図形またはその他のオブジェクトに影を追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[図形の書式設定] ウィンドウでクリックを数回行うだけで、図面内のオブジェクトに影の効果を追加します。

  1. 影を付けるオブジェクトを右クリックし、[図形の書式設定] をクリックします。

  2. [図形の書式設定] ウィンドウで、[効果] をクリックし、[影付き] をクリックします。

  3. をクリックして 標準スタイルし、既定のいずれかの影の効果を選択します。ここで、その他のコマンドを使用してカスタマイズできます。

影のオプション

スライダーまたは数値のボックスを使って、影の見え方を調整します。

[色]    では、影の色を変更できます。

[透過性]    では、影を暗くする (低い数値) または明るくする (高い数値) ことができます。

[サイズ]    では、影を短くしたり長くしたりできます。

[ぼかし]    では、影をあいまいにしたり (高い数値)、鮮明にしたり (低い数値) できます。

[角度]    では、影を発生させている光源が図形の周りを回転しているかのように、影を回転させることができます。

[距離]    では、影の上にオブジェクトが表示される高さを変更できます (図形と影の間にすきまを設けます)。

ヒント:  影が図面上の別のオブジェクトを覆っているように見える場合は、そのオブジェクトを前面に移動し、影が背後にあるように見せることができます。オブジェクトをクリックし、[ホーム]、[配置]、[最前面へ移動] の順にクリックします。

注意: 視覚効果は慎重に使い、図面の情報から注意がそれないようにしてください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×