基本ネットワーク図を作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[基本ネットワーク図] テンプレートには、サーバー、コンピューターなどのネットワークの構成要素の標準図形が含まれています。ネットワークをわかりやすく伝えるために記録したり、これから構築するネットワークの計画を立てたりするために使用できます。

使用するテンプレートを見つけるには、[ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、検索ボックスに「基本ネットワーク図」と入力します。

機器の図形を追加する

小規模なネットワーク:ネットワークと周辺機器およびコンピューターとモニターのステンシルから図面ページにデバイスごとに必要な図形をドラッグして開始します。使用すると、ネットワークの出発の端点があると、さまざまなノードをリンクする方法をオフに順序に配置します。ユーザーに、図を始めるには、場所との接続をフォローする方法を参照してくださいできるようにする必要があります。

大規模なネットワーク: 方法論理的にグループ化できるデバイス図面が読みやすくするために計画します。コンテナーを使用して、関連するデバイスの視覚的なグループを作成します。図面が非常に大きなと詳細の場合は、図面を複数の図に分割して、ハイパーリンクを使用して接続することを考慮します。それが適切である、基本的なネットワーク テンプレートではなく、詳細なネットワーク図テンプレートを使用するより大きい、さまざまなデバイスの多くの図形が含まれているためにを見つけることがあります。

デバイス間の接続を追加する

コネクタを使用して、デバイスをリンクする方法を示します。基本的な接続とワイヤレス接続の通信リンク図形のオートコネクトを使用します。ステンシルは、ダイナミック コネクタ図形も含めるが、図形の上にポインターを置くと表示される小さなオートコネクト矢印からコネクタをドラッグし、別の図形にドロップして同じ接続を少し簡単にアクセスします。

複数のデバイスがネットワーク バックボーンに接続されている場合は、[リング ネットワーク] 図形または [イーサネット] 図形を使ってバックボーンを表し、その図形に組み込まれているコネクタを使ってデバイスを接続します。

  1. [リング ネットワーク] 図形または [イーサネット] 図形をクリックします。

  2. デバイス図形にコントロール ハンドルをドラッグし、デバイス図形の中央にコネクタをドロップします。

ラベルとデータを追加する

ネットワークの図形にテキストを追加するには、図形をクリックします。テキストを移動するには、コントロール ハンドルをドラッグします。機器のラベルを付けるためには使用吹き出し[挿入] タブから追加できます。

図形と共にデータを保存するには、[ビュー]、[作業ウィンドウ]、[図形データ] の順にクリックします。[図形データ] ウィンドウで、保存するデータを入力します。

データ ソースから機器のデータをインポートする

Excel ブックを Access データベース、または SQL Server などのデータ ソースに格納されているネットワーク機器のデータを使っている場合は、図面にデータをインポートできます。これにより、IP アドレス、コンピューターの所有者、機器の Id の名前など、表す機器については、各図形に詳細なデータを追加することで可能なしように、入力しなくてもだけ – 各図形に行をドラッグ適切な日付、importe からd のデータ ソースし、図形の上にドロップします。

データ ソースのデータが変更された場合は、[データ] タブの [すべて更新] をクリックして図のデータを更新できます。

機器のデータを図に表示する

機器のデータを図形に追加した後は、データ グラフィックを使用して図面で表示するデータを表示することができます。データ グラフィックでは、いずれかの数値の右側または図を読んでいる人にとって重要な値を表すアイコンおよび色を使用して、データ ソースからデータを表示する方法を提供します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×