図形をダブルクリックしたときの動作を変更する

既定では、図形をダブルクリックすると、図形のテキストを編集できるようにテキスト ブロックが開きます。ただし、ダブルクリック時の動作は変更することができます。たとえば、同じ図面にある別のページを表示したり、マクロを実行したり、図形のシェイプシートを開いたりすることができます。

  1. ダブルクリック時の動作を変更する図形を右クリックし、[書式] をポイントして、[基本動作] をクリックします。

  2. [ダブルクリック時の動作] タブをクリックし、以下の図形のダブルクリック時の動作のいずれかをクリックします。

    [既定の動作]    図形をダブルクリックすると、テキストを編集できるようにテキスト ブロックを開くなど、その図形の既定の動作が実行されます。

    [反応しない]    図形をダブルクリックしても、何も実行されません。

    [図形のテキストを編集]    図形をダブルクリックすると、その図形のテキスト ブロックが開きます。

    [グループ ウィンドウを開く]    グループをダブルクリックすると、グループ ウィンドウが新規に開きます。この動作は、グループが選択されている場合にのみ使用できます。

    [シェイプシートを開く]    図形をダブルクリックすると、その図形のシェイプシートが開きます。

    [ユーザー設定]    図形をダブルクリックしたときに、シェイプシートの [Events] セクションにある [EventDblClick] セルに入力したユーザー設定の動作を実行するかどうかを指定します。

    [ヘルプを表示]    図形をダブルクリックすると、その図形のヘルプ トピックが表示されます。このトピックは、図形を右クリックして [ヘルプ] を選択したときに表示されるトピックと異なる場合があります。使用する構文は次のとおりです。

FILENAME!keyword または FILENAME!#Number

  • FILENAME は、Windows のヘルプ ファイル (.hlp または .chm ファイル) です。

  • keyword は、そのヘルプ トピックに関連するインデックスの用語です。

  • Number は、ヘルプ プロジェクト ファイルの MAP セクションで参照される数値 ID です。

    [OLE オブジェクト]    OLE オブジェクトをダブルクリックすると、オブジェクトを編集できるようにソース プログラムを開くなどの、OLE オプションが実行されます。

    [マクロを実行]    図形をダブルクリックすると、一覧で選択したマクロが実行されます。

    [指定のページへ移動]    図形をダブルクリックすると、特定の図面ページが表示されます。

    [新しいウィンドウで開く]    図形をダブルクリックすると、新しいウィンドウに図面ページが表示されます。

  • [OK] をクリックします。

ヒント: 図形を別の図面やファイル、Web ページにリンクするには、ハイパーリンクを追加できます。別の図面やファイル、Web ページを開くマクロを作成し、図形をダブルクリックするとこのマクロが実行されるようにすることもできますが、ハイパーリンクを追加する方がはるかに簡単ですばやく処理できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×