地域設定を指定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Server 2007では、特定の言語でサイトを作成し、それらのサイトの適切な地域の設定を構成するサイトの所有者を有効にする、カルチャ固有のシームレスなエクスペリエンスを提供します。サイトを使用する言語は、サイトの作成時に指定する必要があり、後の日付は変更できません。サーバー管理者には、サーバー上で 1 つまたは複数の言語パックがインストールされているが、サイトの所有者またはサイト コレクションの管理者は、現在インストールされている言語パックに基づいて、新しいサイトを使用する言語を選択できます。

この記事の内容

Office SharePoint Server 2007 サイトで利用できる地域の設定

サイトの地域の設定を変更します。

個人用の地域設定を変更します。

Office SharePoint Server 2007サイトで利用できる地域の設定

サイト コレクションのトップレベル サイトの地域設定は、サイト コレクションの既定の言語に基づいて自動的に設定されます。サブサイトを作成すると、親サイトで設定されている地域設定がサブサイトに反映されます。サイト コレクションの管理者は、トップレベル サイトの地域設定を変更することもできます。サイト所有者は、親サイトから継承された地域設定を使用するか、またはサブサイト用に別の地域設定を指定するかを選択できます。

注記: 

  • 特定の親サイトで変更された地域設定は既存のサブサイトには反映されません。これは、サブサイトには、作成時に親サイトで構成されていた地域設定だけが反映されるためです。

  • 親サイトが親サイトの地域設定を使用しないでよりも、別のユーザー インターフェイス (UI) の言語で作成されているサブサイトの地域設定します。代わりに、サブサイトの作成時に選択されたユーザー インターフェイス言語の既定の地域設定が使用されます。

個々のユーザーは、特定のサイトで設定されている既定の地域設定を使用するか、または独自に地域設定を設定できます。これにより、別の国または地域にいるユーザーが、ユーザーがいる地域に関係なく、同じ SharePoint サイトにあるドキュメントに対して容易に共同作業を行うことができるようになります。次の表に、すべてのサイトで使用できる地域設定と、これらの設定をサイト所有者および個々のユーザーが構成できるかどうかを示します。

設定

説明

サイト レベル

個人レベル

Web 設定の適用

サイト所有者によって設定された既定の地域設定を常に使用します。

いいえ

Yes/はい

ロケール

数字、日付、時刻、およびカレンダーの設定などのロケール固有の情報がサイト上でどのように表示されるかを制御します。他のすべての地域設定 (以下を参照) の既定値は、選択されたロケールに基づきます。サイトのロケール設定を変更すると、他のすべての地域設定は、新しいロケールの既定値に設定されます。目的のロケールを選択した後で、必要に応じてこれらの他の設定を変更できます。

Yes/はい

Yes/はい

並べ替え順序

リストとライブラリで使用される並べ替え順を制御します。

Yes/はい

いいえ

タイム ゾーン

Web サイトのタイム ゾーンを制御します。

注: サーバー管理者とサイト コレクションの管理者は、Web アプリケーション内ですべてのサイトの既定のタイム ゾーンも指定できます。このサイトレベルの設定は、Web アプリケーション レベルの設定を上書きします。

Yes/はい

Yes/はい

カレンダーの設定

プライマリのカレンダーとして使用するカレンダーの種類を指定します。また、週が 1 年の第何週に該当するかを表示するかどうかも選択できます (1 は 1 年のうちの最初の週を表し、52 は 1 年のうちの最後の週を表します)。

Yes/はい

Yes/はい

代替カレンダーの有効化

オプションのカレンダーの設定を、SharePoint サイトに対して設定したカレンダーに追加できるようにします。

Yes/はい

Yes/はい

稼働日の定義

稼働日となる曜日、各週の最初の曜日、および年の最初の週を指定します。さらに、稼働日の開始時刻と終了時刻も指定できます。

注: この情報はMicrosoft Office Outlook 2007によって nonwork 日から別の色で予定表の稼働日を表示するために使用します。

Yes/はい

Yes/はい

時刻の形式

時刻を 12 時間制と 24 時間制のどちらで表示するかを指定します。

注: 選択したロケールによっては、24 時間制の形式しか選択できません。

Yes/はい

Yes/はい

注: 上の表に示されているように、ユーザーは、並べ替え順序以外のすべての地域設定について、個人用設定を設定できます。

ユーザーは、ページを要求するときにOffice SharePoint Server 2007は、最初に、ユーザーが指定されている地域設定の読み込みを試みます。地域の設定が利用できない場合は、サイトの所有者によって指定されているサイト レベル設定が使用されます。これらの地域設定は、ページ上のロケールに依存データを書式設定に使用されます。

サイトの地域設定の変更

サイトのすべてのユーザーに対して既定の地域設定として使用される特定の地域設定を使用する (トップレベルの Web サイトとサブサイト) のすべての SharePoint サイトをカスタマイズできます。既定の設定をサイトの所有者を設定またはが自分の個人用設定を指定する使用する個別のユーザーを選択できます。

サイトの地域設定を変更するのには、サイト コレクションの管理者またはサイト所有者があります。

既定の地域設定を変更する SharePoint サイトごとに、次の操作を行います。

  1. 既定の地域設定を変更するサイトを開きます。

  2. [サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  3. [サイトの設定] ページの [サイトの管理] で [地域の設定] をクリックします。

  4. [地域の設定] ページで、このサイトに使用する設定を選択し、[OK] をクリックします。

個人用の地域設定を変更します。

個々 のユーザーを特定のサイトを設定するか、独自の地域設定を設定する既定の地域設定を使用できます。この機能やすく異なる国や地域から、ユーザーが作業をして、どのような領域に関係なく、同じ SharePoint サイトにあるドキュメントの共同作業では、ユーザーのためです。前述の表は、すべてのサイトで利用できる地域の設定について説明、サイトの所有者によってのどの設定を構成することができ、個々 のユーザーがどれを構成することを示しています。

個人用の地域設定を構成する SharePoint サイトごとに、次の操作を行います。

  1. 個人用の地域設定を構成するサイトを開きます。

  2. トップ リンク バーで、アカウントの [ようこそ]の横の矢印をクリックし、[個人用の設定] をクリックします。

  3. [ユーザー情報のページ] で、[個人用地域設定] をクリックします。

  4. [地域の設定] ページで、[Web 設定の適用] セクションの [Web 設定を常に適用する] チェック ボックスをオフにします。

  5. このサイトに適用する設定を選択し、[OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×