基準計画 0 ~ 10 見積もり期間 (タスク フィールド)

[基準計画 0 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間] のフィールドには、タスクを完了するために予定されているおおよその期間が表示されます。基準計画を設定すると、Microsoft Project はタスクのスケジュールされた期間の値をコピーし、それを [基準見積もり期間] フィールド ([基準計画 1 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間] までの [基準見積もり期間]) に格納します。これは、タスクが手動でスケジュールされる場合でも自動的にスケジュールされる場合でも適用されます。手動スケジュール タスクの場合、これらの値は [基準期間] フィールドに格納されているものによって異なる場合があります。自動スケジュール タスクの場合、[基準期間] フィールドの値と [基準見積もり期間] フィールドの値は、まったく同じです。

データ型   期間

入力の種類    計算または入力

計算方法    基準計画を設定する際に、タスクの [スケジュールされた期間] フィールドの値が対応する [基準見積もり期間] フィールドにコピーされます。使用される [基準見積もり期間] フィールド ([基準見積もり期間]、[基準計画 1 見積もり期間] など) は、保存されている基準計画 (基準計画、基準計画 1 など) に対応します。

使用のポイント    1 つ以上の基準計画を設定していて、基準見積もり期間とスケジュールされた期間または実績期間を比較する場合には、1 つ以上の [基準見積もり期間] フィールドをタスク ビューに追加します。また、複数の基準計画を使用して、プロジェクトの異なるポイントで設定した基準期間を比較することもできます。

    手動スケジュール タスクと自動スケジュール タスクが混在していて、一部の手動スケジュール タスクに不完全なスケジュール情報が含まれているプロジェクトがあるとします。3 か月前に、プロジェクトの基準計画を設定して、手動スケジュール タスクで入力した期間とは関係なく、基準見積もり期間を比較したいとします。また、これらの基準計画を実績期間または現在の期間に対して比較したい場合には、[基準見積もり期間] フィールドと [実績期間] フィールドを [タスク シート] ビューに追加して、これまでの進捗状況を分析します。

解説    [基準見積もり期間] フィールドには、プロジェクトの基準計画を設定するまで "0 日" が入力されています。基準計画はプロジェクト期間中いつでも設定できます。基準計画を設定するには、[プロジェクト] タブの [スケジュール] グループで [基準計画の設定] をクリックします。ダイアログ ボックスで、[基準計画の設定] をクリックします。目的の基準計画を選択します ([基準計画 1 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間])。基準計画を設定すると、タスクに現在スケジュールされているすべてのフィールドが対応する基準計画のフィールドにコピーされます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×