図形またはテキスト ボックスのテキストの方向および位置を設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

テキストボックスとほとんどの図形には、その中にテキストを含めることができます。テキストは、水平方向または垂直方向に配置でき、1行に表示したり、複数行に折り返したりすることができます。

テキストの方向を変更したり、テキストボックスや図形の余白を変更して最適な間隔を設定したり、テキストのサイズを調整したりすることもできます。

コネクタは、テキストを入力できない図形です。

図形またはテキスト ボックスでテキストの方向を指定する

テキストの方向のサンプル: 水平、回転、積み上げ

図形またはテキストボックスで、テキストを読み上げる方向を変更できます。つまり、横向きに表示されるように、テキスト90または270度をピボットすることができます。

  1. 図形またはテキストボックスの端を右クリックします。

  2. ショートカットメニューの [図形の書式設定] を選びます。

    ショートカット メニューでの [図形の書式設定]

  3. [図形の書式設定] ウィンドウで、[サイズ/レイアウトとプロパティ [レイアウトとプロパティ] タブ ] をクリックします。

  4. [テキストボックス] で、[テキストの方向] の一覧で目的のオプションを選びます。

    [図形の書式設定] ウィンドウでの文字の方向の選択

積み上げオプションはPowerPointとExcelで使用できますが、 Wordはありません。

ページの先頭へ

図形またはテキストボックス内のテキストを回転 (ミラー) する

ミラー化されたテキストの例: 最初は x 軸に180度回転し、2番目は y 軸に180度回転されます。
  1. 文書にテキストボックスまたは図形を挿入し、テキストを入力して書式を設定します。

  2. ボックスまたは図形を右クリックし、[図形の書式設定] を選択します。

  3. [図形の書式設定] ウィンドウで、[効果] を選択します。

    [図形の書式設定] ウィンドウの [効果] タブ
  4. [ 3-d 回転] で、[ X 回転] または [ Y 回転] ボックスに「 180」と入力します。

  5. オプションテキストボックスに色が入力されている場合は、[図形の書式設定] ウィンドウで色を削除できます。[図形のオプション] で、[塗りつぶしと線] タブの [ [塗りつぶしと線] タブ ] をクリックし、[塗りつぶし] を展開します。

  6. オプションテキストボックスのアウトラインを削除するには、テキストボックスを右クリックし、表示されるミニツールバーの [アウトライン] をクリックして、[輪郭を持たない] を選びます。

その他の配置オプション

次の見出しを選択して開くと、詳細な手順が表示されます。

図形の横書きテキスト

単一の段落または行の水平方向の配置を変更するには、次の操作を行います。

  1. 変更するテキストの段落や行をクリックします。

  2. [ホーム] タブ (または Outlook の [メッセージ] タブ) で、必要な横方向の配置オプションをクリックします。

[ホーム] タブの [段落] グループ
左端、中央揃え、右揃え、または両端を両方の余白に揃える

図形またはテキスト ボックス内のすべてのテキストの横方向の配置を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界をクリックして選択します。

  2. [ホーム] タブ (または Outlook の [メッセージ] タブ) で、目的の横方向の配置オプションをクリックします。

[ホーム] タブの [段落] グループ

ページの先頭へ

3つの縦方向のテキスト配置オプション: 上、中央、下

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界を右クリックします。

  2. ショートカット メニューで、[図形の書式設定] をクリックします。

    ショートカット メニューでの [図形の書式設定]

  3. [図形の書式設定] ウィンドウで、[サイズ/レイアウトとプロパティ [レイアウトとプロパティ] タブ ] をクリックします。

    [図形の書式設定] ウィンドウの [テキスト ボックス] オプション

  4. [垂直方向の配置] の一覧から使用するオプションをクリックします。

ページの先頭へ

テキストを折り返すと、図形またはテキストボックスの右の枠線に達すると、自動的に新しい行に続きます。

  1. 折り返すテキストを含む図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカットメニューの [図形の書式設定] を選びます。

    ショートカット メニューでの [図形の書式設定]

  3. [図形の書式設定] ウィンドウで、[サイズ/レイアウトとプロパティ [レイアウトとプロパティ] タブ ] を選び、[図形内でテキストを折り返す] を選びます。

    [図形内でテキストを折り返す] チェック ボックス

ページの先頭へ

余白は、外側の図形またはテキストボックスのテキストと外側の境界線の間の距離です。

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカットメニューの [図形の書式設定] を選びます。

    ショートカット メニューでの [図形の書式設定]

  3. [図形の書式設定] ウィンドウで、[サイズ/レイアウトとプロパティ [レイアウトとプロパティ] タブ ] をクリックします。

    [図形の書式設定] ウィンドウの [テキスト ボックス] オプション

  4. 次のいずれかの余白について、インチまたはミリメートル (mm) 単位で測定値を指定します。

    [余白]

    説明

    [左余白]

    図形の左の枠線と左端のテキストの間の距離

    [右余白]

    図形の右の境界線と右端のテキストの間の距離

    [上余白]

    図形の上の境界線と一番上のテキストの間の距離

    [下余白]

    図形の下の境界線と最下部のテキストの間の距離

ページの先頭へ

テキストが収まるように、図形またはテキスト ボックスのサイズを縦方向に自動的に増やすことができます。

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界を右クリックします。

  2. ショートカット メニューで、[図形の書式設定] をクリックします。

    ショートカット メニューでの [図形の書式設定]

  3. [図形の書式設定] ウィンドウで、[レイアウトとプロパティ] [レイアウトとプロパティ] タブ をクリックし、[テキスト ボックス] をクリックして、[テキストに合わせて図形のサイズを調整する] を選択します。

    [図形の書式設定] ウィンドウで文字を均等に割り付けるための [図形のサイズ変更] の選択

ヒント: 図形またはテキスト ボックスに収まるようにテキストのサイズを小さくするには、[はみ出す場合だけ自動調整する] をクリックします。

ページの先頭へ

図形またはテキスト ボックスでテキストの方向を指定する

テキストの方向のサンプル: 水平および回転

図形またはテキスト ボックス内のテキストの方向を変更することができます。たとえば、テキストを 90 度または 270 度回転して、横向きに表示できます。

  1. テキストを含む図形またはテキストボックスの端を右クリックします。

  2. ショートカットメニューの [図形の書式設定] を選びます。

  3. ダイアログボックスの左側のウィンドウで、[テキストボックス] を選びます。

    [図形の書式設定] ダイアログ ボックス

  4. [テキストのレイアウト] で、[文字列の方向] ボックスの一覧から使用するオプションをクリックします。

    注: 

    • [図形の書式設定] ダイアログ ボックスの [テキスト ボックス] ウィンドウに表示される各オプションの詳細については、ダイアログ ボックスの上部にある [ヘルプ] ボタンの画像 (ヘルプ) をクリックしてください。

図形またはテキストボックス内のテキストを回転 (ミラー) する

ミラー化されたテキストの例: 最初は x 軸に180度回転し、2番目は y 軸に180度回転されます。
  1. 文書にテキストボックスまたは図形を挿入し、テキストを入力して書式を設定します。

  2. ボックスまたは図形を右クリックし、[図形の書式設定] を選択します。

  3. [図形の書式設定] ダイアログボックスで、左側の [ 3 次元回転] を選びます。

    [図形の書式設定] ダイアログボックスの [3d 回転] オプション
  4. [X] ボックスに、180 と入力します。

その他の配置オプション

次の見出しを選択して開き、詳細な手順を確認します。

図形の横書きテキスト

単一の段落または行の水平方向の配置を変更するには、次の操作を行います。

  1. 変更するテキストの段落や行をクリックします。

  2. [ホーム] タブ (または Outlook の [メッセージ] タブ) で、必要な横方向の配置オプションをクリックします。

[ホーム] タブの [段落] グループ
左端、中央揃え、右揃え、または両端を両方の余白に揃える

図形またはテキスト ボックス内のすべてのテキストの横方向の配置を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界をクリックして選択します。

  2. [ホーム] タブ (または Outlook の [メッセージ] タブ) で、必要な横方向の配置オプションをクリックします。

[ホーム] タブの [段落] グループ

ページの先頭へ

テキストの垂直方向の配置を示す図形

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックし、左側のウィンドウで [テキスト ボックス] をクリックします。

    [図形の書式設定] ダイアログ ボックス

  3. [テキストのレイアウト] で、[垂直方向の配置] の一覧から使用するオプションをクリックします。

ページの先頭へ

テキストが収まるように、図形またはテキスト ボックスのサイズを縦方向に自動的に増やすことができます。

  1. サイズを変更する図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックし、左側のウィンドウで [テキスト ボックス] をクリックします。

    [図形の書式設定] ダイアログ ボックス

  3. [自動調整] の [テキストに合わせて図形のサイズを調整する] をクリックします。

ヒント: 図形またはテキスト ボックスに収まるようにテキストのサイズを小さくするには、[はみ出す場合だけ自動調整する] をクリックします。

ページの先頭へ

図形またはテキスト ボックスの外側の境界線からテキストまでの間隔を変更できます。

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックし、左側のウィンドウで [テキスト ボックス] をクリックします。

    [図形の書式設定] ダイアログ ボックス

  3. [内部の余白] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 図形の左端とテキストの間隔を指定するには、新しい余白の数値を [] ボックスに入力します。

    • 図形の右端とテキストの間隔を指定するには、新しい余白の数値を [] ボックスに入力します。

    • 図形の上端とテキストの間隔を指定するには、新しい余白の数値を [] ボックスに入力します。

    • 図形の下端とテキストの間隔を指定するには、新しい余白の数値を [] ボックスに入力します。

ページの先頭へ

図形またはテキスト ボックスでテキストの方向を指定する

テキストの方向のサンプル: 水平および回転

図形またはテキスト ボックスのテキストの方向を横方向 (左から右) または縦方向 (上から下または下から上) に変更できます。

Word および Outlook

  1. 図またはテキスト ボックスをダブルクリックして選択し、[書式] タブを開きます。

  2. [書式] タブの [テキスト] グループで、[テキストの方向 文字列の方向 ] をクリックします。[テキストの方向] を複数回クリックすると、3つのオプションを切り替えることができます (回転された90 度回転270度水平方向)。

PowerPoint

  1. テキストボックスが選択されている状態で、[ホーム] タブの [段落] グループで [テキストの方向 文字列の方向 ] をクリックし、目的のオプションを選びます。

  2. 必要に応じてテキストボックスのサイズを変更し、テキストが適切に収まるようにします。

ページの先頭へ

図形またはテキストボックス内のテキストを回転 (ミラー) する

ミラー化されたテキストの例: 最初は x 軸に180度回転し、2番目は y 軸に180度回転されます。

Office 2007では、 ExcelまたはPowerPoint内でテキストを回転させることはできますが、 Wordでは無効です。

  1. 文書にテキストボックスまたは図形を挿入し、テキストを入力して書式を設定します。

  2. ボックスまたは図形を右クリックし、[図形の書式設定] を選択します。

  3. [図形の書式設定] ダイアログボックスで、左側の [ 3 次元回転] を選びます。

    [図形の書式設定] ダイアログボックスの [3d 回転] オプション
  4. [X] ボックスに、180 と入力します。

その他の配置オプション

次の見出しを選択して開き、詳細な手順を確認します。

図形の横書きテキスト

単一の段落または行の水平方向の配置を変更するには、次の操作を行います。

  1. 変更するテキストの段落や行をクリックします。

  2. [ホーム] タブ (または Outlook の [メッセージ] タブ) で、必要な横方向の配置オプションをクリックします。

[ホーム] タブの [段落] グループ
左端、中央揃え、右揃え、または両端を両方の余白に揃える

図形またはテキスト ボックス内のすべてのテキストの横方向の配置を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界をクリックして選択します。

  2. [ホーム] タブ (または Outlook の [メッセージ] タブ) で、必要な横方向の配置オプションをクリックします。

[ホーム] タブの [段落] グループ

ページの先頭へ

テキストの垂直方向の配置を示す図形

Word および Outlook

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. 図形の場合は、ショートカット メニューの [オートシェイプの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

    テキスト ボックスの場合は、ショートカット メニューの [テキスト ボックスの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

    [図形の書式設定] ダイアログ ボックス

  3. [垂直方向の配置] で、目的のオプションをクリックします。

PowerPoint

  1. 図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

    [図形の書式設定] ダイアログ ボックス

  3. [垂直方向の配置] で、目的のオプションをクリックします。

ページの先頭へ

テキストを折り返す場合、テキストが図形またはテキスト ボックスの右側の境界線に達すると、自動的に新しい行が開始されます。

Word および Outlook

  1. 折り返すテキストを含む図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • 図形の場合は、[オートシェイプの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

      注: 図形にテキストが含まれていない場合、図形の [テキスト ボックス] タブは使用できません。

    • テキスト ボックスの場合は、[テキスト ボックスの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

  3. [オプション] で、[描画オブジェクト内で文字列を折り返す] チェック ボックスをオンにします。

PowerPoint

  1. 折り返すテキストを含む図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

  3. [図形内でテキストを折り返す] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

図形またはテキスト ボックスの外側の境界線からテキストまでの間隔を変更できます。

Word および Outlook

  1. 調整する余白を含む図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • 図形の場合は、[オートシェイプの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

      注: 図形にテキストが含まれていない場合、図形の [テキスト ボックス] タブは使用できません。

    • テキスト ボックスの場合は、[テキスト ボックスの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

  3. [内部の余白] で、[]、[]、[]、および [] ボックスに、新しい余白の数値を入力して、図形の枠線とテキストとの間の距離を指定します。

PowerPoint

  1. 調整する余白を含む図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

  3. [内部の余白] で、[]、[]、[]、および [] ボックスに、新しい余白の数値を入力して、図形の枠線とテキストとの間の距離を指定します。

ページの先頭へ

テキストが収まるように、図形またはテキスト ボックスのサイズを縦方向に自動的に増やすことができます。

Word および Outlook

  1. サイズを変更する図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • 図形の場合は、[オートシェイプの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

      注: 図形にテキストが含まれていない場合、図形の [テキスト ボックス] タブは使用できません。

    • テキスト ボックスの場合は、[テキスト ボックスの書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

  3. [オプション] で、[文字列に合わせて描画オブジェクトのサイズを調整する] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 図形またはテキスト ボックスに収まるようにテキストのサイズを小さくするには、[はみ出す場合だけ自動調整する] をクリックします。

PowerPoint

  1. サイズを変更する図形またはテキスト ボックスの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックし、[テキスト ボックス] タブをクリックします。

  3. [自動調整] の [テキストに合わせて図形のサイズを調整する] を選択します。

    ヒント: 図形またはテキスト ボックスに収まるようにテキストのサイズを小さくするには、[はみ出す場合だけ自動調整する] を選択します。

ページの先頭へ

関連項目

円またはその他の図形の周囲でテキストを折り返す

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×