図形をグループ化して書式を設定する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

図形をグループ化すると、単一の図形やオブジェクトのようにまとめて回転、反転、サイズ変更、配置を行えます。

図形、図、その他のオブジェクトをグループ化する

  1. Ctrl キーを押しながら、グループ化する複数の図形、図、その他のオブジェクトをクリックします。

    ヒント: 図形や図の選択方法の詳細については、「図形またはその他のオブジェクトを選ぶ」を参照してください。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図形やその他のオブジェクトをグループ化するには、[描画ツール] の [書式] タブで [グループ化]、[グループ化] の順にクリックします。

      [描画ツール] の [書式] タブにある [グループ化] ボタン

    • 図をグループ化するには、[図ツール] の [書式] タブで [グループ化]、[グループ化] の順にクリックします。

      [図ツール] の [書式] タブにある [グループ化] ボタン

      注記: 

      • 図形に塗りつぶしや効果を追加したり図に効果を適用したりして、グループ全体を変更できます。

      • グループの作成後も、グループ内の単一のアイテムを操作できます。グループを選び、そのアイテムをクリックして選びます。

      • グループ内にグループを作成できます。たとえば、既存のアイテムの上に別のアイテムを追加し、複雑な図面を構築します。

複数の図形を 1 つにまとめて操作したい場合は、図形をグループ化します。

たとえば、

この長方形と内部のテキストは、1 つに見えますが、

実際は 2 つの図形です。

長方形が 1 つ目で、クリックすると選択されます。

内部のテキストが 2 つ目で、テキスト ボックスです。

長方形を移動するため、

ポイントして 4 方向の矢印をドラッグすると、

テキストが元の位置に残ります。

2 つの図形をまとめて移動するには、

まず、両方を選びます。

長方形をクリックしてから、

Ctrl キーを押しながらテキスト ボックスをクリックします。

両方の図形が選択されたので、まとめて移動できますが、

そのためには、常に両方とも選ぶ必要があります。

この操作を省くため、図形をグループ化します。

両方の図形を選択した状態で、

図形をポイントして 4 方向の矢印を右クリックし、

[グループ化] にカーソルをあわせ、

[グループ化] をクリックします。

これで図形が 1 つのグループになりました。

選択ボックスが、周囲を囲む 1 つだけになり、

まとめて移動できます。

テキスト付きの長方形をあと 2 個追加して、

各長方形とテキスト ボックスをグループ化しました。

各図形とテキストは、まとめて移動できます。

次に、すべての図形を 1 つにまとめたいと思います。

まず、図形を選びますが、今回は図形の周囲を

ドラッグして、大きなボックスを作って選びます。

次に、選択した図形の 1 つを右クリックして、

[グループ化] にカーソルをあわせ、[グループ化] をクリックします。

図形がグループ化されて、

選択ボックスが、すべての図形を取り囲むようになり、

すべてをまとめて移動できます。

図形をグループ化するメリットは、まとめて変更できる点です。

たとえば、大きくしたい場合は、

角にカーソルをあわせて、

2 方向の矢印を斜め下にドラッグします。

すべての図形の表示形式も、まとめて設定できます。

グループを選択した状態で、

[描画ツール] の [書式] タブをクリックし、

[図形の効果] をクリックします。

そして [影] にカーソルをあわせて、影の効果を選択します。

それがグループに適用されます。

グループ化すると、図形の位置もまとめて設定できます。

グループを選択した状態で、

[書式] タブの [配置] をクリックします。

そして [左右中央揃え] をクリックして、

グループをスライドの横方向の中央に配置します。

次に再度 [配置] をクリックして、

[上下中央揃え] をクリックして、

グループを縦方向の中央に配置します。

次は、画像のグループ化と書式設定について説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×