも優先されます。たとえば、マネージャが進捗レポートの期限の 1 日前に電子メールを送信するよう事前通知を設定すると、個人用の設定で進捗レポートに関する事前通知を送信しないよう設定しても、マネージャが設定した事前通知を受け取ることになります。

  4. 事前通知を送信する頻度を指定します。

  5. [言語設定] で、通知に使用する言語と形式をクリックします。

  6. [保存] をクリックして、通知および事前通知の設定を終了します。

ページの先頭へ

リソース用の通知を設定する

  1. サイド リンク バーで [個人用の設定] をクリックします。

  2. [自分のリソースの通知と事前通知の管理] をクリックします。

  3. [自分のチーム メンバーのタスク] および [自分のリソースの進捗レポート] で、リソースに送信する通知および事前通知をクリックします。

  4. 事前通知を送信する頻度を指定します。

  5. [言語設定] で、通知に使用する言語と形式をクリックします。

  6. [保存] をクリックして、通知および事前通知の設定を終了します。

注: 

  • プロジェクトの進行に伴い、電子メールによる事前通知の種類や頻度を調整する必要が生じる場合があります。たとえば、プロジェクトの前半は、期限を過ぎたタスクに関する事前通知の期間を長く設定し (数日または数週間など)、後半には、タスクの期限が過ぎると直ちに事前通知が送信されるよう、期間を短くすることができます。

  • マネージャが設定した事前通知は、リソースの個人用の設定よりも優先されます。たとえば、マネージャが進捗レポートの期限の 1 日前にすべてのリソースに電子メールを送信するよう事前通知を設定すると、リソースは、事前通知を受け取らないよう指定しても、マネージャによって定義された事前通知を受け取ることになります。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。また、一部のページに表示される内容から、記載されている内容、サーバー管理者には、Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×