因果関係図を Visio で作成します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

因果関係図を投稿または特定の状況に影響するすべての要素を文書化: すべての原因は、ある潜在顧客特定の結果。石川、特性要因、または特性図、呼び出されます。

原因-結果チャートテンプレートは、図面を開始することを既にブレンド軸図形 (効果) と 4 つのカテゴリのボックス (原因) を含む図面のページを開きます。このテンプレートでは、さまざまなをさらに詳細を追加するために使用できるプライマリおよびセカンダリの原因を表す図形を提供します。

  1. [ファイル]、[新規作成] をクリックして、[ビジネス] をクリックしておよび原因-結果チャートをダブルクリックして、[します。

  2. 図面ページで、[ブレンド軸 (水平方向の矢印) を選択し、効果、問題、または目的を説明するテキストを入力します。

  3. 次のいずれかの操作し、効果が保証された原因の項目の数を確認します。

    • カテゴリを追加するには、分類 1または2 のカテゴリ図形を図面ページにドラッグし、矢印がブレンド軸にかかるように配置します。

    • カテゴリを削除するには、図形を選択し、DELETE キーを押します。

  4. 各分類には、図面ページ上の図形が、図形を選択し、原因カテゴリの名前を入力します。

  5. 投稿のカテゴリに主要な原因を表す、主な原因の図形を図面ページにドラッグし、[カテゴリの線に矢印の頭をスナップします。

  6. 第 2 の原因が原因となっている主な原因を表す、第 2 の原因の図形を図面ページにドラッグし、[主な原因線に矢印の頭をスナップします。

プライマリまたはセカンダリ原因図形にラベルを付ける、図形を選択して、入力します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×