図面で共同編集や共同作業する

図面で共同編集や共同作業する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のユーザーが各自のコンピューターで Visio 図面を同時に操作できます。共同編集により、チームは複数ページの図面をすばやく作成し、作業中にお互いに協力しながら図面の完成状態を決定できます。各ユーザーが加えた変更は、すべてのユーザーの図面コピーにただちに表示されます。

その図面で作業するすべてのユーザーは、Visio Professional Edition をコンピューターにインストールしておく必要があります。

共同編集する図面を設定する

  1. SharePoint ライブラリで Visio 図面を作成するか、Visio で作成した図面を OneDrive にアップロードします。

  2. その図面で作業するすべてのユーザーに編集アクセス許可を付与します。

各作成者は、サーバーから図面を Visio で開き、作成、編集、または校正を開始します。ユーザーがセッションに参加、またはセッションから退出した場合は、下隅に通知が表示されます (基本的には、ユーザーが編集するために図面を開いた、または閉じたことを意味します)。図面で作業をしているユーザーの数がステータス バーに常に表示されます。

図面に加えた変更の表示

他のユーザーが何らかの編集を加えた図形のそばに小さなアイコンが表示されます。編集中を示すアイコンが表示された図形からロックアウトされることはありません。たとえば、あるユーザーが図形の色を変更しているときでも、その図形のテキストを同時に編集できます。チーム全員が特定の範囲で共同作業している場合、2 人のユーザーが図形の同じ部分を同時に編集する (たとえば、同じ図形のテキストを変更する) という問題はまれにしか発生しません。この問題が発生した場合は、最後に加えられた変更が保持されます (他のユーザーが図面を再び変更するまで)。

図面に加えた変更を保存するたびに、Visio はその変更をサーバーと同期させます。また、Visio は、他のユーザーが加えた変更を図面コピーに反映させます。ユーザーが変更をサーバーに保存したときは、アイコンが表示されます。また、更新が取得できるときは、ステータス バーに通知が表示されます。他の編集者が加えた変更を取得したり、自分が加えた変更を他の編集者が取得できるように、変更を頻繁に保存してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×