図形間のコネクタを再接続または移動する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コネクタは、2 つの図形を結ぶ線であり、それらの図形が接続された状態を維持します。コネクタには、直線コネクタ、カギ線 (角度がある) コネクタ、および曲線コネクタの 3 種類があります。コネクタの両端には接続ポイントが表示され、図形の上にマウス ポインタを移動すると、使用可能な接続ポイントが円形の点で示されます。接続ポイントは、Microsoft Office Excel 2007 および Microsoft Office PowerPoint 2007 では赤い点として表示され、Microsoft Office Word 2007 および Microsoft Office Outlook 2007 では青い点として表示されます。これらの点は、図形にコネクタを接続できる位置を示します。

コネクタを経路変更した画像
再接続されたコネクタが図形の例

コネクタは図形との接続を維持し、図形と共に移動しますが、直接接続するように、またはコネクタが図形上を横断しないように、コネクタを自動で再接続したり、手動で移動できます。

図形間の最も近い接続ポイントにコネクタを自動で再接続する

  1. 再接続する対象となる、接続された図形またはコネクタを選択します。

    1 つの図形に複数のコネクタが接続されている場合は、再接続するコネクタだけを選択します。

  2. [描画ツール] の [書式] タブの [図形の挿入] グループで [図形の編集 [図形の編集] の画像 ] をクリックし、[コネクタの再接続] をクリックします。

    [描画ツール] の [書式] タブのイメージ

ページの先頭へ

コネクタを手動で移動する

使用している 2007 Microsoft Office system アプリケーション

Excel

Outlook

PowerPoint

Word

Excel

コネクタを手動で移動するには、一方の端点を図形から離し、その端点を同じ図形の別の結合点または別の図形に接続します。

  • 移動するコネクタをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • コネクタの一方の端点を移動するには、その端点をドラッグし、同じ図形の別の接続ポイントまたは別の図形をクリックして接続します。

      線上の接続された接続ポイントは赤い丸で表示されます。線上の接続されていない接続ポイントは透明に近い明るい青の丸で表示されます。

    • コネクタ全体を移動するには、コネクタの中央をドラッグします。

      注記: 

      • コネクタを移動した場合、コネクタの形状は維持されますが、接続ポイントへの再接続は手動で行う必要があります。

      • コネクタの端点が図形に固定されていない状態で図形を移動したり、図形の移動に伴って端点が移動するのを防ぐには、端点を接続するときに Alt キーを押しておきます。端点は図形に接続しなくても図形上の任意の位置に配置できるため、再び図形を移動した場合、端点は移動しません。

      • 調整ハンドルは、多くの図形の外観 (サイズではない) を調整するときに使用できるひし形のハンドルです。コネクタに黄色の調整ハンドルが表示されている場合は、調整ハンドルをドラッグすると、コネクタの形状が変わりますが、コネクタは移動しません。

      • 色、スタイル、またはコネクタの太さを変更することもできます。

ページの先頭へ

Outlook

コネクタを手動で移動するには、一方の端点を図形から離し、その端点を同じ図形の別の結合点または別の図形に接続します。

  • 移動するコネクタをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • コネクタの一方の端点を移動するには、その端点をドラッグし、同じ図形の別の接続ポイントまたは別の図形をクリックして接続します。

      接続されている接続ポイントの行には、赤い丸として表示されます。接続されていない接続ポイントの行には、緑色の円として表示されます。

    • コネクタ全体を移動するには、コネクタの中央をドラッグします。

      注記: 

      • コネクタを移動した場合、コネクタの形状は維持されますが、接続ポイントへの再接続は手動で行う必要があります。

      • コネクタの端点が図形に固定されていない状態で図形を移動したり、図形の移動に伴って端点が移動するのを防ぐには、端点を接続するときに Alt キーを押しておきます。端点は図形に接続しなくても図形上の任意の位置に配置できるため、再び図形を移動した場合、端点は移動しません。

      • 調整ハンドルは、多くの図形の外観 (サイズではない) を調整するときに使用できるひし形のハンドルです。コネクタに黄色の調整ハンドルが表示されている場合は、調整ハンドルをドラッグすると、コネクタの形状が変わりますが、コネクタは移動しません。

      • 色、スタイル、またはコネクタの太さを変更することもできます。

ページの先頭へ

PowerPoint

コネクタを手動で移動するには、一方の端点を図形から離し、その端点を同じ図形の別の結合点または別の図形に接続します。

  • 移動するコネクタをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • コネクタの一方の端点を移動するには、その端点をドラッグし、同じ図形の別の接続ポイントまたは別の図形をクリックして接続します。

      線上の接続された接続ポイントは赤い丸で表示されます。線上の接続されていない接続ポイントは透明に近い明るい青の丸で表示されます。

    • コネクタ全体を移動するには、コネクタの中央をドラッグします。

      注記: 

      • コネクタを移動した場合、コネクタの形状は維持されますが、接続ポイントへの再接続は手動で行う必要があります。

      • コネクタの端点が図形に固定されていない状態で図形を移動したり、図形の移動に伴って端点が移動するのを防ぐには、端点を接続するときに Alt キーを押しておきます。端点は図形に接続しなくても図形上の任意の位置に配置できるため、再び図形を移動した場合、端点は移動しません。

      • 調整ハンドルは、多くの図形の外観 (サイズではない) を調整するときに使用できるひし形のハンドルです。コネクタに黄色の調整ハンドルが表示されている場合は、調整ハンドルをドラッグすると、コネクタの形状が変わりますが、コネクタは移動しません。

      • 色、スタイル、またはコネクタの太さを変更することもできます。

ページの先頭へ

Word

コネクタを手動で移動するには、一方の端点を図形から離し、その端点を同じ図形の別の結合点または別の図形に接続します。

  • 移動するコネクタをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • コネクタの一方の端点を移動するには、その端点をドラッグし、同じ図形の別の接続ポイントまたは別の図形をクリックして接続します。

      接続されている接続ポイントの行には、赤い丸として表示されます。行に関連付けられていない接続ポイントには、緑色の円が表示されます。

    • コネクタ全体を移動するには、コネクタの中央をドラッグします。

      注記: 

      • コネクタを移動した場合、コネクタの形状は維持されますが、接続ポイントへの再接続は手動で行う必要があります。

      • コネクタの端点が図形に固定されていない状態で図形を移動したり、図形の移動に伴って端点が移動するのを防ぐには、端点を接続するときに Alt キーを押しておきます。端点は図形に接続しなくても図形上の任意の位置に配置できるため、再び図形を移動した場合、端点は移動しません。

      • 調整ハンドルは、多くの図形の外観 (サイズではない) を調整するときに使用できるひし形のハンドルです。コネクタに黄色の調整ハンドルが表示されている場合は、調整ハンドルをドラッグすると、コネクタの形状が変わりますが、コネクタは移動しません。

      • 色、スタイル、またはコネクタの太さを変更することもできます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×