スキップしてメイン コンテンツへ

図の効果を追加または変更する

影、光彩、反射、ぼかし、面取り、3-D 回転などの効果を追加して、図を強調することができます。

図へのアート効果の追加や、図の明るさ、コントラスト、鮮明度の変更を行うこともできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

図に効果を追加する

  1. 効果を追加または変更する図を選びます。

    注: 複数の図に同じ効果を追加するには、最初の図をクリックし、CTRL キーを押しながら他の図をクリックします。 Wordを使用している場合は、図がまだ存在していない場合は、描画キャンバスにコピーする必要があります。 [図形挿入] をクリックして、新しい描画キャンバス> > ます。 (効果を追加または変更した後は、文書内の元の場所にコピーし直すことができます)。

  2. [図ツール] の [書式] タブの [図のスタイル] グループで、[図の効果] をクリックします。

  3. [図の効果] の 1 つにマウス ポインターを合わせ、それぞれの効果を適用する方法のメニューを確認します。 メニューの効果の 1 つにマウス ポインターを合わせると、文書内の図にその効果のプレビューが表示されます。

    図の効果を使って影、ぼかし、面取り、その他の効果を追加します。

    注: 

    • 追加する効果をカスタマイズするには、それぞれの効果メニューの下部にある [オプション] をクリックします。 たとえば、[] メニューを既に開いている場合は、[影のオプション] をクリックし、ユーザー設定の調整を影効果に加えます。

    • [図ツール] タブまたは [書式] タブが表示されない場合は、図をダブルクリックして図を確実に選んでください。 プログラム ウィンドウの上部のファイル名の横に [互換モード] が表示されたら、*.doc や *.xls などの以前のファイル形式ではなく、*.docx や *.xlsx などの形式で文書を保存して、もう一度実行してください。

図から効果を削除する

図の効果の各カテゴリには、メニューの上部に [ <効果の名前]>オプションがありません。 目的の効果を無効にするには、このオプションをオンにします。

たとえば、影を削除するには、[の効果 ] をポイントして影 > 影なし> ます。

  1. 効果を削除する図を選びます。

  2. [図ツール] の [書式] タブにある [図のスタイル] グループで、[図の効果] を選択します。

  3. 削除する [図の効果] カテゴリを選択します。 表示されるメニューでは、最初のオプションは<効果の名前>ではありません(シャドウ反射なしなど)。 このオプションを選択して、効果の種類を図から削除します。

    不要な図の効果をオフにするには、[効果なし] オプションを選択します。

影、光彩、反射、ぼかし、面取り、3-D 回転などの効果を追加して、図を強調することができます。

図へのアート効果の追加や、図の明るさ、コントラスト、鮮明度の変更を行うこともできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. 効果を追加または変更する画像をクリックします。

    注: 複数の図に同じ効果を追加するには、最初の図をクリックし、CTRL キーを押しながら他の図をクリックします。 Word を使用している場合は、図がまだ存在していない場合は、描画キャンバスにコピーする必要があります。 [図形挿入] をクリックして、新しい描画キャンバス> > ます。 (効果を追加または変更した後は、文書内の元の場所にコピーし直すことができます)。

  2. [図ツール] の [書式] タブの [図のスタイル] グループで、[図の効果] をクリックします。

    [描画ツール] の [書式] タブの [図のスタイル] グループ

    [図ツール] タブまたは [書式] タブが表示されない場合は、図をダブルクリックして図を確実に選んでください。 プログラム ウィンドウの上部のファイル名の横に [互換モード] が表示されたら、*.doc や *.xls などの以前のファイル形式ではなく、*.docx や *.xlsx などの形式で文書を保存して、もう一度実行してください。

  3. 次の操作のいずれかを行います。

    • 効果の組み込みの組み合わせを追加または変更するには、[標準スタイル] をポイントして、目的の効果をクリックします。

      組み込みの効果をカスタマイズするには、[3-D オプション] をクリックして、目的のオプションを調整します。

    • 影を追加または変更するには、[] をポイントして、目的の影をクリックします。

      影をカスタマイズするには、[影のオプション] をクリックして、目的のオプションを調整します。

    • 反射を追加または変更するには、[反射] をポイントして、目的の反射バリエーションをクリックします。

      反射をカスタマイズするには、[反射のオプション] をクリックして、目的のオプションを調整します。

    • 光彩を追加または変更するには、[光彩] をポイントして、目的の光彩バリエーションをクリックします。

      光彩の色をカスタマイズするには、[その他の光彩の色] をクリックして、目的の色を選びます。 テーマの色にない色を変更するには、[その他の色] をクリックして、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色を混ぜ合わせます。 ユーザー設定の色および [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

      光彩バリエーションをカスタマイズするには、[光彩のオプション] をクリックして、目的のオプションを調整します。

    • ぼかしを追加または変更するには、[ぼかし] をポイントして、目的のぼかしのサイズをクリックします。

      ぼかしをカスタマイズするには、[ぼかしのオプション] をクリックして、目的のオプションを調整します。

    • エッジを追加または変更するには、[面取り] をポイントして、目的の面取りをクリックします。

      面取りをカスタマイズするには、[3-D オプション] をクリックして、目的のオプションを調整します。

    • 3-D 回転を追加または変更するには、[3-D 回転] をポイントして、目的の回転をクリックします。

      回転をカスタマイズするには、[3-D 回転オプション] をクリックして、目的のオプションを調整します。

      注: 

      • これらのウィンドウにあるオプションの詳細については、[図の書式設定] ダイアログボックスの上部にある [ヘルプ [ヘルプ] ボタンの画像 をクリックしてください。

図から効果を削除する

図の効果の各カテゴリには、メニューの上部に [ <効果の名前]>オプションがありません。 目的の効果を無効にするには、このオプションをオンにします。

たとえば、影を削除するには、[の効果 ] をポイントして影 > 影なし> ます。

  1. 効果を削除する図を選びます。

  2. [図ツール] の [書式] タブにある [図のスタイル] グループで、[図の効果] を選択します。

  3. 削除する [図の効果] カテゴリを選択します。 表示されるメニューでは、最初のオプションは<効果の名前>ではありません(シャドウ反射なしなど)。 このオプションを選択して、効果の種類を図から削除します。

    不要な図の効果をオフにするには、[効果なし] オプションを選択します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

Windows 10 のフォト アプリで画像を編集する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×