図面に複数のピボットダイアグラムを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のピボットダイアグラムでは、同じ元データを同じ図面の複数のビューに細分化したり、異なるデータ セットを同じ図面に表示したりできます。

同じ元データを複数のビューに表示するには、既存のピボットダイアグラムをコピーして貼り付け、それを変更して同じデータを異なるビューで表示するようにします。異なるデータ セットを表示するには、異なるデータ セットに接続されている新しいピボットダイアグラムを作成します。

たとえば、売り上げデータを財務四半期ごとおよび営業担当者ごとに細分化する場合、同じピボットダイアグラムの 2 つのバージョンを使用することで、売り上げに関する同じ元データを異なるビューで表示します。逆に、売り上げデータを四半期ごとに 1 つのピボットダイアグラムに細分化して表示する場合、異なる元データからわかる会社の間接経費を、収入と支出を比較することで示すこともできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

同じ図面に同じデータの複数のビューを作成します。

同じ図面で異なるデータ セットを表示します。

同じ図面に同じ元データの複数のビューを作成する

  1. 図面で、ピボットダイアグラムの最上位ノードを右クリックし、次に [コピー] をクリックします。

  2. 図面上の任意の場所を右クリックし、次に [貼り付け] をクリックします。

    図面ページに次の 3 つの図形が表示されます。

    • データ ソースの情報を含むデータ凡例

    • ピボットダイアグラムの名前用のテキスト ボックス

    • 重要なデータ セットを含む最上位ノード

  3. 図面ページで最上位ノードをクリックします。[ピボットダイアグラム] ウィンドウの [ブレークダウン項目の追加] の下で、データをグループ化するために使用する項目 (通常はデータ ソースの列) をクリックします。

    注: すべての機能を参照するには、[ピボットダイアグラム] ウィンドウを最大化します。

詳細については、ノードの細分、ピボット ダイアグラムを作成するを参照してください。

ページの先頭へ

同じ図面に異なるデータ セットを表示する

  1. [データ] メニューで、[ピボットダイアグラムの挿入] をクリックします。

  2. データ選択ウィザードの手順に従います。

    特定のヘルプでは、ほとんどのウィザード ページで利用できます。ヘルプにアクセスするには、f1 キーを押すか、ヘルプ ボタン ヘルプ をクリックします。

    [完了] をクリックすると、図面に次の 3 つの図形が表示されます。

    • データ ソースの情報を含むデータ凡例

    • ピボットダイアグラムの名前用のテキスト ボックス

    • 重要なデータ セットを含む最上位のデータ ノード

  3. 図面ページで最上位ノードをクリックします。[ピボットダイアグラム] ウィンドウの [ブレークダウン項目の追加] の下で、データをグループ化するために使用する項目 (通常はデータ ソースの列) をクリックします。

    注: すべての機能を参照するには、[ピボットダイアグラム] ウィンドウを最大化します。

詳細については、ノード分解、ピボット ダイアグラムを作成するを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×