図形、テキスト ボックス、およびワードアートを操作するためのキーボード ショートカット

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここで説明されているキーボード ショートカットは、米国の キーボード レイアウトに該当します。他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない 場合があります。

複数のキーを同時に押すショートカット キーの場合、押すキーを正符号 (+) で区切って示します。

SmartArt グラフィックを操作するためのキーボード ショートカットについては、「SmartArt グラフィックのキーボード キー」をご覧ください。

各 Office プログラムで使用できるその他のキーボード ショートカットを調べるには、[参照] セクションのリンクを参照してください。

Office プログラム別の設定方法

PowerPoint

Project

Word

PowerPoint

操作内容

キー

オブジェクトを選択する (オブジェクト内のテキストを選んでいるとき)。

Esc キー

オブジェクトを選択する (オブジェクトを選んでいるとき)。

目的のオブジェクトを選択するまで、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。

オブジェクト内のテキストを選択する (オブジェクトを選んでいるとき)。

Enter キー

すべてのオブジェクトを選択する (オブジェクトを選んでいるとき)。

Ctrl + A キー

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを順に表示する。

最前面のオブジェクトを選んだ後で、Tab キーを押します。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを逆順に表示する。

最前面のオブジェクトを選んだ後で、Shift + Tab キーを押します。

複数の図形を選択する。

Ctrl キーを押しながら図形をクリック

テキストを含む複数の図形を選択する。

Shift キーを押しながら図形をクリックします。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開くまたは閉じる。

Alt + F10 キー

選択したオブジェクトを切り取る。

Ctrl + X

選択したオブジェクトをコピーする。

Ctrl + C

選択したオブジェクトを貼り付ける。

Ctrl + V

書式のみをコピーする。

Ctrl + Shift + C

書式のみを貼り付ける。

Ctrl + Shift + V

形式を選んで貼り付ける。

Ctrl + Alt + V

図形、図、またはワードアートをグループ化する。

グループ化する項目を選び、Ctrl + G キーを押します。

図形、図、またはワードアートのグループ化を解除する。

グループ化を解除する項目を選び、Ctrl + Shift + G キーを押します。

グリッドの表示と非表示を切り替える。

Shift + F9 キー

ガイドの表示と非表示を切り替える。

Alt + F9 キー

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作を繰り返します。

Ctrl + Y

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウで使用するキーボード ショートカット

操作内容

キー

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開く。

Alt + F10 キー

複数のウィンドウ間でフォーカスを切り替える。

F6

フォーカスを、1 つのアイテムまたはグループに移動する。

↑キーまたは↓キー

フォーカスを、グループ内のアイテムからその親グループに移動する。

←キー

フォーカスを、グループからその最初のグループ内のアイテムに移動する。

→キー

フォーカスのあるグループとそのすべての子グループを展開する。

* (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを展開する。

+ (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを折りたたむ。

- (テンキー上のキーのみ)

フォーカスをアイテムに移動して、そのアイテムを選択する。

Shift + ↑キーまたは Shift + ↓キー

フォーカスのあるアイテムを選択する。

Space キーまたは Enter キー

別のオブジェクトを選択範囲に追加する。

Shift + Space キー

フォーカスのあるアイテムの選択を取り消す。

Shift + Enter キー

選択したアイテムを次に移動する。

Ctrl + Shift + F キー

選択したアイテムを前に移動する。

Ctrl + Shift + B キー

フォーカスのあるアイテムの表示と非表示を切り替える。

Ctrl + Shift + S キー

フォーカスのあるアイテムの名前を変更する。

F2

選択ウィンドウ内で、キーボードのフォーカスを、ツリー ビュー、[すべて表示]、および [すべて非表示] の間で切り替える。

Tab キーまたは Shift + Tab キー

すべてのグループを折りたたむ。

Alt + Shift + 1 キー

すべてのグループを展開する。

Alt + Shift + 9 キー

ページの先頭へ

プロジェクト

操作内容

キー

オブジェクトを選択する (オブジェクト内のテキストを選んでいるとき)。

Esc キー

オブジェクトを選択する (オブジェクトを選んでいるとき)。

目的のオブジェクトを選択するまで、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。

オブジェクト内のテキストを選択する (オブジェクトを選んでいるとき)。

Shift + →

複数の図形を選択する。

Ctrl キーを押しながら図形をクリック

テキストを含む複数の図形を選択する。

Shift キーを押しながら図形をクリック

選択したオブジェクトを切り取る。

Ctrl + X

選択したオブジェクトをコピーする。

Ctrl + C

選択したオブジェクトを貼り付ける。

Ctrl + V

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作を繰り返します。

Ctrl + Y

ページの先頭へ

単語

操作内容

キー

オブジェクトを選択する (オブジェクト内のテキストを選んでいるとき)。

Esc キー

オブジェクトを選択する (オブジェクトを選んでいるとき)。

目的のオブジェクトを選択するまで、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。

複数の図形を選択する。

Ctrl キーを押しながら図形をクリック

テキストを含む複数の図形を選択する。

Shift キーを押しながら図形をクリックします。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開く。

Alt + F10 キー

フォーカスのあるアイテムを選択する (選択ウィンドウ内)。

Space キーまたは Enter キー

フォーカスのあるアイテムの選択を取り消す (選択ウィンドウ内)。

Shift + Enter キー

テキスト ボックス内のテキストを編集する。

F2 キーを押すか、テキスト ボックスを選んだ後で Enter キーを押します。

図形内のテキストを編集する。

F2 キーを押すか、図形を選んだ後で Enter キーを押します。

選択したオブジェクトを切り取る。

Ctrl + X

選択したオブジェクトをコピーする。

Ctrl + C

選択したオブジェクトを貼り付ける。

Ctrl + V

書式のみをコピーする。

Ctrl + Shift + C

書式のみを貼り付ける。

Ctrl + Shift + V

形式を選んで貼り付ける。

Ctrl + Alt + V

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作を繰り返します。

Ctrl + Y

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウで使用するキーボード ショートカット

操作内容

キー

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開く。

Alt + F10 キー

複数のウィンドウ間でフォーカスを切り替える。

F6

フォーカスを、1 つのアイテムまたはグループに移動する。

↑キーまたは↓キー

フォーカスを、グループ内のアイテムからその親グループに移動する。

←キー

フォーカスを、グループからその最初のグループ内のアイテムに移動する。

→キー

フォーカスのあるグループとそのすべての子グループを展開する。

* (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを展開する。

+ (テンキー上のキーのみ)

フォーカスのあるグループを折りたたむ。

- (テンキー上のキーのみ)

フォーカスをアイテムに移動して、そのアイテムを選択する。

Shift + ↑キーまたは Shift + ↓キー

フォーカスのあるアイテムを選択する。

Space キーまたは Enter キー

別のオブジェクトを選択範囲に追加する。

Shift + Space キー

フォーカスのあるアイテムの選択を取り消す。

Shift + Enter キー

フォーカスのあるアイテムの表示と非表示を切り替える。

Ctrl + Shift + S キー

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×