図面内の図形を自動整列、自動間隔調整、および再レイアウトする

Visio には、図形およびコネクタを揃えてレイアウトできるツールおよび等間隔にレイアウトできるツールが複数備わっています。図面を作成しているときに、さまざまな時点でさまざまなツールを使用する場合があります。図形の位置を微調整できるツール、図面全体の配置を変更できるツールなどがあります。これらのツールは、4 つのカテゴリに分類されます。

  • [自動整列と自動間隔調整] ボタン

    図面のレイアウトは問題ないが、コネクタを大きく移動せずに揃えて整えることのみ必要な場合など、[自動整列と自動間隔調整] を使用します。

  • [位置] コマンド

    選択した図形の整列位置または間隔のみ修正する必要がある場合、または図面を回転または反転させる必要がある場合、[位置] ボタンの下のコマンドを使用します。

  • [ページの再レイアウト] ギャラリー

    図面の新しいレイアウトを試す必要がある場合、[ページの再レイアウト] ギャラリーを使用します。図形の初めの位置を保存しなくてもレイアウトを試すことができます。

  • テンプレート固有のレイアウト コマンド

    組織図テンプレート、ブレーンストーミング図テンプレートなど、一部の図面テンプレートには、その図面タイプ専用に設計された固有のレイアウト コマンドが備わっています。

[自動整列と自動間隔調整] ボタン

[自動整列と自動間隔調整] ボタンは、[ホーム] タブの [配置] にあります。このツールは、図形を、現在の位置からできるだけ移動させずに整列させ等間隔にするように設計されています。

  1. 整列および間隔調整する図形を選択するか、図面の外部をクリックして選択を解除します。何も選択されていないと、すべての図形が操作の対象となります。

  2. [自動整列と自動間隔調整] をクリックします。

ページの先頭へ

[位置] コマンド

[位置] ボタンは、[ホーム] タブの [配置] にあります。矢印をクリックすると、選択した図形を整列、間隔調整するためのコマンド、および選択した図形の向きを変更するためのコマンドが表示されます。

図形の整列

このセクションのコマンドは、図形の間隔を変更せずに図形を整列させます。変更を確定する前に、ポインターをコマンドに合わせると、そのコマンドの効果をプレビューできます。

[自動整列] を使用するには

  1. 整列する図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [配置] で [位置] をクリックします。

  3. [自動整列] をクリックします。

整列方向を指定するには

  1. 他の図形を整列させる基準となる図形を選択し、Shift キーを押しながら、その図形に合わせて整列させる図形をクリックします。

    1 次図形 (最初に選択した基準となる図形) には、マゼンタの太い枠線が付加されます。

  2. [ホーム] タブの [配置] で [位置] をクリックします。

  3. 必要な整列オプションをクリックします。

各 [整列] コマンドは、1 次図形に合わせて選択した図形を整列させます。ただし、[自動整列] コマンドは、1 次図形に合わせて図形を整列させません。

図形の間隔

このセクションのコマンドは、図形の整列を変更せずに、図形の間隔を均等にします。変更を確定する前に、ポインターをコマンドに合わせると、そのコマンドの効果をプレビューできます。

[自動間隔調整] を使用するには

  1. 間隔を調整する図形を選択するか、図面の外部をクリックして選択を解除します。何も選択されていないと、すべての図形が操作の対象となります。

  2. [ホーム] タブの [配置] で [位置] をクリックします。

  3. [自動間隔調整] をクリックして、選択したすべての図形を、隣の図形から指定の距離だけ離れた位置に移動します。

    図形間の距離を変更するには、[間隔のオプション] をクリックし、距離を設定します。

均等割り付けオプションを使用するには

さまざまな間隔オプションを提供している、Visio の以前のバージョンの間隔コマンドも使用できます。

  1. Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら 3 つ以上の図形をクリックして選択します。3 つ以上の図形を選択しないと、図形の間隔を揃えるためのコマンドは有効になりません。

  2. [ホーム] タブの [配置] で [位置] をクリックし、[図形の間隔] をポイントします。

  3. 間隔を揃えるためのオプションを選択します。[その他の間隔揃えオプション] をクリックして [図形の間隔揃え] ダイアログ ボックスを開きます。

    • 上下の間隔を揃える場合、境界は選択した最上位の図形および最下位の図形によって決定されます。

    • 左右の間隔を揃える場合、境界は選択した左端の図形および右端の図形によって決定されます。

    • ガイドを追加し、図形に接着するには、[新規ガイドを作成し、図形を揃える] チェック ボックスをオンにします。このオプションを選択すると、最も外側のガイドを移動した場合に、すべての図形の間隔が維持されます。

図形をページ区切り線の外に移動する

図面を印刷する場合、ページ区切り線の位置で図形が分割されないようにすることができます。

  1. ページ区切り線の外に移動する図形を選択するか、図面の外部をクリックして選択を解除します。何も選択されていないと、すべての図形が操作の対象となります。

  2. [ホーム] タブの [配置] で [位置] をクリックします。

  3. [図形の間隔] をポイントし、[ページ区切り線外に移動] をクリックします。

もう 1 つのオプションは、[自動整列] コマンドおよび [自動間隔調整] コマンドにより、ページ区切り線上に図形が配置されないように、これらのコマンドの動作を設定するオプションです。

  1. [ホーム] タブの [配置] で [位置] をクリックします。

  2. [図形の間隔] をポイントし、[ページ区切り線を避ける] が選択されているかどうか確認します。選択されていない場合、クリックして選択します。

図形の方向

[図形の回転] サブメニューにあるコマンドは、選択した図形を回転または反転させます。

  • 図形を選択し、適切なコマンドをクリックします。

複数の図形を選択した場合、これらのコマンドは、図形の相対的な位置を維持しながら、図形を回転または反転させます (ページを回転または反転させるのと同等です)。

これに対し、[図面の回転] サブメニューにあるコマンドは、図面の向きを回転または反転させますが、図形の向きはそのままです。

ページの先頭へ

[ページの再レイアウト] ギャラリー

[ページの再レイアウト] は、[デザイン] タブの [レイアウト] にあります。簡単な図面があり、その図面をデザインする最適な方法が不明の場合、再配置する図形を選択するか、図面の外側をクリックして選択を解除し、すべての図形に反映させます。その後、ギャラリー内のさまざまなデザインの上にマウス ポインターを合わせたままにすると、そのデザインの効果を確認できます。クリックするまで、レイアウトを確定せずにプレビューを表示できます。

ページの先頭へ

テンプレート固有のレイアウト コマンド

使用している図面用のテンプレートに、その図面タイプ固有のタブがある場合、その図面用に設計されたレイアウト コマンドがあるかどうか確認してください (組織図テンプレート、ブレーンストーミング図テンプレートなどには、このようなレイアウト コマンドがあります)。このようなレイアウト コマンドがある場合は、試して結果が適切かどうか確認してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×