図面内の図形を自動整列、自動間隔調整、および再レイアウトする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Visio には、図形やコネクタを整然と均等に配置するのに役立つツールがいくつか用意されています。図を作成するときには、さまざまなタイミングで異なるツールを使うことができます。一部の図形の位置を微調整することができます。図全体を並べ替える場合に役立ちます。このツールは、次の4つの領域で構成されています。

  • [自動整列とスペース] ボタン: 図のレイアウトに満足している場合は、[自動整列とスペース] を使用しますが、なを作成してコネクタをまっすぐにしたい場合は、そのまま移動しません。

  • [位置] コマンド: 配置のみを修正する場合、または選択した図形の間隔のみを固定する場合、または図を回転または反転する場合は、[位置] ボタンの下にあるコマンドを使用します。

  • 再レイアウトページギャラリー: 図形の最初の位置を保持する必要がなくても、図面の新しいレイアウトを試す場合は、[レイアウトの変更] ページギャラリーを使用します。

  • テンプレート固有のレイアウトコマンド: 一部の図テンプレートには、組織図やブレーンストーミング図テンプレートなど、その図の種類専用に設計された独自のレイアウトコマンドが付属しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

[自動整列とスペース] ボタン

このオプションは、図形を可能な限り現在の位置に近づけるように設計されていますが、互いに整列して等間隔に配置されます。

  1. 配置およびスペースを設定する図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除します。何も選択されていない場合は、すべての図形が影響を受けます。

  2. [ホーム] タブをクリックし、[位置] ([配置] グループ) をクリックして、[自動整列とスペース] を選びます。

位置コマンド

[ 配置] ボタンは、[ホーム] タブの [配置] グループにあります。矢印をクリックして、選択した図形を整列、間隔、および配置するコマンドを表示します。

図形を揃える

このセクションのコマンドは、間隔を変更せずに図形を整列します。コマンドの上にポインターを置くと、変更にコミットする前の効果のプレビューが表示されます。

自動整列を使用するには
  1. 整列する図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[配置] をクリックし、[自動整列] をクリックします。

整列方向を指定するには
  1. 他の図形を配置する図形を選択し、SHIFT キーを押しながら配置する図形をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[整列] をクリックし、[配置] オプションを選びます。

注: 特定の [オブジェクトの整列] は、選択した図形を 1 次図形に整列します。ただし、[自動整列] は、1 次図形に整列しません。

空間図形

このセクションのコマンドは、配置を変更せずに図形間の間隔を設定することもできます。コマンドの上にポインターを置くと、変更にコミットする前の効果のプレビューが表示されます。

自動スペースを使用するには
  1. スペースを設定する図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除します。何も選択されていない場合は、すべての図形が影響を受けます。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックし、[自動スペース] をクリックします。

    これにより、選択したすべての図形が、隣接する図形から指定された距離に移動します。

  3. 間隔を変更するには、[位置] をクリックし、[間隔のオプション] をクリックして、距離を設定します。

[配布] オプションを使用するには

以前のバージョンの Visio の間隔調整のコマンドは引き続き利用でき、異なる間隔調整オプションを提示します。

  1. shift キーまたは CTRL キーを押しながら図形をクリックし、3つ以上の図形を選択します。

    注: 3つ以上の図形を選択しないと、図形を配布するためのコマンドは無効になります。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで [位置] をクリックし、[図形の間隔] をポイントします。

  3. 配布オプションを選択します。[その他の配布オプション] をクリックして、[図形の配布] ダイアログボックスを開きます。

    • [垂直方向] の場合、境界は選択した上端の図形や下端の図形によって決定されます。

    • [水平方向] の場合、境界は選択した左端の図形や右端の図形によって決定されます。

    • ガイドを追加し、図形をガイドに接着するには、[新規ガイドを作成し、図形を揃える] チェック ボックスをオンにします。このオプションを選択すると、最も外側のガイドを移動した場合に、すべての図形の間隔が再配分されます。

改ページから図形を移動する

図面を印刷する場合は、改ページで図形が分割されないようにすることができます。

  1. 改ページをオフにする図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除します。何も選択されていない場合は、すべての図形が影響を受けます。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックし、[改ページをオフにする] をクリックします。

もう1つのオプションは、[自動配置] と [自動間隔] オプションを設定して、これらのコマンドで改ページに図形を配置できないようにすることです。

  • [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックし、[改ページを回避する] が選択されているかどうかを確認します。そうでない場合は、をクリックして選択します。

図形の向きを特定する

[図形の回転] サブメニューのオプションは、選択した図形を回転または反転します。

  • 図形を選択し、適切なコマンドをクリックします。

  • [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックし、[図形の回転] をクリックしてオプションを選択します。

複数の図形が選択されている場合、これらのコマンドは、ページが有効になっているかのように、互いに相対的な位置を維持しながら回転または反転します。

これに対して、[図の回転] サブメニューのコマンドは、図の向きを回転または反転しますが、図形の向きはそのままにしておきます。

[ページの再レイアウト] ギャラリー

[デザイン] タブの [レイアウト] グループにある [レイアウトの再設定] ページが表示されます。単純な図を使用していて、並べ替えの方法がわからない場合は、配置を変更する図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除し、すべての図形に影響を与えます。次に、ギャラリー内のさまざまなデザインにマウスポインターを置いて、効果を確認します。プレビューを表示するには、レイアウトをクリックするまでコミットしません。

テンプレート固有のレイアウトコマンド

図面に使用しているテンプレートに、組織図やブレーンストーミング図テンプレートのように、特定の種類の図面に関連付けられているタブがある場合は、その図用に設計されたレイアウトコマンドがあるかどうかを確認します。その場合は、試してみて、結果が気に入っているかどうかを確認します。

[自動整列とスペース] ボタン

[自動配置とスペース] ボタンは、[ホーム] タブの [配置] グループにあります。このツールは、図形を現在の位置にできるだけ近づけるように設計されていますが、互いに整列して等間隔に配置されます。

  1. 配置およびスペースを設定する図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除します。何も選択されていない場合は、すべての図形が影響を受けます。

  2. [自動整列とスペース] をクリックします。

位置コマンド

[ 配置] ボタンは、[ホーム] タブの [配置] グループにあります。矢印をクリックして、選択した図形を整列、間隔、および配置するコマンドを表示します。

図形を揃える

このセクションのコマンドは、間隔を変更せずに図形を整列します。コマンドの上にポインターを置くと、変更にコミットする前の効果のプレビューが表示されます。

自動整列を使用するには
  1. 整列する図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックします。

  3. [自動整列] をクリックします。

整列方向を指定するには
  1. 他の図形を配置する図形を選択し、SHIFT キーを押しながら配置する図形をクリックします。

    主図形には濃いマゼンタの輪郭があります。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックします。

  3. 目的の配置オプションをクリックします。

特定の [オブジェクトの整列] は、選択した図形を 1 次図形に整列します。ただし、[自動整列] は、1 次図形に整列しません。

空間図形

このセクションのコマンドは、配置を変更せずに図形間の間隔を設定することもできます。コマンドの上にポインターを置くと、変更にコミットする前の効果のプレビューが表示されます。

自動スペースを使用するには
  1. スペースを設定する図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除します。何も選択されていない場合は、すべての図形が影響を受けます。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックします。

  3. [自動スペース] をクリックして、選択したすべての図形を隣接する図形から指定された距離に移動します。

    間隔を変更するには、[間隔の​​オプション] をクリックし、距離を設定します。

[配布] オプションを使用するには

以前のバージョンの Visio の間隔調整のコマンドは引き続き利用でき、異なる間隔調整オプションを提示します。

  1. shift キーまたは CTRL キーを押しながら図形をクリックし、3つ以上の図形を選択します。3つ以上の図形を選択しないと、図形を配布するためのコマンドは無効になります。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで [位置] をクリックし、[図形の間隔] をポイントします。

  3. 配布オプションを選択します。[その他の配布オプション] をクリックして、[図形の配布] ダイアログボックスを開きます。

    • [垂直方向] の場合、境界は選択した上端の図形や下端の図形によって決定されます。

    • [水平方向] の場合、境界は選択した左端の図形や右端の図形によって決定されます。

    • ガイドを追加し、図形をガイドに接着するには、[新規ガイドを作成し、図形を揃える] チェック ボックスをオンにします。このオプションを選択すると、最も外側のガイドを移動した場合に、すべての図形の間隔が再配分されます。

改ページから図形を移動する

図面を印刷する場合は、改ページで図形が分割されないようにすることができます。

  1. 改ページをオフにする図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除します。何も選択されていない場合は、すべての図形が影響を受けます。

  2. [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックします。

  3. [空間図形] をポイントし、[改ページをオフにする] をクリックします。

もう1つのオプションは、自動整列と自動間隔の動作を設定して、これらのコマンドで改ページに図形を配置できないようにすることです。

  1. [ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックします。

  2. [空間図形] をポイントし、 [改ページを回避する]が選択されているかどうかを確認します。そうでない場合は、をクリックして選択します。

図形の向きを特定する

[図形の回転] サブメニューのコマンドは、選択した図形を回転または反転します。

  • 図形を選択し、適切なコマンドをクリックします。

複数の図形が選択されている場合、これらのコマンドは、ページが有効になっているかのように、互いに相対的な位置を維持しながら回転または反転します。

これに対して、[図の回転] サブメニューのコマンドは、図の向きを回転または反転しますが、図形の向きはそのままにします。

[ページの再レイアウト] ギャラリー

[デザイン] タブの [レイアウト] グループにある [レイアウトの再設定] ページが表示されます。単純な図を使用していて、並べ替えの方法がわからない場合は、配置を変更する図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除し、すべての図形に影響を与えます。次に、ギャラリー内のさまざまなデザインにマウスポインターを置いて、効果を確認します。プレビューを表示するには、レイアウトをクリックするまでコミットしません。

テンプレート固有のレイアウトコマンド

図面に使用しているテンプレートに、組織図やブレーンストーミング図テンプレートのように、特定の種類の図面に関連付けられているタブがある場合は、その図用に設計されたレイアウトコマンドがあるかどうかを確認します。その場合は、試してみて、結果が気に入っているかどうかを確認します。

図形を再レイアウトする

  • [図形] メニューの [図形の再レイアウト] をクリックします。

[図形の再レイアウト] コマンドは、フローチャート、ネットワーク図、組織図、ツリー図など、接続された図面で最適に機能します。

[図形の再レイアウト] コマンドは、図形が正しい順序で接続されている場合にも最適です。たとえば、上から下への描画では、コネクタの始点の 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 を最上位の図形に接続し、コネクタの終点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) を一番下の図形に接続する必要があります。

図形のレイアウトを構成する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ページ全体をレイアウトするには、図形が選択されていないことを確認します。

    • ページの一部をレイアウトするには、それらの図形を選びます。

  2. [図形] メニューの [レイアウトの構成] をクリックします。

  3. [設定の適用先] で、[選択] または [現在のページ] をクリックします。

  4. [配置] で、目的の配置オプションをクリックします。

    • スタイル    図形をレイアウトする方法のスタイルを設定するには、このオプションをクリックします。プレビューを見て、選択した内容が必要かどうかを確認します。[ 図形描画] をクリックします (ネットワーク図面など)。

    • 方向    図形の配置に使う方向を設定するには、このオプションをクリックします。プレビューを見て、選択した内容が必要かどうかを確認します。

    • 配置    図形の整列方法を設定するには、このオプションをクリックします。このオプションは、階層の配置スタイルを選択した場合にのみ有効になります。

    • 間隔    図形間の間隔を設定するには、このオプションをクリックします。

  5. [コネクタ] で、目的のコネクタオプションをクリックします。

    • スタイル    図形を接続するために使用される描画パスまたはルートの種類を設定するには、このオプションをクリックします。プレビューを見て、選択した内容が必要かどうかを確認します。

    • 外観    このオプションをクリックして、コネクタをまっすぐにするか曲線にするかを指定します。プレビューを見て、選択した内容が必要かどうかを確認します。

  6. 選択したコネクタのオプションを適用するには、[コネクタにルーティングスタイルを適用する] チェックボックスをオンにします。

  7. 図形が配置されているときに図面ページを拡大するには、[図面に合わせてページを拡大] チェックボックスをオンにします。

  8. [OK] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×