図形をダブルクリックしたときの動作を変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

テキストを編集できるように、既定では図形のテキスト ブロックを開きます、図形をダブルクリックします。ただし、ダブルクリック時の動作を変更することができます。たとえば、同じ図面内の別のページを表示、マクロを実行する、または図形のシェイプシートスプレッドシートを開き、図形を持つことができます。

  1. ダブルクリック時の動作を変更する図形を右クリックし、[書式] をポイントして、[基本動作] をクリックします。

  2. [ダブルクリック時の動作] タブをクリックし、以下の図形のダブルクリック時の動作のいずれかをクリックします。

    既定のアクションを実行します。    図形をダブルクリックすると、テキストを編集できるようにテキスト ブロックを開くなど、図形の既定のアクションがアクティブにします。

    何を実行します。    何もで図形をダブルクリックしています。

    図形のテキストを編集します。    図形をダブルクリックすると、図形のテキスト ブロックが開きます。

    新しいウィンドウで開く] グループ    グループをダブルクリックすると、新しいグループ] ウィンドウで開きます。このアクションは、[グループが選択されている場合にのみ使用できます。

    開いている図形のシェイプ シート    図形をダブルクリックすると、そのシェイプ シートが開きます。

    ユーザー設定    図形をダブルクリックするシェイプ シート スプレッドシートで、[イベント] セクションで、 EventDblClickセルに入力されているユーザー設定の動作を実行します。

    ヘルプを表示    図形をダブルクリックすると、図形のヘルプ トピックが表示されます。このトピックは、1 つの図形を右クリックし、[ヘルプ] を ときに表示される異なることがあります。次の構文を使用する必要があります。

FILENAME!keyword or FILENAME!#Number

  • FILENAME は、Windows のヘルプ ファイル (.hlp または .chm ファイル) です。

  • keyword は、そのヘルプ トピックに関連するインデックスの用語です。

  • Number は、ヘルプ プロジェクト ファイルの MAP セクションで参照される数値 ID です。

    OLE 動詞    OLE オブジェクトをダブルクリックすると、オブジェクトを編集できるように、ソース プログラムを開くなど、OLE オプションがアクティブにします。

    マクロを実行します。    図形をダブルクリックすると、一覧から選択したマクロを実行します。

    ページに移動します。    図形をダブルクリックすると、特定の図面ページが表示されます。

    新しいウィンドウで開く    図形をダブルクリックすると、新しいウィンドウで図面ページが表示されます。

  • [OK] をクリックします。

ヒント: 図形を別の図面やファイル、Web ページにリンクするには、ハイパーリンクを追加できます。別の図面やファイル、Web ページを開くマクロを作成し、図形をダブルクリックするとこのマクロが実行されるようにすることもできますが、ハイパーリンクを追加する方がはるかに簡単ですばやく処理できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×