図または OLE オブジェクトに動作を割り当てる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プレゼンテーションに画像または埋め込みオブジェクトがあるにアクションを設定できます。オブジェクトの動作設定の例を含めることができます。 次のスライドに移動する、前のスライドに移動する、最後のスライドの表示] に移動し、Web ページまたはその他の Microsoft Office PowerPoint プレゼンテーションに移動またはファイル。

図を追加して動作を割り当てる

  1. [挿入] タブの [] グループで [] をクリックします。 スマート アートを追加するには、[SmartArt] をクリックします。

  2. [図の挿入] ダイアログ ボックスで、追加する図を見つけて [挿入] をクリックします。

    注: SmartArt グラフィックの場合、動作を割り当てることができるのは図形内のテキストのみです。SmartArt グラフィック内の個々の図形に動作を割り当てることはできません。

  3. 追加した図をクリックし、[挿入] タブの [リンク] グループで [動作] をクリックします。

  4. [オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • スライド ショー表示モードで図をクリックしたときの動作を選択するには、[マウスのクリック] タブをクリックします。

    • スライド ショー表示モードで図をポイントしたときの動作を選択するには、[マウスの通過] タブをクリックします。

  5. 図をクリックまたはポイントしたときに実行される動作を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 図形に動作を割り当てずに使用する場合は、[なし] をクリックします。

    • ハイパーリンクを作成する場合は、[ハイパーリンク] をクリックし、ハイパーリンクの移動先 (次のスライド、前のスライド、最後のスライド、別の PowerPoint プレゼンテーションなど) を選択します。

    • 別のプログラムで作成されたファイル (Microsoft Office Word ファイル、Microsoft Office Excel ファイルなど) へのリンクを設定する場合は、[ハイパーリンク] ボックスの一覧で [その他のファイル] をクリックします。

    • プログラムを実行するには、[プログラムの実行] をクリックし、[参照] をクリックして、実行するプログラムを見つけます。

    • マクロを実行するには、[マクロの実行] をクリックし、実行するマクロを選択します。

    • 一覧にない動作を図またはクリップ アートを通じて実行する場合は、[オブジェクトの動作] をクリックし、実行する動作を選択します。

      注: [オブジェクトの動作] は、プレゼンテーションに OLE オブジェクトが含まれている場合にのみ使用できます。

    • サウンドを再生するには、[サウンドの再生] チェック ボックスをオンにし、再生するサウンドを選択します。

OLE オブジェクトに動作を割り当てる

プレゼンテーション中に実行するのには、OLE オブジェクトを設定するには、次の操作を行います。

  1. スライドで、アイコンまたは OLE オブジェクトを開きたいへのリンクを選択します。スライドのオブジェクトを埋め込む方法の詳細については、次を参照してください。リンクする、または PowerPoint のスライドを埋め込むします。

  2. [挿入] タブの [リンク] グループで、[アクション] をクリックします。
    [挿入] タブの [リンク] グループで [動作] をクリックします。

  3. [オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 埋め込みアイコンまたはリンクをクリックするとプログラムが開くようにするには、[マウスのクリック] タブをクリックします。

    • 埋め込みアイコンまたはリンクにマウス ポインターの上を通過させるとプログラムが開くようにするには、[マウスの通過] タブをクリックします。

  4. いずれかのタブには、オブジェクトの動作を選択し、[の一覧で、問題が発生する] をクリックします。たとえば、Excel ワークシートを表示するには、[開く] をクリックしては、プレゼンテーション中にワークシートの作業を変更する場合は、[編集] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×