基本ネットワーク図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[基本ネットワーク図] テンプレートには、サーバー、コンピューターなどのネットワークの構成要素の標準図形が含まれています。ネットワークをわかりやすく伝えるために記録したり、これから構築するネットワークの計画を立てたりするために使用できます。

使用するテンプレートを見つけるには、[ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、検索ボックスに「基本ネットワーク図」と入力します。

機器の図形を追加する

小規模なネットワークの場合: まず、各デバイスのために必要な図形を [コンピューターとモニター] ステンシルと [ネットワークと周辺機器] ステンシルから図面ページにドラッグします。ネットワークがどこで始まりどこで終わるのか、さまざまなノードがどのようにリンクされているのかがよくわかるように、図形を並べ替えます。その図を見るユーザーが、どこからどのように接続をたどればよいのかがわかるようにしてください。

大規模なネットワークの場合: 図をわかりやすくするためにデバイスを論理的なグループにまとめるための計画を立てます。コンテナーを使って、関連するデバイスを視覚的にまとめます。図が大きくて複雑な場合は、複数の図に分割してハイパーリンクで接続することを検討します。[基本ネットワーク図] テンプレートの代わりに [詳細なネットワーク図] テンプレートを使うこともできます。このテンプレートには、より多くのデバイスに対応する数多くの図形が含まれています。

デバイス間の接続を追加する

コネクタを使って、デバイスがどのようにリンクされているのかを示します。基本的な接続にはオートコネクトを使い、ワイヤレス接続には [通信リンク] 図形を使います。ステンシルには [動的コネクタ] 図形も含まれていますが、同じ接続をより簡単に使う方法があります。図形をポイントすると表示される小さな [オートコネクト] 矢印からコネクタをドラッグして、別の図形にドロップします。

複数のデバイスがネットワーク バックボーンに接続されている場合は、[リング ネットワーク] 図形または [イーサネット] 図形を使ってバックボーンを表し、その図形に組み込まれているコネクタを使ってデバイスを接続します。

  1. [リング ネットワーク] 図形または [イーサネット] 図形をクリックします。

  2. デバイス図形にコントロール ハンドルをドラッグし、デバイス図形の中央にコネクタをドロップします。

ラベルとデータを追加する

ネットワークの図形にテキストを追加するには、図形をクリックします。テキストを移動するには、コントロール ハンドルをドラッグします。機器のラベルを付けるためには使用吹き出し[挿入] タブから追加できます。

図形と共にデータを保存するには、[ビュー]、[作業ウィンドウ]、[図形データ] の順にクリックします。[図形データ] ウィンドウで、保存するデータを入力します。

データ ソースから機器のデータをインポートする

ネットワーク機器に関するデータがデータ ソース (Excel ブック、Access データベース、SQL Server など) に保存されている場合は、そのデータを図にインポートすることができます。これにより、機器に関する詳しいデータ (IP アドレス、コンピューターの所有者の名前、機器の ID など) を、その機器を表す図形に追加できます。各図形にデータを入力する必要はなく、インポートしたデータ ソースから図形に適切なデータ行をドラッグするだけで済みます。

データ ソースのデータが変更された場合は、[データ] タブの [すべて更新] をクリックして図のデータを更新できます。

機器のデータを図に表示する

図形に追加した機器のデータを図に表示するには、データ グラフィックを使います。データ グラフィックを使うと、データをデータ ソースの数値としてそのまま表示したり、図を見るユーザーにとって重要な値を表すアイコンや色を使って表示したりできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×