図形の基礎

Microsoft Office Visio の図面では、図形はオブジェクトと概念の両方を表します。Visio の図形は、直線のような簡単なものから、カレンダーのように複雑な図形まであります。Visio の図形は、1 次元 (1-D) または 2 次元 (2-D) のいずれかです。 1-D の図形は直線のように動作し、2-D の図形は四角形のように動作します。

注: 一部の図形は、図面の種類に合わせてカスタムの動作を備えているものがあり、ここで説明したとおりに動作しません。

図形を選択する

単一の図形を選択するには、 吹き出し 1 ポインタを図形の上に移動します。 吹き出し 2 ポインタが 4 方向の矢印に変わったら、図形をクリックします。 吹き出し 3 選択された図形に、選択ハンドルが表示されます。

図形をクリックして選択

複数の図形を選択するには、 吹き出し 1 [オブジェクト選択ツール] ボタンの画像 をクリックしてから、選択ネットをドラッグして選択するすべての図形を囲むか、Shift キーを押したまま各図形をクリックします。 吹き出し 2 選択された図形が紫色の輪郭になり、グループに選択ハンドルが表示されます。

選択ネットを周囲でドラッグして図形を選ぶ

注記: 

  • ページ上のすべての図形をすばやく選択するには、[編集] メニューの [すべて選択] をクリックします。

  • 選択されている複数の図形の 1 つを選択解除するには、Shift キーを押しながら特定の図形をクリックします。

図形を移動する

単一の図形を移動するには、 ポインタを図形の上に移動します。 ポインタが 4 方向の矢印に変わったら、マウス ボタンを押したまま図形をドラッグします。

図形をドラッグして移動する

図形を別の図形と揃えるには、ダイナミック グリッド線を使用します。

ダイナミック グリッドを使って図形を整列する

注記: 

  • ダイナミック グリッドを有効にするには、[ツール] メニューの [スナップと接着] をクリックします。[全般] タブで、[ダイナミック グリッド] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  • 図形を少しずつ移動 (ナッジ) するには、図形を選択してから、方向キーを押します。図形を 1 ピクセルずつ正確に移動する場合は、Shift キーを押しながら方向キーを押します。

図形にテキストを追加する

図形にテキストを追加するには、 吹き出し 1 図形を選択します。 吹き出し 2 テキストを入力します。

図形内にテキストを入力する

注: 図形を拡大していない場合は、入力するときに、図形が拡大されます。元のサイズに戻すには、図形の外側をクリックします。

図形のテキストを編集する

図形のテキストを変更するには、 吹き出し 1 図形をクリックして選択します。 吹き出し 2 [テキスト ツール] をクリックします。 吹き出し 3 新しいテキストを入力します。

図形上のテキストを変更する

注: 図形のテキストの外観を変更するには、図形をクリックして選択し、[書式] メニューの [テキスト] をクリックします。次に、必要な書式設定オプションを選択します。

図形のサイズを変更する

図形の高さや幅を変更するには、 吹き出し 1 ポインタを図形の横にある選択ハンドルの上に移動します。 吹き出し 2 ポインタが双方向の矢印に変わったら、選択ハンドルをドラッグします。

横の選択ハンドルをドラッグし、図形の幅を変更する

選択された図形の幅と高さは、Visio ウィンドウの一番下にあるステータス バーに表示されます。

注: 図形のサイズは、[図形サイズ/位置/回転] ウィンドウで変更することもできます。[表示] メニューの [図形サイズ/位置/回転ウィンドウ] をクリックします。サイズを変更する図形を選択して、幅および高さの値を入力します。

縦横の比率を変えずに図形のサイズを変更するには、 吹き出し 1 ポインタを四隅の選択ハンドルの上に移動します。 吹き出し 2 選択ハンドルをドラッグします。 吹き出し 3 縦横の比率を変えずに図形のサイズを変更するには、完全な円形または四角形の選択ハンドルをドラッグします。

図形の隅の選択ハンドルをドラッグして縦横比を維持したままサイズ変更する

図形の書式を設定する

図形の書式を設定するには、 吹き出し 1 図形をクリックして選択します。 吹き出し 2 [書式] ツールバーの [塗りつぶしの色]、[線の色]、[線の太さ] またはその他のボタンをクリックします。 吹き出し 3 図形に、変更内容が反映されます。

図形の塗りつぶし色を変更する

図形を回転する

図形を回転するには、 吹き出し 1 図形をクリックして選択してから、回転ハンドル ボタンの画像 にポインタを移動して、ポインタが円 回転ツールのポインター になるようにします。 吹き出し 2 ハンドルをドラッグして、必要な角度に回転します。

[回転] ツールで図形を回転する

図形を一定角度で回転するには、 吹き出し 1 図形をクリックして選択します。 吹き出し 2 [表示] メニューの [図形サイズ/位置/回転 ウィンドウ] をクリックします。 吹き出し 3 [角度] ボックスに角度を入力して、Enter キーを押します。

回転角度を入力して図形を回転する

図形をコピーする

図形をコピーするには、 吹き出し 1 図形をクリックして選択します。 吹き出し 2 Ctrl キーを押しながらドラッグし、コピーを必要な場所に置きます。 吹き出し 3 マウス ボタンを放します。

Ctrl キーを押しながら図形をドラッグして図形をコピーする

他の図形コマンドを参照する

他の図形コマンドを参照するには、 吹き出し 1 ポインタを図形の上に移動します。 吹き出し 2 図形を右クリックします。

図形を右クリックしてショートカット メニューを表示する

一部の図形には、図形の変更に使用できるコントロール ハンドルがあります。各コントロール ハンドルは、その図形に固有の機能を持っています。 吹き出し 1 図形をクリックして選択し、ポインタをコントロール ハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 上に移動します。 吹き出し 2 コントロール ハンドルをドラッグします。

図形の輪郭を変更する。

注: コントロール ハンドルのヒントを表示するには、コントロール ハンドルの上にポインタを置きます。

拡大または縮小する

図面を拡大/縮小するには、[ズーム] ボックスの横にある矢印をクリックし、設定をクリックします。Ctrl キーと Shift キーを押しながら拡大する領域を囲むように選択ネットをドラッグして、拡大することもできます。

[ズーム] ボックスを使用した図面のズームインとズームアウト

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×