図形、テキスト ボックス、およびワードアートを操作するためのキーボード ショートカット

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事で説明されているショートカット キーは、英語キーボード レイアウトの場合を示しています。他のレイアウトのキーは、英語キーボードのキーと正確に一致していない場合があります。

複数のキーを同時に押すショートカット キーの場合、押すキーを正符号 (+) で区切って示します。複数のキーを連続して順番に押すショートカット キーの場合、押すキーを読点 (、) で区切って示します。

SmartArt グラフィックを操作するためのキーボード ショートカット、 SmartArt グラフィックのキーボード ショートカットを参照してください。

各アプリケーションで使用できるその他のキーボード ショートカットを調べるには、[参照] セクションのリンクを参照してください。

Office プログラム別の設定方法

PowerPoint

Word

PowerPoint

目的

キー

オブジェクトを選択します (オブジェクト内で選択されているテキストを含む)。

Esc

オブジェクトを選択する (オブジェクトを選択しているとき)。

目的のオブジェクトを選択するまで、Tab または Shift + Tab を押す

オブジェクト内のテキストを選択する (オブジェクトを選択しているとき)。

Enter

(オブジェクトを選択) ですべてのオブジェクトを選ぶ

Ctrl + A

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選択し、重なり合ったオブジェクトを順に表示します。

最前面のオブジェクトを選択した後で、Tab キーを押します。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選択し、重なり合ったオブジェクトを逆順に表示します。

最前面のオブジェクトを選択した後で、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

複数の図形を選択します。

キーを押すし、コントロールを押しながら図形をクリックします。

テキストを含む複数の図形を選択します。

キーを押すし、shift キーを押しながら図形をクリックします。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開くまたは閉じる。

Alt + F10

選択したオブジェクトを切り取ります。

Ctrl + X

選択したオブジェクトをコピーする。

Ctrl + C

選択したオブジェクトを貼り付ける。

Ctrl + V

書式のみをコピーする。

Ctrl + Shift + C

書式のみを貼り付ける。

Ctrl + Shift + V

形式を選択して貼り付ける。

Ctrl + Alt + V

図形、図、またはワードアートをグループ化します。

グループ化する項目を選択し、Ctrl キーを押しながら G キーを押します。

図形、図、またはワードアートのグループ化を解除します。

グループ化を解除する項目を選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら G キーを押します。

グリッドの表示と非表示を切り替える。

Shift + F9

ガイドの表示と非表示を切り替える。

Alt + F9

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作をやり直します。

Ctrl + Y

図形の属性をコピーする

  1. 属性をコピーする図形を選択します。

    テキストが添付されている図形を選択した場合、図形の属性と共にテキストの外観とスタイルもコピーされます。

  2. Ctrl キーと Shift キーを押しながら C キーを押して図形の属性をコピーします。

  3. Tab キーまたは Shift + Tab キーを押しながら、属性のコピー先の図形またはオブジェクトを選択します。

  4. Ctrl キーと Shift キーを押しながら V キーを押します。

リンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクトを編集する

  1. 使用するオブジェクトを選択するには] タブの [または shift キーを押しながら TAB キーを押します。

  2. ショートカット メニューを表示するには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. ↓ キーを押して、 < 変数 > オブジェクト、入力を選択または右方向キーを 2 番目のメニューを表示して、[編集] を選びます。

SmartArt グラフィックを挿入する

  1. Alt キー、N キー、および M キーを順に押して [SmartArt] を選択します。

  2. 方向キーを押して、目的の SmartArt グラフィックの種類を選択します。

  3. Tab キーを押してから、方向キーを押して挿入する SmartArt グラフィック レイアウトを選択します。

  4. Enter キーを押します。

テキスト ボックスを挿入する

  1. Alt キーを押し、 [挿入] タブを表示する N キーを押してください。

  2. 方向キーを使用して、テキスト ボックスにあるテキスト] グループに移動します。

    使用中のコンピューターで日本語がサポートされている場合は、方向キーを使って [横書きテキスト ボックス] または [縦書きテキスト ボックス] を選択します。

  3. Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。

  4. 必要なテキストを入力します。

ワードアートを挿入する

  1. AltNW キーの順に、各キーを押してから離し、[ワードアート] を選択します。

  2. 方向キーを使って必要なワードアートのスタイルを選択し、Enter キーを押します。

  3. 必要なテキストを入力します。

図形を選択する

注: カーソルがテキスト内にある場合は、Esc キーを押します。

  • 選択するオブジェクトのサイズ変更ハンドルが表示されるまで、図形またはオブジェクトを転送] タブの [(または shift キーを押しながら TAB 順番) を押します。

  • 複数の項目を選択するには、[選択と表示状態] 作業ウィンドウを使用します。[選択と表示状態] 作業ウィンドウを開くには、Alt キーを押してから、H キー、SL キー、P キーを順に押します。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウで使用するキーボード ショートカット

目的

キー

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開きます。

Alt + F10

複数のウィンドウ間でフォーカスを切り替える。

F6

ショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

フォーカスを、1 つのアイテムまたはグループに移動する。

↑または↓

フォーカスを、グループ内のアイテムからその親グループに移動する。

フォーカスを、グループからその最初のグループ内のアイテムに移動する。

フォーカスのあるグループとそのすべての子グループを展開する。

アスタリスク (*) (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを展開する。

正符号 (+) (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを折りたたむ。

負符号 (-) (テンキー上のキーのみ)

フォーカスをアイテムに移動して、そのアイテムを選択する。

Shift + ↑または Shift + ↓

フォーカスのあるアイテムを選択する。

Space または Enter

別のオブジェクトを選択範囲に追加します。

Shift + Space

フォーカスのある項目の選択を解除します。

Shift + Enter

選択したアイテムを次に移動する。

Ctrl + Shift + F

選択したアイテムを前に移動する。

Ctrl + Shift + B

フォーカスのあるアイテムの表示と非表示を切り替える。

Ctrl + Shift + S

フォーカスのあるアイテムの名前を変更する。

F2

ツリー ビューと [すべて表示] ボタンおよび [すべて非表示] ボタンの間の選択ウィンドウ内でキーボードのフォーカスを切り替える。

Tab または Shift + Tab

すべてのグループを折りたたむ。

Alt + Shift + 1

すべてのグループを展開する。

Alt + Shift + 9

図形の頂点を編集する

注: 図形をクリックし、Alt + J + D + E + E キーを押します。

  • 頂点を追加するには、Ctrl キーを押しながら図形の枠線をクリックします。

  • 頂点を削除するには、Ctrl キーを押しながら頂点をクリックします。

  • 頂点を中心にスムージングするには、Shift キーを押しながら、頂点のいずれかのハンドルをドラッグします。ドラッグを停止すると、頂点を中心にスムージングされます。頂点を中心にスムージングした場合、長さが等しい 2 つの線分が頂点で結合されます。

  • 頂点で線分を伸ばすには、Ctrl キーを押しながら、頂点のいずれかのハンドルをドラッグします。ドラッグを停止すると、頂点で線分が伸ばされます。頂点で線分を伸ばした場合、長さが異なる 2 つの線分が頂点で結合されます。

  • 頂点を基準にするには、Alt キーを押しながら、頂点のいずれかのハンドルをドラッグします。ドラッグを停止すると、頂点が基準になります。頂点を基準にした場合、方向が異なる 2 つの線分が頂点で結合されます。

  • 頂点および線分に対する変更を取り消すには、マウス ボタンを離す前に Esc キーを押します。

ページの先頭へ

Word

目的

キー

オブジェクトを選択します (オブジェクト内で選択されているテキストを含む)。

Esc

オブジェクトを選択する (オブジェクトを選択しているとき)。

目的のオブジェクトを選択するまで、Tab または Shift + Tab を押す

複数の図形を選択します。

キーを押すし、コントロールを押しながら図形をクリックします。

テキストを含む複数の図形を選択します。

キーを押すし、shift キーを押しながら図形をクリックします。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開きます。

Alt + F10

フォーカスのあるアイテムを選択する (選択ウィンドウ内)。

Space キーまたは Enter キー

フォーカスのあるアイテムの選択を取り消す (選択ウィンドウ内)。

Shift + Enter

テキスト ボックス内のテキストを編集します。

F2 キーを押すか、テキスト ボックスを選択した後で Enter キーを押します。

図形内のテキストを編集します。

F2 キーを押すか、図形を選択した後で Enter キーを押します。

選択したオブジェクトを切り取ります。

Ctrl + X

選択したオブジェクトをコピーする。

Ctrl + C

選択したオブジェクトを貼り付ける。

Ctrl + V

書式のみをコピーする。

Ctrl + Shift + C

書式のみを貼り付ける。

Ctrl + Shift + V

形式を選択して貼り付ける。

Ctrl + Alt + V

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作をやり直します。

Ctrl + Y

図形の属性をコピーする

  1. 属性をコピーする図形を選択します。

  2. Ctrl キーと Shift キーを押しながら C キーを押して図形の属性をコピーします。

  3. Tab キーまたは Shift + Tab キーを押しながら、属性のコピー先の図形またはオブジェクトを選択します。

  4. Ctrl キーと Shift キーを押しながら V キーを押します。

リンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクトを編集する

  1. Shift キーを押しながら Tab キーを押して、目的のオブジェクトを選択します。

  2. ショートカット メニューを表示するには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. ↓ キーを押して、 < 変数 > オブジェクト、入力を選択または右方向キーを 2 番目のメニューを表示して、[編集] を選びます。

オブジェクトを挿入する

  1. Alt キー、N キー、および J キーを順に押します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ↓キーを押してオブジェクトの種類を選択し、Enter キーを押してオブジェクトを作成します。

    • ↓ キーを押して 2 回ファイルから作成] タブを選択し、挿入、またはファイルを参照する、オブジェクトのファイル名を入力します。

SmartArt グラフィックを挿入する

  1. Alt キー、N キー、および M キーを順に押して [SmartArt] を選択します。

  2. 方向キーを押して、目的の SmartArt グラフィックの種類を選択します。

  3. Tab キーを押してから、方向キーを押して挿入する SmartArt グラフィック レイアウトを選択します。

  4. Enter キーを押します。

テキスト ボックスを挿入する

  1. Alt キー、N キー、および X キーを順に押します。

  2. 方向キーを押して目的のテキスト ボックスを選択し、Enter キーを押します。

  3. 必要なテキストを入力します。

  4. 入力を終了して、ドキュメントの編集中のテキストに切り替えるには、Esc キーを押します。

ワードアートを挿入する

  1. Alt キーを押してから N キーを押し、W キーを押して [ワードアート] を選択します。

  2. 方向キーを押して必要なワードアート スタイルを選択し、Enter キーを押します。

  3. 必要な文字列を入力します。

  4. Esc キーを押します。

図形を選択する

注: カーソルがテキスト内にある場合は、Esc キーを押します。

  • タブの [循環転送 (または shift キーを押しながら TAB 順番) に図形またはオブジェクトを選択するオブジェクトのサイズ変更ハンドルが表示されるまでです。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウで使用するキーボード ショートカット

目的

キー

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開きます。

Alt + F10

複数のウィンドウ間でフォーカスを切り替える。

F6

ショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

フォーカスを、1 つのアイテムまたはグループに移動する。

↑または↓

フォーカスを、グループ内のアイテムからその親グループに移動する。

フォーカスを、グループからその最初のグループ内のアイテムに移動する。

フォーカスのあるグループとそのすべての子グループを展開する。

アスタリスク (*) (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを展開する。

正符号 (+) (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを折りたたむ。

負符号 (-) (テンキー上のキーのみ)

フォーカスをアイテムに移動して、そのアイテムを選択する。

Shift + ↑または Shift + ↓

フォーカスのあるアイテムを選択する。

Space または Enter

別のオブジェクトを選択範囲に追加します。

Shift + Space

フォーカスのある項目の選択を解除します。

Shift + Enter

フォーカスのあるアイテムの表示と非表示を切り替える。

Ctrl + Shift + S

図形の頂点を編集する

注: 図形をクリックし、Alt + J + D + E + E キーを押します。

  • 頂点を追加するには、Ctrl キーを押しながら図形の枠線をクリックします。

  • 頂点を削除するには、Ctrl キーを押しながら頂点をクリックします。

  • 頂点を中心にスムージングするには、Shift キーを押しながら、頂点のいずれかのハンドルをドラッグします。ドラッグを停止すると、頂点を中心にスムージングされます。頂点を中心にスムージングした場合、長さが等しい 2 つの線分が頂点で結合されます。

  • 頂点で線分を伸ばすには、Ctrl キーを押しながら、頂点のいずれかのハンドルをドラッグします。ドラッグを停止すると、頂点で線分が伸ばされます。頂点で線分を伸ばした場合、長さが異なる 2 つの線分が頂点で結合されます。

  • 頂点を基準にするには、Alt キーを押しながら、頂点のいずれかのハンドルをドラッグします。ドラッグを停止すると、頂点が基準になります。頂点を基準にした場合、方向が異なる 2 つの線分が頂点で結合されます。

  • 頂点および線分に対する変更を取り消すには、マウス ボタンを離す前に Esc キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×