埋め込みの Web パーツを使用した、ページへのコンテンツの追加

埋め込みの Web パーツを使用した、ページへのコンテンツの追加

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

埋め込みとは、単純に別の Web サイトのコンテンツを直接ページに表示することです。たとえば、Facebook のフィードから直接 YouTube の動画を見ることができます。動画は YouTube に残ったまま、Facebook のページに埋め込まれます。埋め込みの Web パーツを使用すると、SharePoint のページで同じ処理を実行できます。

Web サイトのアドレスを使用したコンテンツの表示

一部の Web サイトのコンテンツは、単純にページの Web アドレスをコピーして貼り付け、埋め込むことができます。

コンテンツの埋め込みに Web サイトのアドレスを使用する例

これは、この方法でコンテンツを埋め込むサービスを特別に提供している Web サイトに対してのみ機能します。埋め込みたいコンテンツでこれが機能しない場合は、代わりに埋め込みコードの使用を試してください。

埋め込みコードを使用したコンテンツの表示

埋め込みコードとは、別のページのコンテンツの表示方法を説明する、Web サイトからの特殊な指示の一覧です。多くのサイトでは、コピーして貼り付け、埋め込むことができる埋め込みコードが用意されています。一般的に、[Embed code (埋め込みコード)] または <>/ のラベルのボタンが表示されています。これでは、コードが含まれるテキスト ボックスが開きます。単純に全部コピーして貼り付けます。

たとえば、Vimeo の動画の [Share (共有)] ボタンをクリックすると、その共有のダイアログ ボックスに埋め込みコードが表示されます。

SharePoint のページにコンテンツを埋め込む埋め込みコードを使用する例

いずれの方法でも機能しない場合

これは一般的に、次の理由により発生します。

  • コンテンツの埋め込みは、セキュリティで保護された Web サイトからのみサポートしています。Web サイトのアドレスが HTTPS で始まっていることを確認します。

  • Web サイトがコンテンツの埋め込みに互換性のない方法を使用しています。コンテンツの埋め込みは、Web サイトのアドレスまたは iframe ベースの埋め込みを使用してのみサポートしています。

保護されていない web サイトから、またはコンテンツを使用して別の方法、 UserVoice に感想の埋め込みによってを埋め込む場合。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×