問題: エクスポートする XML の対応付けを確認する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

XML の対応付けで XML データをエクスポートできることを確認するときに、エクスポートに関する次の問題が発生する場合があります。

XML の対応付けは、対応付けられた要素とその他の要素との関係を維持できない場合にはエクスポートできません。次のような場合には、この関係を維持できない可能性があります。

  • 対応付けられている要素のスキーマ定義が、次の条件を満たす sequence 要素の中に含まれている場合。

    • maxoccurs 属性に 1 以外の値が指定されている。

    • 直接の子要素が 2 つ以上含まれているか、または別の compositor 要素が直接の子要素として含まれている。

  • 同じ繰り返し要素を親に持つ非繰り返し型の兄弟要素が、異なる XML テーブルに対応付けられている場合。

  • 同じ XML テーブルに複数の繰り返し要素が対応付けられていて、その繰り返しが祖先要素によって定義されていない場合。

  • 異なる親を持つ複数の子要素が同じ XML テーブルに対応付けられている場合。

また、XML の対応付けの内容に次のいずれかの XML スキーマ構造が含まれる場合は、内容をエクスポートできません。

  • リストの中のリスト    項目のリストの中に別の項目のリストが含まれています。

  • Denormalized データ   XML テーブルには、1 回だけように定義されている要素が含まれる ( maxoccurs属性が 1 に設定されます)。このような要素を XML テーブルに追加すると、テーブルの列に要素の複数のインスタンスが格納されます。

  • choice 要素    これは、<choice> スキーマ構造の一部として対応付けられている要素です。

詳細については、 [XML のエクスポートのデータを参照してください。

このメッセージには、次のようないくつかの原因が考えられます。

  • この XML テーブルに関連付けられた XML の対応付けに含まれている必須要素の中に、XML テーブルに対応付けられていないものが 1 つまたは複数あります。

    [XML ソース] 作業ウィンドウにある、階層型の要素の一覧では、必須要素を示す目印として、要素の左側のアイコンの右上隅に赤のアスタリスクが表示されています。必須要素を対応付けるには、ワークシートの目的の場所にドラッグします。

  • 要素は再帰的な構造です。

    再帰的な構造の一般的な例として、同じ XML 要素が複数のレベルにネストされている社員と上司の階層構造が挙げられます。[XML ソース] 作業ウィンドウですべての要素を対応付けても、Excel では複数のレベルから成る再帰的な構造がサポートされていないため、すべての要素を対応付けることができません。

  • XML テーブルに mixed content が含まれている。

    mixed content は、要素に子要素が含まれていて、かつ子要素の外にシンプル テキストが存在する場合に発生します。たとえば、要素内のデータを書式設定するためのタグ (太字タグなど) が使用されている場合などがこれに当たります。子要素を表示することはできても (ただし、Excel でサポートされる場合)、テキストはデータのインポート時に失われ、データのエクスポート時に使用できないので、往復することはできません。

詳細については、 [XML のエクスポートのデータを参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×