図形にテキストフィールドを挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

追加情報を表示するために、図形にテキストフィールドを挿入できます。フィールドは、日付/時刻、ドキュメント情報、図形データなどのカテゴリに分類されます。フィールドは、基になる情報を変更すると自動的に更新されます。

  1. 図形をダブルクリックしてテキストブロックを開き、テキストフィールドを挿入するテキストブロック内の場所にカーソルを移動します。

  2. [挿入] メニューの [フィールド] をクリックします。

  3. [分類] ボックスの一覧で、挿入するフィールドのカテゴリをクリックします。

    • ユーザー設定の数式    このカテゴリには、[ユーザー設定の数式] ボックスに入力したシェイプシート関数を使用して、数式を作成します。

    • 日付/時刻    このカテゴリには、システム情報を使って、作成日時現在の日付/時刻、最終編集日時、日付/時刻の印刷を追跡します。

    • ドキュメント情報    このカテゴリは、[プロパティ] ダイアログボックスに入力された情報を使用して、 CreatorDescriptionディレクトリファイル名キーワード件名タイトルマネージャーを追跡します。会社カテゴリ、およびハイパーリンクの基本

    • Geometry    このカテゴリには、図形の幅、高さ、角度の情報が使用されます。[寸法線] または [角度] フィールドのフィールドを使用して、図形を元の位置から回転させる距離を表示します。任意のGeometryフィールドを使用して、図面内の技術仕様を自動的に更新します。

    • オブジェクト情報    このカテゴリには、[特別] ダイアログボックスに入力された情報を使用して、データ 1、データ2データ 3IDマスター名前、および種類を追跡します。

    • ページ情報    このカテゴリには、[ページ設定] ダイアログボックスの [ページのプロパティ] タブに入力された情報を使用して、背景名前ページ数、ページ番号を管理します。

    • 図形データ    このカテゴリには、選択した図形のシェイプシートの [図形データ] セクションに保存されているデータが使われます。図形データを定義して、必要な情報の種類を図形に関連付けることができます。たとえば、シリアル番号を機器の一部に関連付けることができます。

    • ユーザー定義セル    このカテゴリには、図形のシェイプシートの [ユーザー定義セル] セクションの [] セルに入力された情報が使われます。

  4. [フィールド名] ボックスの一覧で、挿入するフィールドをクリックします。

  5. [データ形式] をクリックし、[分類] ボックスの一覧で、フィールド情報を表示する形式をクリックします。

  6. [OK] をクリックし、[OK] をもう一度クリックします。

  7. フィールドの後にテキストを追加するには、目的のテキストを入力します。

  8. 追加のフィールドを挿入するには、手順2と3を繰り返します。

  9. フィールドを削除するには、フィールドを選択し、del キーを押します。

  10. テキストブロックを移動するには、[テキストブロック] ツールの をクリックし、テキストブロックをドラッグします。

    [テキストブロック] ツールが表示されない場合は、[テキストツール [テキスト ツール] ボタン ] の横にある下向き矢印をクリックし、[テキストブロック] ツールをクリックします。

    ヒント: 一部の図形にはコントロールハンドル ( ) があり、ドラッグして図形のテキストをすばやく移動できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×