スキップしてメイン コンテンツへ

図形にテキストフィールドを挿入する

図形にテキストフィールドを挿入すると、追加情報を表示できます。 フィールドは、日付/時刻、ドキュメント情報、図形データなどのカテゴリに分類されます。 フィールドは、基になる情報を変更したときに自動的に更新されます。

  1. 図形をダブルクリックしてテキストブロックを開き、テキストフィールドを挿入するテキストブロック内の場所にカーソルを移動します。

  2. [挿入] タブの [フィールド] をクリックします。

  3. [分類] ボックスの一覧で、挿入するフィールドの分類をクリックします。

    • ユーザー設定の数式     このカテゴリでは、[ユーザー設定式] ボックスに入力したシェイプシート関数を使用して、数式を作成します。

    • 日付/時刻型     このカテゴリは、システム情報を使って、作成の日付/時刻現在の日付/時刻、最終編集日時印刷日付/時刻を追跡します。

    • 文書情報     このカテゴリでは、[プロパティ] ダイアログボックスに入力された情報を使って、作成者説明ディレクトリファイル名キーワード件名タイトルマネージャー会社カテゴリハイパーリンクベースを追跡します。

    • ジオメトリ     このカテゴリでは、図形の幅、高さ、角度の情報が使用されます。 寸法線のフィールドまたはAngleフィールドを使って、図形が元の位置からどの程度回転しているかを示します。 任意のGeometryフィールドを使って、図面の技術仕様を自動的に更新します。

    • オブジェクト情報     このカテゴリは、[特別] ダイアログボックスに入力された情報を使用して、データ 1データ 2データ 3IDマスター名前、および種類を追跡します。

    • ページ情報     このカテゴリでは、[ページ設定] ダイアログボックスの [ページのプロパティ] タブで入力された情報を使用して、背景名前ページ数、ページ番号を管理します。

    • データを整理する     このカテゴリでは、選択した図形のシェイプシートの [図形データ] セクションに保存されているデータが使用されます。 図形データを定義して、必要な情報の種類を図形に関連付けることができます。 たとえば、シリアル番号を機器に関連付けることができます。

    • ユーザー定義セル     このカテゴリでは、図形のシェイプシートスプレッドシートのユーザー定義のセルセクションののセルに入力された情報を使用します。

  4. [フィールド名] ボックスの一覧で、挿入するフィールドをクリックします。

  5. [データ形式] をクリックし、[分類] ボックスの一覧で、フィールド情報を表示する書式をクリックします。

  6. [OK] をクリックし、[OK] をもう一度クリックします。

  7. フィールドの後にテキストを追加するには、目的のテキストを入力します。

  8. 追加のフィールドを挿入するには、手順2と3を繰り返します。

  9. フィールドを削除するには、図形内のフィールドを選択し、DEL キーを押します。

    図形の内側をダブルクリックして、テキストを削除することもできます。

  10. テキストブロックを移動するには、[テキストブロック] ツールをクリックし、テキストブロックをドラッグします。

    テキストブロックツールはどこにありますか?

    Visio 2013 以降のバージョンでは、[ホーム>ツールグループ > [テキスト ブロック] ボタン (テキストブロックツール)] をクリックします。

    Visio 2010で、[ホーム>ツール] の [> [テキスト ツール] ボタン (テキストブロックツール)] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×