スキップしてメイン コンテンツへ

変形画面切り替え効果: ヒントとテクニック

Lauren Janas 著、PowerPoint PM

PowerPoint for Office 365、PowerPoint 2019 (Windows PC および macOS)、Web 用 PowerPoint には、プレゼンテーションのスライド間のアニメーション、切り替え、機能オブジェクトの移動をスムーズにするために役立つ [変形] があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

この記事では、変形 を使用してできることについて説明します。 「PowerPoint の画面切り替え効果 [変形] の使い方」を読んで、画面切り替え効果として 変形 を適用するための基本的な操作を確認してください。

どのオブジェクトを変形させるかを制御する

変形 では、どのオブジェクトを変形させるか、させないかをより細かく制御できるようになりました。 ユーザー設定の名前を付けることができ、連続するスライドの 2 つのオブジェクトを照合し、一方のオブジェクトをもう一方のオブジェクトに変形させることができます。 

名前付けの規則は、オブジェクト名を !! (2 つの感嘆符) で始め、2 つのオブジェクトに同じユーザー設定名を割り当てるだけです。 オブジェクトの名前を変更するには、次のセクションで説明されているように [選択] ウィンドウを使用します。

たとえば、[!!Shape1] という名前の円をスライド 7 に、[!!Shape1] という名前の四角形をスライド 8 に配置します。 そして、変形 をスライド 8 に割り当てると、スライドが切り替わるときに円が四角形へと変形します。 

[選択] ウィンドウを使用してオブジェクトの名前を変更するには

  1. (Windows) [ホーム] タブの [編集] グループで、[選択]、[オブジェクトの選択と表示] の順にクリックします。

     (macOS) [ホーム] タブの [配置] グループで、[オブジェクトの選択と表示] をクリックします。

  2. リストの名前をクリックして、オブジェクトを選択します。 もう一度クリックすると、名前が編集できるようになります。
    [オブジェクトの選択と表示] が右側に開きます。 現在のスライドにあるすべてのオブジェクトのリストが表示されます。 既定のほとんどの名前は、Title 1 のようなわかりやすい単語と数字で構成されています。

  3. Ctrl キーを押しながら A キーを押して、名前全体を選択します。 「!!」に続けて、名前に含めたい単語を入力します。たとえば、!!ShapeForMorph などです。

  4. 入力した新しい名前を保持するには、Enter キーを押します。

この機能でできること

  • 異なる図形 (円と四角形など) を強制的に変形させる。

  • 同じ図形の 2 つのインスタンス (ただし、それぞれのテキストは異なる) を強制的に変形させる。

  • 2 つの画像を強制的に変形させる。

  • 同じ種類の 2 つのオブジェクト (表と表、SmartArt と SmartArt) を強制的に変形させる。 1 つの例外はグラフです。それらは変形せず、クロス フェードします。 

  • !! で始まらないが、 変形 による処理方法は変わらないことがわかっているオブジェクト名を引き続き使用する。

!! の名前付け規則で 変形が従うルール 

  • !! で始まる同じ名前で同じ種類の 2 つのオブジェクトが、変形 によって 2 つのスライドで検出されると、スライドが切り替わるときに一方のオブジェクトがもう一方のオブジェクトに変形します。

  • 変形 では "!!" のオブジェクトと "!!" ではないオブジェクトを照合しません。

  • 変形 はオブジェクト間の 1 対 1 マッピングを想定します。そのため、最適な結果を得るには、!!Name をスライド上で一意にする必要があります。

カスタム図形の使用 

  • PowerPoint では、複数の穴がある図形を幾何学的に変形することができません。

  • 変形している図形に編集点が含まれる場合は、次が適用されます。

    • の図形に含まれる編集点の数が大まかに同じである必要があります。 各頂点の位置が、変形先の図形の位置と大まかに対応している必要があります。

    • 図形は同じ向きで描画する必要があります (時計回りまたは反時計回り)。

!! をサポートする PowerPoint のバージョン 名前付け規則

製品

!! をサポートする最小バージョン番号 名前付け

PowerPoint for Office 365 for Windows、月次チャネル

1903

PowerPoint for Office 365 for Windows、半期チャネル (対象指定)

1908

PowerPoint for Office 365 for Windows、半期チャネル

まだ使用できません

PowerPoint for Office 365 for Mac

16.23

PowerPoint 2019 for Windows

1908

PowerPoint 2019 for Mac

16.28

PowerPoint 2016 for Windows

16.0.4888

(このバージョンでは、スライド ショーでの画面切り替え効果 変形 の再生がサポートされていますが、標準表示での画面切り替え効果 [変形] の作成はサポートされていません。)

PowerPoint for iOS

2.24

(このバージョンでは、スライド ショーでの画面切り替え効果 変形 の再生がサポートされていますが、標準表示での画面切り替え効果 [変形] の作成はサポートされていません。)

PowerPoint Mobile

1903

(このバージョンでは、スライド ショーでの画面切り替え効果 変形 の再生がサポートされていますが、標準表示での画面切り替え効果 [変形] の作成はサポートされていません。)

変形 を使用して、次のような効果とアニメーションを作成します。

次の見出しを選択して開くと、詳細な手順が表示されます。

  1. スライドを作成し、オブジェクトをその開始状態に置きます。

  2. スライドを複製します。あるいは、動かすか、強調するオブジェクトをコピーし、次のスライドに貼り付けます。

    次のいずれかの操作を実行します。

    • 軌跡のアニメーションを作成するには、2 枚目のスライドのオブジェクトを最後の位置に動かします。

    • 回転アニメーションの場合、オブジェクトを選択し、回転ハンドルを利用して 2 枚目のスライドのオブジェクトを 変形 中に回転させる位置まで回転させます。

    • ズーム アニメーションを作成するには、2 枚目のスライドでオブジェクトのサイズを変更し、ある位置まで拡大または縮小します。

    • 反転アニメーションの場合、2 枚目のスライドでオブジェクトを選択し、[ホーム]、[配置]、[回転] の順に選択し、[左右反転] または [上下反転] を選択します。

      PowerPoint の [配置]、[回転]、[反転] オプションを示しています。

    • 2 枚目のスライドのオブジェクトの色や書式設定のプロパティを変更すると、最初のスライドから 2 枚目のスライドに移るとき、変形 により、書式設定の変化が滑らかに、かつ途切れなくアニメーションになります。

  3. サムネイル ウィンドウで 2 枚目のスライドを選択し、[画面切り替え効果]、[変形] の順に進み、変形を適用します。それから [プレビュー] をクリックし、実際の動きを確認します。

以上の効果はすべて組み合わせることができます。あるオブジェクトを動かし、サイズを変化させ、回転させ、色を変えることが同時にできます。 最初のスライドと 2 枚目のスライドで開始状態と終了状態を設定し、終了状態の 2 枚目のスライドに画面切り替え効果 変形 を適用するだけで、"変形" が残りの作業を引き受けます。

  1. スライドを作成し、オブジェクトをその開始状態に置きます。

  2. スライドを複製します。あるいは、動かすか、強調するオブジェクトをコピーし、次のスライドに貼り付けます。

    次のいずれかの操作を実行します。

  3. サムネイル ウィンドウで 2 枚目のスライドを選択し、[画面切り替え効果]、[変形] の順に進み、変形の画面切り替え効果を適用します。それから [プレビュー] をクリックし、実際の動きを確認します。

  1. スライドを作成し、アニメーション付きの単語をその開始状態に置きます。

  2. スライドを複製します。あるいは、動かしたり強調したりしたい単語をコピーし、次のスライドに貼り付けます。

  3. 2 枚目のスライドで単語を動かし、最終的な状態にします。あるいは、フォント スタイル、サイズ、色などを変え、変形の画面切り替え効果を適用します。

    [画面切り替え効果] タブで、[効果オプション] を [単語] に設定します。 必要な効果があれば、スライド間で単語を追加したり、削除したり、動かしたり、出現させたりできます。 [プレビュー] をクリックし、実際の動きを確認します。

    [効果のオプション] メニューです。画面切り替え効果 [変形] で [単語] が選択されています。

変形 では、スライド上の個々の文字の配列を変更し、単語や語句でアナグラム効果を見せることができます。

  1. スライドを作成し、アニメーション付きの文字をその開始状態に置きます。

  2. スライドを複製します。あるいは、動かすか、強調する文字をコピーし、次のスライドに貼り付けます。

  3. 2 枚目のスライドで文字を動かし、最終的な状態にして 変形 の画面切り替え効果を適用します。

    [画面切り替え効果] タブで、[効果オプション] を [文字] に設定し、[プレビュー] をクリックし、実際の動きを確認します。

    [効果のオプション] メニューです。画面切り替え効果 [変形] で [文字] が選択されています。

画像がスライドの背景全体をカバーする場合、ズーム効果を適用し、スライド キャンバスより大きくすることができます。

  1. スライドを作成し、拡大する図をバックグラウンドとして置きます。

  2. スライドを複製するか、図をコピーして次のスライドに貼り付けます。

  3. スライド キャンバスを超えて拡大するように、拡大効果を適用する任意の位置まで図の角をドラッグします。

  4. サムネイル ウィンドウで 2 枚目のスライドを選択し、[画面切り替え効果]、[変形] の順に進み、変形の画面切り替え効果を適用します。それから [プレビュー] をクリックし、実際の動きを確認します。

スクロール効果を適用するには、通常の横向きスライドより縦長の垂直画像 (Web ページのスクリーン ショットなど) を使用し、画像の一番上の部分が見えるようにします。 次に、2 枚目のスライドで、強調する部分がスライドの中央に来るように画像を上に動かします。 変形 を 2 枚目のスライドに適用します。プレゼンテーションを表示すると、画像の強調部分までスクロールされます。

変形 を適用し、画像をトリミングして、画像の一部を簡単に強調することもできます。

  1. オブジェクトを含むスライドを作成し、[描画ツール]、[図形の効果]、[3-D 回転] の順に進み、最初の 3-D 回転を追加します。

    PowerPoint 2016 の [図形の効果] メニューに 3-D 回転オプションが表示されます。

  2. スライドを複製し、もう一度 [描画ツール]、[図形の効果]、[3-D 回転] の順に進み、3-D 回転の終了状態を決定します。

  3. サムネイル ウィンドウで 2 枚目のスライドを選択し、[画面切り替え効果]、[変形] の順に進み、変形の画面切り替え効果を適用します。それから [プレビュー] をクリックし、実際の動きを確認します。 オブジェクトが 3D アニメーションになり、開始状態から終了状態に遷移します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×