図形の透明度を変える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[図形の書式設定] ウィンドウを使って、図形や、図の中のその他のオブジェクトの透明度を変えます。

  1. 変更する図形を右クリックし、[図形の書式設定] をクリックします。

  2. [図形の書式設定] ウィンドウが開き、通常は、既定で [塗りつぶしと線] が表示されます。[塗りつぶし] をクリックします

[図形の書式設定] ウィンドウ

  1. [透明度] で、スライダーを使って透明度のレベルを変更するか、数値を入力して正確な透過率を指定します。

数値を低くすると透明度が下がり、高くすると透明度が上がります。

図のリアルタイム プレビューで、図形の外観を確認します。

ヒント:  複数の図形の透明度を変更するには、Ctrl キーを押しながら、変更する図形をクリックします。[図形の書式設定] ウィンドウでは、選んだすべての図形の透明度が一度に変更されます。グループ化されたオブジェクトは、そのグループをクリックすることで一緒に変更できます。

上記の手順に従って、接続線、線、コンテナー、吹き出しなど、図の中の任意のオブジェクトの透明度を設定します。

図形にグラデーションの塗りつぶしが適用されている場合

[図形の書式設定] ウィンドウの [塗りつぶし] の [グラデーションの分岐点] スライダーで、各分岐点 (スライドする矢印) をクリックし、透明度を設定します。

グラデーションの塗りつぶし

この操作では、グラデーションのその分岐点が制御する図の部分だけ、透明度が変わります。図形全体に同じ透明度 (75% など) を適用したい場合は、グラデーションのそれぞれの分岐点で透明度を 75% に設定します。ただし、同じ透明度を図形全体に適用する場合、塗りつぶしをグラデーションから単色に変更する方が簡単です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×