図を書式設定する ([アート効果] ウィンドウ)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要: 

  • このダイアログ ボックスでオプションを変更する場合、図、] ダイアログ ボックスを閉じずに自分の写真の変更の効果を表示するが簡単に変更は直ちに適用されます。ただし、変更内容は瞬時に適用されるのでは、このダイアログ ボックスでのキャンセル] をクリックすることはできません。変更を削除するには、それぞれの変更を削除するのには、クイック アクセス ツールバー[元に戻す ボタンの画像 をクリックしてください。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに加えた複数の変更は同時に元に戻すことができます。

  • ダイアログ ボックスは、図が見やすいように移動できます。

アート効果

クリックすると、図に適用されているアート効果を変更できます。あるアート効果のオプションを調整して別のアート効果に切り替えると、調整は保持されません。

注: 各アート効果には、調整可能な 2 つのオプションとして主に[透過性] と別のオプションがあります。

[透過性]     アート効果を使用して元の図の透明度を指定するには、[透過性] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。 透過性には、0% (完全に不透明、既定値) から 100% (完全に透明) までの値を指定できます。

[ブラシのサイズ]    効果の作成に使用するブラシのサイズを指定するには、[ブラシのサイズ] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、ブラシの幅が大きくなります。

[ヒビの間隔]     [セメント] アート効果が適用されている場合に使用できるオプションです。このオプションでは、ヒビの明るさと奥行きを指定します。数値を大きくすると、図が明るくなり、ヒビの奥行きが大きくなります。

[詳細]     [白黒コピー] アート効果が適用されている場合に使用できるオプションです。このオプションでは、図の細部を示す際に適用する強調を制御します。数値を大きくすると、図の細部が明瞭になります。

[粒度]    効果にフィルム粒子表示の程度を指定するには、[粒度] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、粒度が細かくなります。

[グリッド サイズ]    効果の作成に使用するグリッドのサイズを指定するには、[グリッド サイズ] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、グリッドのサイズが大きくなります。

[強度]    図の領域で使用するコントラストまたは鮮明度を指定するには、[強度] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、コントラストが低くなります。

[影の数]    アート効果の作成に使用する色合いの数値を指定するには、[影の数] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。

[鉛筆のサイズ]    鉛筆のサイズを指定するには、[鉛筆のサイズ] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、鉛筆の太さが細くなります。

[筆圧]    効果を "描く" 際に使用する筆圧を指定するには、[筆圧] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、コントラストが高くなります。

[半径]    図に [ぼかし] アート効果が適用されている場合にのみ使用可能なオプションで、調整できる唯一のオプションです。図のぼかしの半径を指定するには、[半径] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。半径を大きくするほど、図がぼやけ、はっきりしなくなります。

[拡大/縮小]    効果を "描く" 際に使用する拡大/縮小の値を指定するには、[拡大/縮小] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、コントラストが高くなります。

[サイズ]    ブラシのサイズを指定するには、[サイズ] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、ブラシのサイズが大きくなります。

[滑らかさ]    ブラシのサイズを指定するには、[滑らかさ] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。数値を大きくすると、効果が明白になります。

リセット

このダイアログ ボックス ウィンドウから図に適用されているアート効果を削除します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×