図形またはテキスト ボックスに新しい既定の書式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、2007 Microsoft Office system ドキュメントに図形やテキスト ボックスを挿入する場合に使用される既定の設定の変更方法について説明します。図形またはテキスト ボックスの書式設定を変更する場合は、以下の記事を参照してください。

図形、テキスト ボックス、他のオブジェクトに関連付けられている書式設定の既定値を変更し、追加するすべての図形、テキスト ボックスまたは他のオブジェクトの新しい既定値を変更することができます。たとえば、塗りつぶしの色、図形の境界を構成する線の太さ、またはテキスト ボックスで使用されるフォントを変更することができます。

注: 新しい既定の設定は、現在のプレゼンテーション、ブック、ドキュメント、または電子メール メッセージにのみ適用されます。新しいを使用するには、他のプレゼンテーションまたはブックで該当するテーマを他のプレゼンテーション、またはPowerPoint のテーマを適用し、使用して実行できます。 ブックの既定されます。プレゼンテーションをテンプレートとして保存またはブックをテンプレートとして保存できます代わりに、新しいプレゼンテーションまたはブックを作成するテンプレートを使用します。

使用している 2007 Microsoft Office system アプリケーション

Excel

Outlook

PowerPoint

Word

Excel

  1. 書式設定を変更する図形を追加またはテキスト ボックスの既定されます。

  2. 図形またはテキスト ボックスを選びます。

  3. 図形またはテキスト ボックスの塗りつぶし、色、スタイル、または図形またはテキスト ボックスの枠線の太さフォントの色、およびその他の必要な変更を変更します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図形の境界線を右クリックし、[既定の図形に設定] をクリックします。

    • テキスト ボックスの境界線を右クリックし、[既定のテキスト ボックスに設定] をクリックします。

      注: [既定の図形に設定] または [既定のテキスト ボックスに設定] オプションが表示されない場合は、最初に図形またはテキスト ボックスを選び、図形やテキスト ボックスの内部ではなく、その境界線を右クリックしたことをご確認ください。

ページの先頭へ

Outlook

  1. 書式設定を変更する図形を追加またはテキスト ボックスの既定されます。

  2. 図形またはテキスト ボックスを選びます。

  3. 図形またはテキスト ボックスの塗りつぶし、色、スタイル、または図形またはテキスト ボックスの枠線の太さテキストの色、およびその他の必要な変更を変更します。

  4. 図形の境界線またはテキスト ボックスの境界線を右クリックし、[オートシェイプの既定値に設定] をクリックします。

  5. 次に図形やテキスト ボックスを挿入するときに、設定した既定の書式設定で表示されます。

    注記: 

    • 図形とテキスト ボックスの既定値を別々に設定することはできません。そのため、図形の既定値を変更すると、電子メール メッセージ内のテキスト ボックスにも同じ既定値が適用されます。

    • [オートシェイプの既定値に設定] オプションが表示されない場合は、最初に図形またはテキスト ボックスを選び、図形やテキスト ボックスの内部ではなく、その境界線を右クリックしたことをご確認ください。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. 書式設定を変更する図形を追加またはテキスト ボックスの既定されます。

  2. 図形またはテキスト ボックスを選びます。

  3. 図形またはテキスト ボックスの塗りつぶし、色、スタイル、または図形またはテキスト ボックスの枠線の太さテキストの色フォントの色、およびその他の必要な変更を変更します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図形の境界線を右クリックし、[既定の図形に設定] をクリックします。

    • テキスト ボックスの境界線を右クリックし、[既定のテキスト ボックスに設定] をクリックします。

ヒント: 新しいプレゼンテーションの作成時に、これらの新しい既定値を常に使用できるようにする場合は、新しいプレゼンテーションで使用される既定のテーマを変更します。

注: [既定の図形に設定] または [既定のテキスト ボックスに設定] オプションが表示されない場合は、最初に図形またはテキスト ボックスを選び、図形やテキスト ボックスの内部ではなく、その境界線を右クリックしたことをご確認ください。

ページの先頭へ

Word

  1. 書式設定を変更する図形を追加またはテキスト ボックスの既定されます。

  2. 図形またはテキスト ボックスを選びます。

  3. 図形またはテキスト ボックスの塗りつぶし、色、スタイル、または図形またはテキスト ボックスの枠線の太さテキストの色、およびその他の必要な変更を変更します。

  4. 図形の境界線またはテキスト ボックスの境界線を右クリックし、[オートシェイプの既定値に設定] をクリックします。

  5. 次に図形を挿入するときに、設定した既定の書式設定で表示されます。既定の書式設定でテキスト ボックスを挿入するには、[挿入] タブの [テキスト] グループで [テキスト ボックス] をクリックし、[テキスト ボックスの描画] をクリックします。[組み込み] セクションからテキスト ボックスを選ぶ場合、設定した既定の書式設定では表示されません。

    注記: 

    • 図形とテキスト ボックスの既定値を別々に設定することはできません。そのため、図形の既定値を変更すると、ドキュメント内のテキスト ボックスにも同じ既定値が適用されます。

    • [オートシェイプの既定値に設定] オプションが表示されない場合は、最初に図形またはテキスト ボックスを選び、図形やテキスト ボックスの内部ではなく、その境界線を右クリックしたことをご確認ください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×