図の周囲でテキストを折り返す方法を微調整する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

印刷文書で、図の折り返しのスタイルを設定して、画像の周囲にテキストが流れるようにする場合は、微調整を行うことをお勧めします。たとえば、画像の周囲にテキストをより緊密に折り返すことができます。または、一方の側ではなく、他方の側では、画像に非常に近い方向にテキストを配置することができます。

図の輪郭の図形を変更する

すべての画像には、その周囲に調整可能な輪郭があります。アウトラインを表示するには、図をクリックします。[書式] タブで、[文字列の折り返し] をクリックし、[折り返し点の編集] をクリックします。

図の周りのアウトライン

[折り返し点の編集] をクリックすると、図の周囲に正方形の黒いハンドル (折り返し点と呼ばれる) が表示された赤い破線の輪郭が見られます。黒のハンドルをドラッグして、輪郭の図形を変更できます。

図のアウトライン上の調整ハンドルをドラッグする

ハンドルを図からドラッグして、ハンドルがこの椅子のアームから離れてドラッグされているようにすることで、テキストと画像の間の間隔を広げることができます。図に近いハンドルをドラッグすると、逆の効果があります。

注: 図の輪郭の形を変更できるのは、画像の周囲にテキストが折り返されている場合だけです (つまり、図の折り返しのスタイルが [きつ] または [透過] に設定されている場合)。折り返しのスタイルを [四角] または [上] と [下] に設定すると、折り返し点を編集することもできますが、図とテキストの間の距離にのみ影響します。これは、画像の周囲のテキストの図形ではありません。

図の輪郭の図形を変更するには、次の操作を行います。

  1. 図をクリックします。

  2. [書式] タブで、[文字列の折り返し] をクリックし、[折り返し点の編集] をクリックし [折り返し点の編集] ボタン

  3. 図を閉じると、アウトラインを調整しやすくなります。F9 キーを押して、選択した図とその輪郭を拡大します。

    画像に各角に1つの折り返しポイントハンドルしかない場合

    調整する輪郭が付いた図が写真の場合、4つの折り返しポイントハンドル (各角に1個) しかないことがあります。必要に応じて、図の輪郭を調整するためのハンドルを追加することをお勧めします。ハンドルを追加するには、ポインターが [折り返し点の編集] でポインターを調整する になるまでマウスポインターを移動するハンドルの上に置き、ポインターをドラッグして図の輪郭を変更します。

注: 

  • 輪郭のハンドルを調整した後に図の折り返しのスタイルを変更した場合は、調整が失われることがあります。

  • 折り返し点ハンドルを削除するには、ctrl キーと shift キーを押しながらハンドルをクリックします。

図の各辺からのテキストの正確な距離を制御する

図の折り返しのスタイルを正方形に設定した場合、図の上、下、および2つの辺にテキストを折り返す方法を厳密に制御できます。この方法は次のとおりです。

  1. 図を右クリックし、ショートカットメニューの [図の書式設定] をクリックします。

  2. [図の書式設定] ダイアログボックスで、[レイアウト] タブをクリックします。

  3. [文字列からの距離] で、[自動] チェックボックスをオフにします。

  4. []、[]、[]、[] の場合は、目的の距離を入力します。[ OK] をクリックします。

図の輪郭の図形を変更する

すべての画像には、その周囲に調整可能な輪郭があります。アウトラインを表示するには、図をクリックします。[配置] メニューの [文字列の折り返し] をポイントし、[折り返し点の編集] をクリックします。

図の周りのアウトライン

[折り返し点の編集] をクリックすると、図の周囲に正方形の黒いハンドル (折り返し点と呼ばれる) が表示された赤い破線の輪郭が見られます。黒のハンドルをドラッグして、輪郭の図形を変更できます。

図のアウトライン上の調整ハンドルをドラッグする

ハンドルを図からドラッグして、ハンドルがこの椅子のアームから離れてドラッグされているようにすることで、テキストと画像の間の間隔を広げることができます。図に近いハンドルをドラッグすると、逆の効果があります。

注: 図の輪郭の形を変更できるのは、画像の周囲にテキストが折り返されている場合だけです (つまり、図の折り返しのスタイルが [きつ] または [透過] に設定されている場合)。折り返しのスタイルが [四角] または [上] と [下] に設定されている場合は、折り返し点を編集することもできます。ただし、これらの折り返しのスタイルを使用しているときに折り返し点をドラッグすると、画像とテキストの間の距離だけが影響を受けます。

図の輪郭の図形を変更するには、次の操作を行います。

  1. 図をクリックします。

  2. [配置] メニューの [文字列の折り返し] をポイントし、[折り返し点の編集] をクリックします。 ボタン イメージ

  3. 図を閉じると、アウトラインを調整しやすくなります。F9 キーを押して、選択した図とその輪郭を拡大します。

    画像に各角に1つの折り返しポイントハンドルしかない場合

    調整する輪郭が付いた図が写真の場合、4つの折り返しポイントハンドル (各角に1個) しかないことがあります。必要に応じて、図の輪郭を調整するためのハンドルを追加することをお勧めします。ハンドルを追加する方法は次のとおりです。

    1. ctrl キーを押しながら、ハンドルを追加する赤色の輪郭をクリックします。

    2. ポインターが [折り返し点の編集] でポインターを調整する になるまで、マウスポインターを移動したいハンドルの上に置きます。

    3. ポインターをドラッグして、図の輪郭を変更します。

注: 

  • 輪郭のハンドルを調整した後に図の折り返しのスタイルを変更した場合は、調整が失われることがあります。

  • 折り返し点ハンドルを削除するには、ctrl キーと shift キーを押しながらハンドルをクリックします。

図の各辺からのテキストの正確な距離を制御する

図の折り返しのスタイルを正方形に設定した場合、図の上、下、および2つの辺にテキストを折り返す方法を厳密に制御できます。この方法は次のとおりです。

  1. 図を右クリックし、ショートカットメニューの [図の書式設定] をクリックします。

  2. [図の書式設定] ダイアログボックスで、[レイアウト] タブをクリックします。

  3. [文字列からの距離] で、[自動] チェックボックスをオフにします。

  4. []、[]、[]、[] の場合は、目的の距離を入力します。[ OK] をクリックします。

関連項目

画像の周囲で文字列を折り返す

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×