地理データを取得する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

地理データを Excel に挿入するには、最初にテキストを [地理] のデータの種類に変換します。 次に、別の列を使用して、総人口、タイム ゾーンなど、そのデータの種類に関連する特定の詳細情報を抽出できます。

注: 2019 年 3 月 28日: データ型は、すべての windows 版のOffice 365 サービス サブスクリプションへにリリースされています。 Office 365 のサブスクライバーの場合は、最新バージョンの Office をインストールしていることをご確認ください

  1. セルに何かテキストを入力します。 たとえば、各セルに、国、都道府県、都道府県、地域、や市区町村の名前を入力します。

  2. セルを選択します。

  3. 必須ではありませんが、Excel の表を作成することをお勧めします。 作成しておくと、後で簡単にオンライン情報を抽出できます。 テーブルを作成するには、挿入_gtテーブルに移動します。

  4. 選択されているセルのデータ] タブに移動し、[地理] をクリックします。

  5. Excel では、セル内のテキストとのオンライン ソース間の一致が見つかると場合、は、地理的なデータ型にテキストを変換してされます。 このアイコンがある場合に変換していることがわかります 地理用のリンクされたレコード アイコン

  6. いずれかを選択または複数のセルのデータが入力され、データの挿入] ボタン [列の追加] ボタン が表示されます。 その] ボタンをクリックし、[その他の情報を抽出するフィールド名] をクリックします。 たとえば、引数を母集団とを選びます。

  7. その他のフィールドを追加するには、もう一度 [データの挿入] ボタンをクリックします。 テーブルを使っている場合は、見出し行にフィールド名を入力します。 たとえば、見出し行と列にデータが表示されます] 領域で領域を入力します。

ヒント: 

  • すべての利用可能なフィールドを表示するには、( 地理用のリンクされたレコード アイコン ) は、[地域] をクリックしてやセルを選択してctrl キーを押しながら shift キーを押しながら F5キーを押します。

  • アイコンではなく 疑問符アイコン が表示されている場合、テキストと一致するオンライン ソースのデータが見つかっていないことを示します。 スペル ミスを修正し、Enter キーを押すと、一致する情報の検索が実行されます。 または、 疑問符アイコン をクリックしてセレクター ウィンドウを表示します。 キーワードを入力してデータを検索し、目的のデータを選択して、[選択] をクリックします。

  • データの種類を参照する数式を作成することもできます。

関連項目

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×