図形を自動的にレイアウトする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フローチャートやネットワーク図などの接続型図面では、[図形] メニューの [図形の再レイアウト] コマンドおよび [レイアウトの構成] コマンドを使用して図形を自動的に配置できます。図形の自動配置は、図面上で各図形を新しい位置にドラッグするよりも処理が簡単です。

[図形の再レイアウト] コマンドは、図面上で各図形を新しい位置にドラッグするよりも処理が簡単です。たとえば、大規模なフローチャートに新しいプロセスを追加する場合は、プロセスを構成する図形を追加し、その図形を接続した後で、[図形の再レイアウト] コマンドを実行します。これによって、更新した図面が再びレイアウトされます。

[図形の再レイアウト] コマンドを使用しても目的の結果が得られない場合は、[図形] メニューの [レイアウトの構成] コマンドを使用して、以下のことを実行します。

  • 図面ページ上の図形の配置を制御する

  • コネクタが図形を迂回する方法を変更する

  • 図形の間の間隔を変更する

図形を再レイアウトする

  • [図形] メニューの [図形の再レイアウト] をクリックします。

[図形の再レイアウト] コマンドは、フローチャート、ネットワーク図、組織図、ツリー ダイアグラムなどの接続型図面に適しています。

[図形の再レイアウト] コマンドも最適図形が正しい順序で接続されている場合です。例では、上から下へ、図面内のコネクタの開始点 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 を一番上の図形に接続する必要がありますしているコネクタの端点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) は、一番下の図形に接続する必要があります。

図形のレイアウトを構成する

  1. 次のいずれかを実行します。

    • ページ全体をレイアウトするには、図形が選択されていないことを確認します。

    • ページの一部をレイアウトするには、対象となる図形を選択します。

  2. [図形] メニューの [レイアウトの構成] をクリックします。

  3. [適用範囲] で、[選択中の図形] または [現在のページ] をクリックします。

  4. [配置] の下で、目的の配置オプションをクリックします。

    • [スタイル]    このオプションをクリックして、図形をレイアウトするスタイルを設定します。右側にそのプレビューが表示されるので、選択した内容が目的に合っていることを確認します。ネットワーク図など、方向がない図面の場合は [円形] をクリックします。

    • [方向]    このオプションをクリックして、図形を接続するために使用する方向を設定します。プレビューで選択した内容が目的に合っていることを確認します。

    • [整列]    このオプションをクリックして、図形を整列する方法を設定します。このオプションは、[階層] 配置スタイルを選択した場合のみ有効になります。

    • [間隔]    このオプションをクリックして、図形の間隔を設定します。

  5. [コネクタ] の下で、目的のコネクタ オプションをクリックします。

    • [スタイル]    このオプションをクリックして、図形を接続するために使用する図面のパスまたは経路を設定します。選択した内容が目的に合っていることをプレビューで確認します。

    • [外観]    このオプションをクリックして、コネクタを直線にするか、曲線にするかを指定します。右側にそのプレビューが表示されるので、選択した内容が目的に合っていることを確認します。

  6. 選択したコネクタ オプションを適用するには、[迂回方法をコネクタに適用する] チェック ボックスをオンにします。

  7. 図形をレイアウトする図面ページを拡大するには、[図面に合わせてページを拡大する] チェック ボックスをオンにします。

  8. [OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×