図面を Web 図面として SharePoint に保存する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要    SharePoint Online で Visio Services と Visio Web Access Web パーツを使用することは推奨事項ではなくなりました。 これ以降は、Web 用 Visio を使用して Visio 図面を表示し、Web 上で Visio マッシュアップ ソリューションを作成します。 詳細については、「Visio Services in SharePoint Online roadmap」 (SharePoint Online での Visio Services のロードマップ) を参照してください。 SharePoint Server では、これらの機能は、Microsoft ライフサイクル ポリシーに従って引き続きサポートされます。

図を Web 図面として SharePoint に保存する場合、Visio Services を使用して、ユーザーがブラウザーで表示できるように図面を作成することができます。Web 図面には、外部データソースに接続する機能など、標準的な Visio 図面のように、ハイパーリンク、複数のページ、その他の機能を設定できます。

図を Web 図面として保存することは、両方の方法で sharepoint を使用している場合でも、sharepoint ドキュメントライブラリに Visio 図面として保存することとは異なります。visio 図面は visio をインストールする必要があり、visio で開くことができます。Web 図面は、Visio を使用せずにブラウザーで直接表示できます。Web 図面を表示する機能は、Microsoft SharePoint Server 2010 でサポートされています。

Web 図面を発行するための前提条件

  • Microsoft Visio 2010 Professional または Premium

  • visio services が有効になっている Microsoft SharePoint server 2010 (サーバー管理者が visio services を有効にして構成する必要があります)

図を Web 図面として発行する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [保存と送信] をクリックします。

  3. [ SharePoint に保存] をクリックします。

  4. [個人用 SharePoint の場所] で、図面を発行するサイトを選びます。

    1. サイトが一覧に表示されていない場合は、[名前を付けて保存] をクリックした後、参照する場所を参照するか、図面を発行する場所を入力します。場所を入力する場合は、[http の書式設定://host/pathを使用します。

  5. [ファイルの種類] で [ Web 図面 (* vdw)] を選びます。

  6. [名前を付けて保存] ボタンをクリックします。

    1. [名前を付けて保存] ダイアログボックスが開き、その他のオプションが表示されます。

  7. [保存] をクリックした直後に、確認のために図面を開く場合は、[ブラウザーでファイルを自動的に表示する] チェックボックスをオンにします。このオプションは、Web 図面 (vdw ファイル) として保存している場合にのみ使用できます。

  8. [オプション] ボタンをクリックして [発行の設定] ダイアログボックスを開き、発行するページとデータソースを構成します。ページまたはデータソースを発行すると、ブラウザーで表示できるようになります。選択されたアイテムが公開され、選択されていないアイテムは非表示または切断されます。

    1. チェックボックスをオフにすると、関連付けられているアイテムはブラウザーでは表示できませんが、Visio で図面を開いたときには、まだ図の一部になっています。Visio でページが表示されないようにするには、ドキュメントを SharePoint に保存する前に削除します。

  9. [ファイルの種類] オプションが [ Web 図面 (* vdw)] に設定されていることを確認し、[保存] をクリックします。

Web 図面で予期したとおりにレンダリングされない要素

Web 図面として発行されたときに、ほとんどの Visio 図面の標準的な要素が期待どおりに表示されます。ただし、次のような要素が予期したとおりに表示されないことがあります。

  • ユーザー設定の線のパターン

  • ユーザー設定の塗りつぶしパターン

  • ユーザー設定の終了図形

  • ユーザー設定の終了図形のサイズ

  • カスタムエンドキャップ

  • ユーザー設定の影のスタイルとパターン

  • インク

  • 変更履歴とコメント

データ接続された図

外部データソースへの接続を持つダイアグラムを作成した場合、その接続は、いくつかの特殊なケースを除き、Web ダイアグラムに保持されます。

サポートされているデータ ソース

次のデータソースがサポートされています。

  • SharePoint サイトでホストされている Excel ブック

  • sql server のテーブルとビュー (sql server 2000、2005、2008、2010)

  • SharePoint リスト

  • 最新の OLEDB/ODBC ドライバー

Microsoft Access

Microsoft access データソース接続は、図面を Web 図面として発行しても、維持されません。

Microsoft Excel

Excel ブックはデータソースとしてサポートされますが、Web ダイアグラムをホストしている SharePoint サイトにブックを置く必要があります。

ピボットダイアグラムとタイムラインの図

ピボットダイアグラムまたはタイムライン図を Web 図面として発行できますが、データソースから切断されているため、更新できません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×