図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加する

2007 Microsoft Office system ドキュメントで図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに 代替テキスト を指定することができます。2007 Microsoft Office system ドキュメントを HTML ファイル形式 (.htm または .html など) で保存する場合、またはスクリーン リーダーを使っている場合、図にポインターを移動すると、代替テキストが表示されます。代替テキストは、スクリーン リーダーを使用するユーザーが画像のコンテンツを理解するのに役立ちます。

この記事では、図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトへの代替テキストの追加について説明します。図にテキストを追加しようとしている場合は、「写真の上にテキストを追加する」を参照してください。文書で図の周囲にある文字列を折り返そうとしている場合は、「文字列の折り返し」を参照してください。

使用している 2007 Microsoft Office system アプリケーション

Excel

Outlook

PowerPoint

Word

Excel

  1. 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィックの枠線、またはその他の オブジェクト を右クリックして、[サイズとプロパティ] をクリックします。

  2. [代替テキスト] タブをクリックして、[代替テキスト] ボックスにテキストを入力します。

ヒント: 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加することが多い場合は、クイック アクセス ツールバーに [代替テキスト] コマンドを追加して、ショートカットを作成できます。クイック アクセス ツールバーにコマンドを追加すると、[リボンにないコマンド] カテゴリで [代替テキスト] コマンドを見つけることができます。クイック アクセス ツールバーから [代替テキスト] にアクセスした場合は、上述の手順 2 のように、引き続き [代替テキスト] タブをクリックして、代替テキストを追加する必要があります。

注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部です。

ページの先頭へ

Outlook

  1. 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィックの枠線、またはその他の オブジェクト を右クリックして、[サイズ] をクリックします。

  2. [代替テキスト] タブをクリックして、[代替テキスト] ボックスにテキストを入力します。

ヒント: 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加することが多い場合は、クイック アクセス ツールバーに [代替テキスト] コマンドを追加して、ショートカットを作成できます。クイック アクセス ツールバーにコマンドを追加すると、[リボンにないコマンド] カテゴリで [代替テキスト] コマンドを見つけることができます。クイック アクセス ツールバーから [代替テキスト] にアクセスした場合は、上述の手順 2 のように、引き続き [代替テキスト] タブをクリックして、代替テキストを追加する必要があります。

注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部です。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィックの枠線、またはその他の オブジェクト を右クリックして、[配置とサイズ] をクリックします。

  2. [代替テキスト] タブをクリックして、[代替テキスト] ボックスにテキストを入力します。

ヒント: 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加することが多い場合は、クイック アクセス ツールバーに [代替テキスト] コマンドを追加して、ショートカットを作成できます。クイック アクセス ツールバーにコマンドを追加すると、[リボンにないコマンド] カテゴリで [代替テキスト] コマンドを見つけることができます。クイック アクセス ツールバーから [代替テキスト] にアクセスした場合は、上述の手順 2 のように、引き続き [代替テキスト] タブをクリックして、代替テキストを追加する必要があります。

注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部です。

ページの先頭へ

Word

  1. 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィックの枠線、またはその他の オブジェクト を右クリックして、[サイズ] をクリックします。

  2. [代替テキスト] タブをクリックして、[代替テキスト] ボックスにテキストを入力します。

ヒント: 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加することが多い場合は、クイック アクセス ツールバーに [代替テキスト] コマンドを追加して、ショートカットを作成できます。クイック アクセス ツールバーにコマンドを追加すると、[リボンにないコマンド] カテゴリで [代替テキスト] コマンドを見つけることができます。クイック アクセス ツールバーから [代替テキスト] にアクセスした場合は、上述の手順 2 のように、引き続き [代替テキスト] タブをクリックして、代替テキストを追加する必要があります。

注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部です。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×