基本フローチャートを部門連係フローチャートに変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

部門連係フローチャートは、プロセスの手順およびその手順にかかわる部門単位 (部署など) との関係を明確に表したもので、レーン図とも呼ばれます。

既存のプロセス フローチャートに部門単位を追加するには、ページにレーン図形をドロップし、レーンにプロセスの手順を配置します。

プロセス フローチャートにレーン図形を追加する

  1. [図形] ウィンドウの [部門連係フローチャート] ステンシル レーン図形 (水平または垂直) をクリックし、[図面の空白の領域にドラッグします。

    最初のレーンをドロップすると、部門連係フローチャートが作成され、レーンの周囲に [表題] バーと [フェーズ] バーが表示されます。このフローチャートに、さらにレーンを追加できます。

  2. プロセスにかかわるすべての部門単位が表示されるまで、レーン図形を追加します。レーン図形を追加するには、青い矢印が表示されるまでレーンの左下隅または右下隅をポイントし、その矢印をクリックします。

    または、[図形] ウィンドウからレーン図形をドラッグし、オレンジ色の接続インジケーターが表示されたら図形をドロップします。

  3. 部門連係フローチャートに含めるフローチャート図形をすべて選択します。

  4. 選択した図形をレーンにドラッグします。

  5. プロセス図形を適切なレーンに移動します。レーンに図形が含まれている場合、レーンが薄いオレンジで強調表示されます。

プロセス図形の上にレーン図形を直接ドロップすることもできますが、その場合、プロセス図形はレーンの一部と見なされず、レーンに含まれずに同じ領域内に存在しているだけとなります。レーンに含まれない図形は、レーンと共に移動されません。

プロセス図形の上にレーン図形をドロップする場合は、各図形を少し移動すると、レーンでプロセス図形が認識されるようになります。これにより、レーンは、図形がドロップされた直後のように動作します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×