基本図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Visio は、簡単なものからきわめて複雑なものも含めて 60 種類のテンプレートと数千もの図形を用意しています。このトピックでは、[基本図] テンプレートを使用して、すぐに作業にとりかかるために必要となるテンプレートの開き方や図面への図形の配置方法、配置した図形の接続方法の基本を説明します。

図形の基礎の記事では、図形自体の使用方法に関する詳細が表示されます。図テンプレートの他の種類の Visio の使用方法については、「の Visio の各テンプレート機能を知る方法?します。トレーニング コース、Microsoft Office Online Web サイトで使用できるデモを使用して Visio を使用する方法も参照してください。

  1. Microsoft Office Visio を起動します。

    Visio が起動すると、いくつかのウィンドウが表示されます。ここでの作業に必要なものは、[テンプレートの分類] という名前のウィンドウのみです。

  2. [テンプレートの分類] ウィンドウに表示された分類の一覧から [一般] をクリックします。

    [一般] に含まれるすべてのテンプレートが、中央のウィンドウに表示されます。

    全般カテゴリのコンテンツ

  3. [基本図] という名前のテンプレートをダブルクリックします。

    [基本図] テンプレートが開くと、領域の大半は空白の図面ページで占められています。図面の作成にあたっては図形を整列することが重要になるため、ページにはグリッド線が表示されています。

    ヒント: グリッド線を非表示に刷るには、[表示] メニューの [グリッド] をクリックしてチェック ボックスをオフにします。

    図面ページのほかに、[図形] ウィンドウが開き、次の 3 種類の図形セットが表示されます。

    • [背景]

    • [図面枠と表題欄]

    • [基本図形]

      これらのタイトル部分をクリックすると、それぞれに含まれる多数の図形のステンシルが表示されます。ここでは、[基本図形] ステンシルのみを使用します。

      基本テンプレートで、背景、境界とタイトル、基本図形の 3 個のステンシルを開く

  4. [基本図形] ステンシルの任意の図形をクリックし、マウス ボタンを押したまま、その図形を図面ページにドラッグします。

    マウス ボタンを離すと、図形は、緑色の破線を持つ緑色の四角形 選択ハンドルの画像 、選択ハンドルと呼ばれるに制限し、 コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 を処理することもあります黄色のひし形、コントロールと呼ばれます。コントロールを使用する方法については、ハンドル、選択ハンドル、およびその他の図形の重要な機能には、図形の基礎記事が参照してください。

  5. 手順 4. を繰り返して、ページに他の図形を追加します。

  6. オートコネクト機能を使用して、図形どうしを接続します。

    1. 接続元となる図形にポインタを移動します。

      接続元の図形上にあるポインター

    2. 接続先の図形に最も近い位置にあるペール ブルーの三角形にポインタを移動します。

      接続先の図形に最も近い青い三角形の上にポインターが置かれている。

      三角形は濃い青に変わり、接続先の図形に赤い枠が表示されます。

      注: 接続先の図形の周囲に赤いボックスが表示されない離れすぎて図形可能性があります。近くに図形を移動し、もう一度試してくださいまたはコネクタツールを使用して、図形を接続します。詳細については、「 Visio で図形間コネクタ追加をする」を参照してください。

    3. 青い三角形をクリックします。コネクタが追加され、両方の図形に接着されます。どちらかの図形をページ上の別の場所に移動しても、これらの図形の接続は維持されます。

      図形を図面ページに配置し、コネクタを追加して両方の図形に接着します。

  7. 手順 4. ~ 6. を繰り返してさらに図形を追加および接続し、基本図面を完成します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×