問題: サポートされていない XML スキーマ構造

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Excel 2007 では、さまざまな XML スキーマ構造を持つ XML データをインポートまたはエクスポートできます。ただし、 Office Excel 2007 でサポートされていない XML スキーマ構造がいくつかあります。Excel にインポートできない XML スキーマ構造の詳細を次の一覧に示します。

  • <any>    この要素は、スキーマで宣言されていない要素を含むことができます。

  • <anyAttribute>    この要素は、スキーマで宣言されていない属性を含むことができます。

  • 再帰的な構造    この構造は、組織の管理構造など、同じ XML 要素をいくつかのレベルで入れ子にするデータ階層の作成に使用します。再帰的な構造は、複数のレベルの深さの入れ子にすることはできません。

  • 抽象型の要素    この要素は、スキーマで宣言されているものの、要素として使用されることのない要素です。抽象型の要素は、抽象型の要素の代わりに使用される別の要素に依存しています。

  • 代替グループ   これらのグループを許可すると、要素を別の要素が参照されている任意の場所を交換します。要素では、 < 代替グループ >属性を使って他の要素の代替グループのメンバーであることを示します。

  • mixed content これは、要素に子要素が含まれていて、かつ子要素の外にシンプル テキストが存在する場合に発生します。たとえば、要素内のデータを書式設定するためのタグ (太字タグなど) が使用されている場合などがこれに当たります。

詳細については、 XML ファイル (Power Query) への接続を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×