図の中のデータ ラベルの書式を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

多くのデータ ラベルの書式設定オプションがあります。引き出し線を使用して、ラベルをリンクする、ラベルの形を変更、およびデータ ラベルのサイズを変更することができます。すべてのデータ ラベルの書式設定] 作業ウィンドウで実行しています。表示するをデータ ラベルを追加した後、データ ラベルを書式設定] を選択し、[グラフ要素 [グラフ要素] ] をクリックして >データ ラベル>その他のオプション

、の適切な領域に移動するには、ここに示す 4 つのアイコン (塗りつぶしと線効果サイズとプロパティ(レイアウトとプロパティOutlook または Word で)、または[ラベル オプション) のいずれかをクリックします。

[データ ラベルの書式設定] ウィンドウ

注: データ ラベルが 1 つだけ選ばれていることを確認し、続いて、連続する他のデータ要素にデータ ラベルのカスタム書式設定をすばやく適用するために、[ラベル オプション]、[データ ラベルの系列]、[現在のラベルの複製を作成] の順にクリックします。

ここでは、手順、最も一般的な設定の一部を行うことができます。詳細については、データ ラベル内のタイトルする場合は、「グラフのタイトルまたはデータ ラベルを編集します

必要な作業

引き出し線を使ってデータ ラベルをデータ要素に接続する

引き出し線の外観を変更する

データ ラベルの外観を変更する

データ ラベルの形を変更する

データ ラベルのサイズを変更します。

データ ラベルにフィールドを追加する

引き出し線を使ってデータ ラベルをデータ要素に接続する

データ ラベルとそれに関連するデータ要素を結ぶ線は、引き出し線と呼ばれ、データ要素から離れた位置にデータ ラベルを配置した場合に便利です。グラフに引き出し線を追加するには、ラベルをクリックし、4 方向矢印が表示されたらドラッグします。データ ラベルを移動すると、引き出し線が自動的に調整され、ラベルに従って移動します。以前のバージョンでは、円グラフでのみこの機能が使えました。現在では、すべての種類のグラフでこの機能を使えます。

引き出し線のある折れ線グラフの一部
いくつか引き出し線のある折れ線グラフ

いくつか引き出し線のある折れ線グラフ

いくつか引き出し線のある折れ線グラフ

ページの先頭へ

引き出し線の外観を変更する

  1. 変更する接続線をクリックします。

  2. [線と塗りつぶし]、[] の順にクリックし、お好みの変更を加えます。

    [引き出し線の書式設定] ウィンドウの [線]

ページの先頭へ

データ ラベルの外観を変更する

データ ラベルの境界線の色を変更して強調するなど、さまざまな方法でデータ ラベルの外観を変更できます。

  1. 境界線を変更するデータ ラベルをクリックします。1 つのデータ ラベルのみ境界線を変更するには、2 回クリックします。

  2. [線と塗りつぶし]、[境界線] の順にクリックし、必要に応じて変更します。

    [データ ラベルの書式設定] ウィンドウの [線と塗りつぶし] タブ

    注: 効果を追加することで、ラベルが実際に飛び出すようにすることができます。[効果] をクリックし、目的の効果を選びます。ただし、あまり極端に効果を追加しすぎないように注意してください。

    [データ ラベルの書式設定] ウィンドウの [効果] タブ

ページの先頭へ

データ ラベルの形を変更する

データ ラベルを任意の形に変更し、グラフをカスタマイズできます。

  1. 変更するデータ ラベルを右クリックし、[データ ラベル図形の変更] をクリックします。

    [データ ラベル図形の変更] メニューと [図形] ギャラリー

  2. お好みの形を選びます。

ページの先頭へ

データ ラベルのサイズを変更する

データ ラベルをクリックし、お好みのサイズにドラッグします。

注: [サイズとプロパティ] (Outlook または Word では [レイアウトとプロパティ]) では、他のサイズ (Excel および PowerPoint) や配置のオプションを設定できます。データ ラベルをダブルクリックし、[サイズとプロパティ] をクリックします。

[データ ラベルの書式設定] の [サイズとプロパティ] とウィンドウ

ページの先頭へ

データ ラベルにフィールドを追加する

系列名やカテゴリ名などの組み込みのグラフ フィールドをデータ ラベルに追加できます。さらに強力な機能としては、説明テキストまたは計算された値を持つセル参照を追加する機能があります。

セルにテキストを含むデータ ラベルを表示しているグラフの一部
データ値と説明テキストの両方を含むデータ ラベルを持つグラフです。

データ値と説明テキストの両方を含むデータ ラベルを持つグラフです。

データ値と説明テキストの両方を含むデータ ラベルを持つグラフです。

  1. データ ラベルをクリックし、右クリックして、[データ ラベル フィールドの挿入] をクリックします。

    データ系列全体を選んでいる場合、このコマンドは表示されません。選んでいるデータ ラベルが 1 つだけであることを確認します。

    右クリックのメニューにある [データ ラベル フィールドの挿入]

  2. データ ラベルに追加するフィールドをクリックします。

    [データ ラベル フィールドの挿入] の選択肢

  3. セル参照にデータ ラベルをリンクするには、[セル] の [セルの選択] をクリックし、セル参照を入力します。

    [データ ラベル参照] ボックス

注: カスタム テキストから組み込みのデータ ラベルに戻すには、[ラベル オプション] の [ラベル テキストのリセット] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×