図形の種類 (定義) のデータベースプロパティ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次のオプションを使用して、テーブルまたはビューの再利用可能な型定義として動作する、名前付きおよび名前なしの行型を作成します。

名前付き行の型は、テーブルの SQL 指定に基づいています。これは、型指定されたテーブルと呼ばれ、システム内で永続的な種類のストレージとして指定します。無名の行型は、永続型ストレージとして識別されません。

Row 型は、オブジェクトリレーショナルデータベースに実装されるモデルで使用できる複合データ型を作成します。行の種類は、データ型として指定できます。

Name

[列のプロパティ] ダイアログボックスと [種類] ウィンドウの [データ型] タブに表示される複合型の名前を入力します。

既定では、サフィックスは名前に追加され、[複合型] の下の選択に基づいてその型を区別します。

名前付き行の種類

種類が他の種類のエイリアスでないことを指定する場合に選択します。

個別の型

型が別の型に基づいていることを指定し、基になる型と同じ表現を持つが、独自の完全に異なる型であることを選択します。

このオプションを選択した場合、[フィールド] カテゴリのオプションを選択することはできません。

Domain

型が別の型のエイリアスであることを指定する場合は、このチェックボックスをオンにします。これは、同じ種類の間接的な表現です。

このオプションを選択した場合、[フィールド] カテゴリのオプションを選択することはできません。

注: [ Domain] を選択すると、[エイリアスコレクションの種類] オプションが使用できるようになります。

エイリアスコレクションの種類 (Domain が選択されている場合にのみ表示)

属性の値が単一の値、集合、リスト、または複数の集合であるかどうかを指定するオプションを選択します。リレーショナルデータベースでは、すべての属性コレクション型は単一の値です。オブジェクトリレーショナルデータベースを使うと、追加のコレクション型を指定できます。

単一の値 (列) コレクション型には、1つの値が設定されます。単一のコレクション型を持つレコードのクエリでは、単一の値 (1、a、string1 など) が返されます。

同じデータ型の一連の値によってコレクション型を設定します。set コレクション型を持つレコードのクエリでは、一連の値 ({1、2、3、4}、{a、b、c}、{string1、string2、string3}) が返されます。

リストコレクション型は、同じデータ型の値のリストによって設定されます。set コレクション型のレコードのクエリでは、値のリスト (3、2、1、4など)、(b、a、c) または (string2, string1, string3) が返されます。order は、ここでは、順序が想定されていない集合と複数のセットとは対照的に重要です。

複数セットコレクションの種類には、同じデータ型の複数の値を持つ、または1つの数値のバッグが設定されます。複数セットのコレクション型を使用しているレコードのクエリでは、複数の値のセットまたはバッグ ({1 など) が返されます。1、2、3、3、3、3、4}、{a、b、b、b、c} または {string1、string2、string2、string3})。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×