図を .jpg、.gif、または .png として保存する

Microsoft Office システム ドキュメントを保存すると、ドキュメントとともに、画像と SmartArt グラフィックも自動的に保存されます。画像、SmartArt グラフィックや、画像または SmartArt グラフィックを含む PowerPoint スライドを個別のファイルに保存できます。このファイルは、グラフィックス インターチェンジ形式 (.gif)、JPEG ファイル インターチェンジ形式 (.jpg)、デバイスに依存しないビットマップ (.bmp)、ポータブル ネットワーク グラフィックス形式 (.png) をサポートするプログラムに埋め込むことができます。たとえば、編集できないようにロックする SmartArt グラフィックは、グラフィック ファイルとして保存できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

図を .jpg、.gif、.bmp、または .png ファイルとして保存する

SmartArt グラフィックを .jpg、.gif、.bmp、または .png ファイルとして保存する

PowerPoint スライドを .jpg、.gif、.bmp、または .png ファイルとして保存する

図を .jpg、.gif、.bmp、または .png ファイルとして保存する

すべてのプログラムに該当

図を、グラフィックス インターチェンジ形式 (.gif)、JPEG ファイル インターチェンジ形式 (.jpg)、ポータブル ネットワーク グラフィックス形式 (.png) などのグラフィック ファイル形式で保存できます。

  1. グラフィック ファイル形式で保存する図を右クリックして、[図として保存] をクリックします。

  2. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、目的のグラフィック ファイル形式を選びます。

  3. [ファイル名] ボックスにドキュメントの新しい名前を入力するか、表示されたファイル名で問題がなければ変更せずにそのまま使用します。

  4. [保存] をクリックします。

注:  別のプログラムでファイルを使用する場合は、そのファイルをオブジェクトとして挿入します。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックを .jpg、.gif、.bmp、または .png ファイルとして保存する

SmartArt グラフィックを、グラフィックス インターチェンジ形式 (.gif)、JPEG ファイル インターチェンジ形式 (.jpg)、ポータブル ネットワーク グラフィックス形式 (.png) などのグラフィック ファイル形式で保存できます。

使用しているプログラムを選んでください

Outlook

PowerPoint

Word

Outlook

  1. メール メッセージで、グラフィック ファイル形式で保存する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [メッセージ] タブの [クリップボード] グループで [コピー] をクリックします。

    Outlook の [クリップボード] グループ

  3. [ホーム] タブの [クリップボード] グループで、[貼り付け] の下にある矢印をクリックして、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

  4. [形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックスの [貼り付ける形式] の一覧で、[図 (GIF)]、[図 (PNG)]、または [図 (JPEG)] をクリックします。

  5. グラフィック ファイルの名前を入力し、ファイルを保存する場所を参照して、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. グラフィック ファイル形式で保存する図を右クリックして、[図として保存] をクリックします。

SmartArt グラフィックが選択されたときの右クリック メニュー

  1. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、目的のグラフィック ファイル形式を選びます。

  2. [ファイル名] ボックスにドキュメントの新しい名前を入力するか、表示されたファイル名で問題がなければ変更せずにそのまま使用します。

  3. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

Word

  1. グラフィック ファイル形式で保存する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [クリップボード] グループで [コピー] をクリックします。

    Word の [ホーム] タブの [クリップボード] グループ

  3. [ホーム] タブの [クリップボード] グループで、[貼り付け] の下にある矢印をクリックして、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

  4. [形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックスの [貼り付ける形式] の一覧で、[図 (GIF)]、[図 (PNG)]、または [図 (JPEG)] をクリックします。

  5. グラフィック ファイルの名前を入力し、ファイルを保存する場所を参照して、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint スライドを .jpg、.gif、.bmp、または .png ファイルとして保存する (名前を付けて保存)

PowerPoint のみに適用

図または SmartArt グラフィックのみをグラフィック ファイル形式で保存するのではなく、図または SmartArt グラフィックが含まれるスライドをグラフィック ファイル形式で保存するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックして、[ファイルの種類] ボックスの一覧で、使用するグラフィック ファイル形式をクリックします。

  3. [ファイル名] ボックスにドキュメントの新しい名前を入力するか、表示されたファイル名で問題がなければ変更せずにそのまま使用します。

  4. [保存] をクリックします。

  5. 表示されるメッセージで、[現在のスライド] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint に編集した図の元のバージョンを保存する

PowerPoint で作業中に GIF、JPEG、または PNG 画像を変更すると、編集済みの画像の元のバージョンを保存することができます。

  1. 編集した図を右クリックし、ショートカット メニューの [図として保存] をクリックします。

  2. [保存] の横にある矢印をクリックし、[元の画像を保存する] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×