図形データのレポートを作成する

図形に関連付けられているテキストやデータを表示するレポートを実行できます。たとえば、オフィス レイアウト図にある家具や装置の図形に含まれるデータから、備品一覧レポートを生成できます。

Microsoft Office Visio では、22 とおりのサンプル レポート定義が含まれており、このサンプル レポート定義は、一般的なレポート用の図面に使用できます。これらのサンプル レポート定義を使用することも、図面に追加した図形データが取り込まれるようにレポート定義を変更することも、またはレポート定義ウィザードを使用してレポート定義を新規作成することもできます。

  1. [データ] メニューの [レポート] をクリックします。

  2. [レポート] ボックスの一覧で、使用するレポート定義名をクリックします。

    ヒント: 目的のレポート定義が見つからない場合は、[図面特有のレポートのみ表示する] チェック ボックスをオフにするか、[参照] をクリックして、目的のレポート定義がある場所に移動します。

    注: 

    • レポートを生成する前に既存のレポート定義を修正するには、一覧からレポートを選択し、[修正] をクリックして、レポート定義ウィザードの指示に従います。

    • レポート定義を新規作成するには、[新規作成] をクリックし、レポート定義ウィザードの指示に従います。

  3. [実行] をクリックして、[レポートの実行] ダイアログ ボックスで、次のレポート書式のいずれかを選択します。

    • [Excel] Microsoft Office Excel ワークシートとしてレポートを作成する場合は、このオプションを選択します。このオプションを使用するには、Excel がインストールされている必要があります。

    • [HTML] Web ページとしてレポートを作成する場合は、このオプションを選択します。

    • [Visio 図形] 図面上の図形に埋め込まれる Excel ワークシートとしてレポートを作成する場合は、このオプションを選択します。このオプションを使用するには、Excel がインストールされている必要があります。

    • [XML] XML ファイルとしてレポートを作成する場合は、このオプションを選択します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • レポートを HTML ファイルまたは XML ファイルとして保存する場合は、[参照] をクリックしてレポートを保存する場所を選択し、ファイル パスの最後にレポート定義の名前を入力します。

    • レポートを図面上の Visio 図形として保存する場合は、レポート定義のコピーを図形と共に保存するか、またはレポート定義にリンクするかを選択します。

      ヒント: 図面を他のユーザーと共有する場合は、[レポートの定義の複製と共に保存する] を選択して、他のユーザーがレポートを表示できるようにします。

  5. [OK] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×