図にアート効果を適用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図や図の塗りつぶしにアート効果を適用し、スケッチ、絵、または図面のような外観にすることができます。

アート効果の例

図に適用できるアート効果は一度に 1 つだけです。別のアート効果を適用すると、前に適用したアート効果が削除されます。

アート効果を適用する

  1. アート効果を適用する図をクリックします。

  2. [図ツール] の [書式] をクリックし、[調整] グループで [アート効果] をクリックします。

    [アート効果] は [図ツール] タブの [調整] グループにある
    [図ツール] の [書式] タブの [調整] グループ

    [書式] タブまたは [図ツール] タブが表示されない場合は、図を選んでいることを確認してください。必要に応じて図をダブルクリックして選び、[書式] タブを開きます。

  3. 使用するアート効果をクリックします。使用する効果をクリックする前に、サムネイル イメージの上にマウス ポインターを置き、リアルタイムのプレビュー機能を使用して、その効果が適用された図の外観を確認できます。

  4. アート効果を微調整するには、サムネイル イメージの一覧の一番下にある [アート効果のオプション] をクリックします。[図の書式設定] ウィンドウまたはダイアログ ボックスで、影、反射、光彩、ぼかし、3-D 効果などのさまざまな他の効果を適用することができます。

色の効果や図の補正を適用する

アート効果は、図を強化するために使用できる 1 つのツール セットにすぎません。[書式] タブの [調整] グループには、[背景の削除]、[修整]、[色] のツールも含まれます。これらのツールを使用して、既に適用したアート効果の上にさらに別の効果を適用することができます。

[調整] グループの画像のオプション

  • 色の効果の適用は、アート効果の適用と非常によく似ています。図をクリックし、[書式] タブの [調整] グループで [] をクリックして、[彩度]、[トーン]、または [色の変更] オプションを選択するだけです。

    カラー エフェクトのオプション

  • 明るさ、コントラスト、鮮明度などの図の修整を適用する方法については、「明るさ、コントラスト、または図の鮮明度を変更する」を参照してください。

  • 図から背景を削除する方法については、「図の背景の削除」を参照してください。

効果を削除する、または元に戻す

  1. 削除するアート効果が適用されている図をクリックします。

  2. [書式] タブの [調整] グループで、[アート効果] をクリックします。

  3. [アート効果] ギャラリーで、最初の効果である [なし] をクリックします。

    [アート効果] ギャラリーだけでなく他のギャラリーから追加した効果も含め、図に追加した効果をすべて削除するには、[図のリセット] をクリックします。

    [図のリセット] コマンド

ファイルが大きすぎる場合に アート効果を適用する前に図を圧縮する

アート効果を適用すると、画像ファイルのサイズが大きくなることがあります。ファイル サイズを縮小する 1 つの方法として、図を圧縮することができます。ただし、図を圧縮すると、元の図で保持されている細部が変わります。つまり、圧縮後は図の外観が異なります。このため、図を圧縮する場合は、最初に図を圧縮してファイルを保存してから、アート効果を適用します。圧縮とアート効果を適用した図の外観が、求めている外観とは異なる場合、作業中のプログラムを閉じない限り、ファイルの保存後でも圧縮前の状態に戻すことができます。

関連項目

画像の明るさ、コントラスト、鮮明度を変更する

図の背景の削除

画像のファイル サイズを縮小する

図形に塗りつぶしや効果を追加する

図をトリミングする

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×