図形を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

独自のユーザー設定の図形を作成し、[お気に入り] ステンシルや、別の編集可能なステンシルに追加することができます。ステンシルに追加した図形はマスター図形となります。[お気に入り] ステンシルと、作成したユーザー設定のステンシルは編集することができます。一方、Visio テンプレートで提供されるステンシルは編集できません。

ユーザー設定の図形の作成の詳細については、「鉛筆、直線、円弧、自在曲線のいずれかのツールを使用して線と図形を描画する」を参照してください。 ユーザー設定のステンシルの作成の詳細については、「ユーザー設定のステンシルを作成、保存、共有する」を参照してください。

マスター シェイプを図面ページ上にドラッグすると、マスターのコピー (インスタンス) が作成されます。マスター自体はステンシルに残るので、繰り返し新しいコピーを図面ページに作成できます。

マスター シェイプを作成し、ステンシルに追加するには

  1. [お気に入り] ステンシル、または作成済みのユーザー設定のステンシルを開きます。

    [お気に入り] を開くには、[図形] ウィンドウの [その他の図形] をクリックして、[個人用図形] をポイントしてから [お気に入り] をクリックします。

  2. ステンシルが編集不可になっている場合は、ステンシルのタイトルを右クリックし、[ステンシルの編集] をクリックします。

    ステンシルの名前を右クリックして、[ステンシルの編集] をクリックして、ステンシルの編集を切り替えます。

    ステンシルが編集可能であることを示すアスタリスクのアイコン ( ステンシルが編集可能であることを示す赤いアスタリスク ) がタイトル バーに表示されます。

  3. ステンシル ウィンドウを右クリックし、[新しいマスター シェイプ] をクリックします。

    [図形] ウィンドウのステンシルの一覧の下を右クリックしてから、[新しいマスター シェイプ] をクリックします。
  4. [新しいマスター シェイプ] に名前を入力し、図形のその他のオプションを設定して、[OK] をクリックします。

    [新しいマスター シェイプ] ダイアログ ボックスで、名前を入力して、他のパラメーターを設定します。

    未設定の図形アイコンがステンシルに表示されます。

  5. 新しい図形のアイコンを右クリックし、[マスター シェイプの編集] をポイントして、[マスター シェイプの編集] をクリックします。

  6. 描画ツールを使うか、他のステンシルの図形を使うか、別のアプリケーションのオブジェクトを貼り付けて図形を作成します。

  7. 図面ウィンドウを閉じて、[はい] をクリックしてマスター シェイプを更新します。

  8. ステンシルのタイトル バーを右クリックし、[上書き保存] をクリックして変更を保存します。

    ステンシルの名前を右クリックして、新しいマスター シェイプの追加を保存します。

Visio のステンシルに含まれる図形は、多くの場合、マスター シェイプと呼ばれます。マスター シェイプを図面ページ上にドラッグすると、マスターのコピー ("インスタンス") が作成されます。マスター シェイプ自体はステンシルに残るので、繰り返し新しいコピーを図面ページに作成できます。

Microsoft Corporation が提供する Visio マスター シェイプは著作権で保護されています。Visio マスター シェイプを個人使用のためにコピーや再編すること、個人使用のために変更すること、Visio マスター シェイプを含む図面を配布することが許可されています。元の Visio マスター シェイプまたは変更した Visio マスター シェイプを販売や配布することは許可されていません。

新しい図形を作成するには、次の操作を行います。

  1. 新しいステンシル、[お気に入り] ステンシル、または作成済みのユーザー設定のステンシルを開きます。

    • [図形] ウィンドウで開くと、新しいステンシルには、その他の図形] をポイントし、[新しいステンシル] をクリックします。
      ユーザー設定のステンシルを作成する方法の詳細については、作成、保存、共有するユーザー設定のステンシルを参照してください。

    • ユーザー設定のステンシルを開くには、[図形] ウィンドウで、[その他の図形] をポイントし、[個人用図形] をクリックして、目的のステンシルの名前をクリックします。

  2. ステンシルが編集不可になっている場合は、ステンシルのタイトル バーを右クリックし、[ステンシルの編集] をクリックします。

    ステンシルのタイトル バーのアイコンが ステンシルが編集可能であることを示す赤いアスタリスク (ステンシルが編集可能なことを示す) に変わります。

  3. ステンシル ウィンドウを右クリックし、[新しいマスター シェイプ] をクリックします。

  4. [新しいマスター シェイプ] ダイアログ ボックスで、図形の特性を指定します。

  5. [OK] をクリックします。

    未設定の図形アイコンがステンシルに表示されます。

  6. 新しい図形を右クリックし、[マスター シェイプの編集] をクリックし、[マスター シェイプの編集] をクリックします。

  7. ユーザー設定の図形を作成します。

    ユーザー設定の図形は、通常の図面ページに図形を作成する場合と同様の方法で作成します。各種ステンシルからの図形を使用するか、描画ツールで図形を描画するか、または別のアプリケーションからのオブジェクトを貼り付けます。

  8. ユーザー設定の図形の描画ウィンドウを閉じます。ユーザー設定の図形を更新するように促すメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

  9. 変更を保存するには、ステンシルのタイトル バーを右クリックして、[上書き保存] をクリックします。

Visio のステンシルに含まれる図形は、多くの場合、マスター シェイプと呼ばれます。マスター シェイプを図面ページ上にドラッグすると、マスターのコピー ("インスタンス") が作成されます。マスター シェイプ自体はステンシルに残るので、繰り返し新しいコピーを図面ページに作成できます。

Microsoft Corporation が提供する Visio マスター シェイプは著作権で保護されています。Visio マスター シェイプを個人使用のためにコピーや再編すること、個人使用のために変更すること、Visio マスター シェイプを含む図面を配布することが許可されています。元の Visio マスター シェイプまたは変更した Visio マスター シェイプを販売や配布することは許可されていません。

  1. 新しいステンシル、[お気に入り] ステンシル、または作成済みのユーザー設定のステンシルを開きます。

    • 新しいステンシルを開くには、[ファイル] メニューで、[図形] をポイントし、[新しいステンシル] をクリックします。

    • ユーザー設定のステンシルを開くには、[ファイル] メニューで、[図形] をポイントし、[個人用図形] をポイントし、ステンシルの名前をクリックします。

  2. ステンシルが編集不可になっている場合は、ステンシルのタイトル バーを右クリックし、[ステンシルの編集] をクリックします。

    ステンシルのタイトル バーのアイコンが 読み取り専用ステンシルの画像 (ステンシルが読み取り専用であることを示す) から 編集可能ステンシルの画像 (ステンシルが編集可能であることを示す) に変わります。

  3. ステンシル ウィンドウを右クリックし、[新しいマスター シェイプ] をクリックします。

  4. [新しいマスター シェイプ] ダイアログ ボックスで、図形の特性を指定します。

  5. [OK] をクリックします。

    未設定の図形アイコンがステンシルに表示されます。

  6. 新しい図形を右クリックし、[マスター シェイプの編集] をポイントして、[マスター シェイプの編集] をクリックします。

  7. ユーザー設定の図形を作成します。

    ユーザー設定の図形は、通常の図面ページに図形を作成する場合と同様の方法で作成します。各種ステンシルからの図形を使用するか、描画ツールで図形を描画するか、または別のアプリケーションからのオブジェクトを貼り付けます。

  8. ユーザー設定の図形の描画ウィンドウを閉じます。ユーザー設定の図形を更新するように促すメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

  9. 変更を保存するには、ステンシルのタイトル バーを右クリックして、[上書き保存] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×