埋め込みの Web パーツを使用した、ページへのコンテンツの追加

埋め込みの Web パーツを使用した、ページへのコンテンツの追加

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

サイトに新しいページを追加すると、追加してSharePointページを作成するのには、 web パーツをカスタマイズできます。 この記事では、[埋め込み] web パーツについて説明します。

埋め込みを許可しているサイトからSharePointページでコンテンツを表示することができます (たとえば、YouTube や Bing マップをなど)。 多くのサイトには、コンテンツに、サイトの web アドレスを使用するか、埋め込みコード サイトが提供します。

Web サイトのアドレスを使用してコンテンツを表示します。

コピーして、埋め込みの web パーツにコンテンツのサイトの web アドレスを貼り付けます一部の web サイトからコンテンツを埋め込むことができます。

  1. 使用する埋め込み可能なコンテンツのリンクをコピーします。 これを行うには、埋め込むコンテンツをサイトに移動します。 任意の場所に、コンテンツの近く通常が表示されます共有] ボタンまたはリンクします。 それをクリックし、提供されたリンク アドレスをコピーします。

    コンテンツの埋め込みに Web サイトのアドレスを使用する例
  2. SharePoint ページで、編集モードの中になっていることを確認します。 ない場合は、編集] をクリックして、上部にあるページの右します。

  3. 埋め込みの web パーツをまだ持っていない場合、ページは上にマウス ポインターを合わせるまたは下にある既存の web パーツ] または [タイトル領域で、 最新の Web パーツをページに追加するために使用される丸付きプラス記号 ] をクリックし、リストから、埋め込み _lt _/_gt web パーツを選択します。

  4. 右側の [プロパティ] ウィンドウで、[ web サイトのアドレスまたは埋め込みコード] ボックスにコピーした web サイトのアドレスを貼り付けます。

    ビデオの URL を貼り付けるか、フィールド コードを埋め込む

注: 

  • ]、[プロパティ] ウィンドウが表示されない場合は、web パーツの左側のweb パーツの編集 [Web パーツの編集] ボタン をクリックします。

  • コンテンツへのリンクは、特定のサービスを埋め込むためのリンクを使用してコンテンツを提供する web サイトのみ動作します。 埋め込みしコンテンツのリンクが解消されない場合は、代わりに、埋め込みコードを使用してみてください。

埋め込みコードを表示のコンテンツの使用

埋め込みコードとは、別のページのコンテンツの表示方法を説明する、Web サイトからの特殊な指示の一覧です。 多くのサイトでは、コピーして貼り付け、埋め込むことができる埋め込みコードが用意されています。 通常、埋め込みコードまたは_lt _/_gtボタンが表示されます。 テキスト ボックスで、コードの一部で開きます。

たとえば、[共有] ダイアログの埋め込みコードを表示する Vimeo 上のビデオの[共有] をクリックします。

SharePoint のページにコンテンツを埋め込む埋め込みコードを使用する例

使用する埋め込みコードを次の操作を行います。

  1. (該当する場合) を使用するコンテンツの埋め込みコードをコピーします。 これを行うには、埋め込むコンテンツをサイトに移動します。 任意の場所に、コンテンツの近く通常や表示されます共有] ボタンやリンクを埋め込みコードまたは_lt _/_gtというラベルのボタン。 これによりでは、Vimeo サイト上で、画像のようないくつかのコードをテキスト ボックスを開きます。

  2. [自分] ページで、埋め込みの web パーツをまだ持っていない場合、は、ビデオを挿入して、一覧から、埋め込み _lt _/_gt web パーツを選択する] 領域で SPO 正符号 をクリックします。

  3. 右側の [プロパティ] ウィンドウで、[ web サイトのアドレスまたは埋め込みコード] ボックスに、埋め込みコードを貼り付けます。

    ビデオの URL を貼り付けるか、フィールド コードを埋め込む

注: 

  • ]、[プロパティ] ウィンドウが表示されない場合は、web パーツの左側のweb パーツの編集 [Web パーツの編集] ボタン をクリックします。

別の web パーツに接続して動的コンテンツを表示します。

[埋め込み] web パーツのリンクを入力したり、さまざまなによっては、ページ ビューアーの選択項目を表示することができるようにする、変数を使うコードを埋め込むできます。 たとえば、画像 Url のリストからユーザーの選択に基づいてに画像を表示できます。

情報と例では、「ビデオ画像、またはユーザーがリスト web パーツの選択に基づいて場所を表示する (埋め込み web パーツをリスト web パーツに接続する)します。

画像のリストに接続する埋め込み web パーツの例

トラブルシューティング

なぜ埋め込みできない場合がある最も一般的な原因を紹介します。

  • 埋め込みコードは iframe に基づく必要があります (つまり、してで終わる <iframe> タグ)。 埋め込みコードの関数を使用して <script> タグがサポートされていないことにします。

  • セキュリティで保護された web サイトのみを埋め込むことができます。 HTTPS から始まる web サイトの URL を確認します。

  • 一部の web サイトがページに埋め込まれるため、安全である場合でも、それらを埋め込むことはできないと iframe ベースの埋め込みコードを使用できます。 問題がある場合を埋め込むかどうかは、許可を表示する web サイトで確認します。

  • サイト コレクションの管理者は、ユーザーが外部の web サイトからコンテンツを埋め込むことができるかどうかを制御できます。 投稿者のコンテンツを埋め込む、ようにする場合、エラー メッセージが表示することがあります「この web サイトからのコンテンツの埋め込みは許可されません。」 管理者や、ヘルプ記事を参照してください許可制限を SharePoint ページ上のコンテンツを埋め込む、またはします。

保護されていない web サイトから、またはコンテンツを使用して別の方法、お知らせ UserVoice での埋め込みによってを埋め込む場合。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×