埋め込みの web パーツを使用します。

埋め込みの web パーツを使用します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

サイトに新しいページを追加すると、追加してweb パーツ] には、ページの構成要素をカスタマイズします。この記事では、[埋め込み] web パーツについて説明します。

埋め込みを許可しているサイトのページでコンテンツを表示することができます (たとえば、YouTube をなど)。によっては、サイトには、サイトの web アドレスを使用するか、埋め込みコード サイトが提供します。

埋め込みコードは、web サイトのページに表示するコンテンツを別の方法を説明する手順の一覧を示します。多くのサイトの提供は、埋め込みが許可されている場合、ページにコードを埋め込みます。通常、埋め込みコードまたは <>/ラベルが付いたボタンが表示されます。これにより、あるコードの一部でテキスト ボックスを開きます。だけをコピーし、コードを貼り付けます。

注: 

  • 埋め込みコードする必要があります iframe ベースに留意してください (つまり、してで終わる < iframe > タグ)。埋め込みコードの関数を使用して < スクリプト > タグがサポートされていないことにします。埋め込みコードを使用の詳細については、埋め込みの web パーツを使用して、ページに追加するコンテンツを参照してください。

  • セキュリティで保護された web サイトのみを埋め込むことができます。HTTPS から始まる web サイトの URL を確認します。

  • 一部の web サイトがページに埋め込まれるため、安全である場合でも、それらを埋め込むことはできないと iframe ベースの埋め込みコードを使用できます。問題がある場合を埋め込むかどうかは、許可を表示する web サイトで確認します。

  • サイト コレクションの管理者は、ユーザーが外部の web サイトからコンテンツを埋め込むことができるかどうかを制御できます。投稿者のコンテンツを埋め込む、ようにする場合、エラー メッセージが表示することがあります「この web サイトからのコンテンツの埋め込みは許可されません。」管理者や、ヘルプ記事を参照してください許可制限を SharePoint ページ上のコンテンツを埋め込む、またはします。

埋め込みの web パーツを追加します。

  1. まだ編集モードになっていない場合は、ページの右上にある [編集] をクリックします。

  2. 上にマウス ポインターを合わせるまたは下にある既存の web パーツ] または [タイトル領域は、 最新の Web パーツをページに追加するために使用される丸付きプラス記号 をクリックし、埋め込みの web パーツを選択します。

  3. 右側の [ツール パレット] で、サイトの web サイトまたは埋め込みコードの web アドレスを追加します。

    埋め込みの Web パーツのツール ボックス

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×