図面を SharePoint に保存する

図面を SharePoint に保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Visio 図面を SharePoint から Web ブラウザーで表示できます。SharePoint にアップロードした図面は、ドキュメント ライブラリに対するアクセス許可があれば、だれでも表示できます。Visio がインストールされている必要もありません。

図面を [Visio 図面] として保存して SharePoint ドキュメント ライブラリにアップロードするか、Visio から SharePoint に直接保存するオプションを使います。

ブラウザーでも、図面のハイパーリンク、複数ページ、標準の Visio 図面と同様のその他の機能 (データ ソースに接続する機能など) が保持されます。

Visio 2010 では Web 図面を発行していましたが、図面を特殊な Web 図面の形式で保存する必要はなくなりました。同じ種類のファイルをデスクトップでも SharePoint でも使用できます。

図面を発行してブラウザーで表示するための前提条件

  • Microsoft Visio Professional Edition

  • Visio Services が有効になっている Microsoft SharePoint Server (サーバー管理者が Visio Services を有効にして構成する必要があります)、または Visio Services を含む Office 365 プラン

データに接続された図面

外部データ ソースに接続される図面を作成した場合、特殊な場合を除き、ブラウザーでも接続が維持されます。

サポートされるデータ ソース

  • Excel ブック (図面がある SharePoint サイト上にある必要があります)

  • SQL Server のテーブルとビュー

  • SharePoint リスト

  • 最新の OLEDB/ODBC ドライバー

Microsoft Access データ ソース接続は、図面を SharePoint に発行すると失われます。

ピボットダイアグラムまたはタイムライン図は SharePoint に発行できますが、これらの図はデータ ソースから接続解除されるため、更新することはできません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×