名前の自動修正オプションを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

名前の自動修正を使うデータベースの設計が変更されたときに中断から、Access デスクトップ データベースを保持できます。名前の自動修正を実行できます。

  • データベース オブジェクトの名前を変更すると他のオブジェクトが破損する場合を検出する

  • この問題を自動的に修正する

  • すべての修正をログに記録する

既定では、検出して、問題を修正する、修正をログには、名前の自動修正が設定します。名前の自動修正は、システムのパフォーマンスを妨げるややとデータベース設計が予期しないデザインの変更の適用対象にできない場合は、オフにすることがあります。またはの修正を追跡するためのアクセスを行うことができます。各デスクトップ データベースの名前のオート コレクトのオプションを設定することができます。

注: 名前の自動修正により、データベース オブジェクトの名前は常に一致するように処理されます。名前の自動修正では、データベース オブジェクトの削除から発生する問題など、設計変更のその他の潜在的な問題は、直接的には処理されません。

注: この記事で説明されている機能は、Access web アプリ: アクセス権を持つ設計し、オンラインで公開するデータベースの種類に適用されません。詳細については、 Access アプリを作成するを参照してください。

この記事の内容

名前の自動修正を使用する理由

名前の自動修正の動作方法

名前の自動修正オプションを有効または無効にする

名前の自動修正を使用する理由

ユーザーによってデザインが頻繁に変更されるデータベースで作業する場合、あるデータベース オブジェクトのデザインが変更されると、他のデータベース オブジェクトが動作できなくなる場合があります。この問題が発生する一例として、あるオブジェクトの名前が変更された場合、そのオブジェクトに依存するオブジェクトでは、名前の変更は自動的には反映されません。

たとえば、Customers という名前のテーブルに基づきクエリを作成し、後でそのテーブルの名前が Customer に変更された場合、この名前の変更が原因で、作成したクエリは動作できなくなります。クエリには他に問題はなく、クエリのデザインでテーブル名を修正すると、クエリは再び動作します。

名前の自動修正機能では、名前の変更を追跡し、フォーム、レポート、テーブル、クエリ、フィールド、またはコントロール (テキスト ボックスなど) の名前を自動的に修正できます。

名前の自動修正とオブジェクトの依存関係情報

名前の自動修正では、テーブル、クエリ、フォーム、およびレポートについて、オブジェクトの依存関係情報の名前マップが作成されます。このマップにより、[オブジェクトの依存関係] 作業ウィンドウを使用して、選択したテーブルまたはフォームに依存するオブジェクトの一覧を表示したり、テーブルまたはフォームが依存するオブジェクトを表示したりできます。オブジェクトの名前マップは、そのオブジェクトを保存して閉じるたびに更新されます。

注: 既定では、名前の変更履歴の記録は無効、データベースを新しいデータベース ファイル形式に変換した後でも、Access 97 またはそれ以前のバージョンの Access を使用して作成されたデータベースでです。ただし、このようなデータベースを新しい形式に変換した後に追跡名の変更を有効にしたことができます。

名前の自動修正を使用する必要がない場合

次の状況では、名前の自動修正は使用しないでください。

  • データベース設計が変更されない場合    データベースのデザインが変更されない場合は、名前の自動修正をオフにすると、システムのパフォーマンスが向上します。

  • データベース ファイルを小さくする必要があり、オブジェクト名の変更を手動で管理する予定の場合    データベースに対し名前の自動修正を有効にすると、データベースのサイズが増えます。この増加は、名前の自動修正を有効にすると作成される名前マップが原因です。名前の自動修正を無効にすると、名前マップは削除され、データベースのサイズは減少します。

名前の自動修正で修正されない対象

名前の自動修正では以下のものは修正されません。

  • フォーム、レポート、またはコントロールの名前の変更は追跡されません。

  • マクロ内またはコード内のテーブル、クエリ、またはフィールドの名前は修正されません。

ページの先頭へ

名前の自動修正の動作方法

名前の自動修正には、[名前の自動修正情報をトラックする]、[名前の自動修正を行う]、および [名前の自動修正の変更を記録する] という 3 つのオプションがあります。最後の 2 つのオプションは、前のオプションが有効になっている場合のみ使用できます。

[名前の自動修正情報をトラックする]

名前の自動修正を有効にしてデータベースの名前の変更を追跡すると、以下の操作が行われます。

  1. データベースへの排他的アクセスの取得を試みます。

  2. 開いているオブジェクトが検索されます。

  3. プロンプトが表示され、開いているオブジェクトが閉じます。

  4. すべてのテーブル、クエリ、フォーム、およびレポートが開き、保存され、閉じて、名前マップが更新されます。

  5. データベースが排他的アクセスに移行する前の状態に戻ります。

名前マップの作成の中断

名前マップの作成には数分かかる場合があります。Esc キーを押すと、この手順を取り消すことができます。ただし、一部のオブジェクトの名前マップは最新ではなくなり、名前マップを更新するまで、これらのオブジェクトの依存関係情報を表示できなくなります。

注: Access で名前マップを更新しているときに、Esc キーを押して操作を中断しても、[名前の自動修正情報をトラックする] オプションは無効にはなりません。[名前の自動修正情報をトラックする] オプションは、名前マップがまったく更新されない場合でも選択されたままです。名前マップを更新するプロセスを再開するには、次の手順を使用します。

  1. リボンの [ファイル] タブをクリックします。 Backstage ビューが開きます。

  2. 左側にある [オプション] をクリックします。[Access のオプション] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで [カレント データベース] をクリックします。

  4. [名前の自動修正情報をトラックする] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。警告が表示され、変更を有効にするには、開いているすべてのデータベース オブジェクトを閉じる必要があることが示されます。

  5. データベースを閉じ、再び開きます。

  6. [Access のオプション] ダイアログ ボックスを再び開き、[カレント データベース] カテゴリで [名前の自動修正情報をトラックする] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

また、特定のオブジェクトの名前マップを手動で更新するには、デザイン ビューでオブジェクトを開き、オブジェクトを保存します。

[名前の自動修正情報をトラックする] を無効にした場合に実行される操作

名前の自動修正をオフにして名前の変更の追跡を停止すると、以下の操作が行われます。

  1. データベースへの排他的アクセスの取得を試みます。

  2. 開いているオブジェクトが検索されます。

  3. プロンプトが表示され、開いているオブジェクトが閉じます。

  4. すべてのテーブル、クエリ、フォーム、およびレポートから名前マップが削除されます。

  5. データベースが排他的アクセスに移行する前の状態に戻ります。

変更を追跡するプロセスまたは名前マップを削除するプロセスが完了しない場合、"名前の自動修正保存エラー" テーブルにエラーが記録されます。

[名前の自動修正を行う]

[名前の自動修正を行う] オプションを有効にするには、最初に [名前の自動修正情報をトラックする] オプションを有効にする必要があります。

[名前の自動修正を行う] オプションを有効にすると、名前マップを使用して、名前の変更が他のデータベース オブジェクトに影響を与えるかどうかが判定され、それらの他のオブジェクト内にある、変更された名前が修正されます。

[名前の自動修正の変更を記録する]

[名前の自動修正の変更を記録する] オプションを有効にするには、最初に [名前の自動修正情報をトラックする] オプションおよび [名前の自動修正を行う] オプションを有効にする必要があります。

[名前の自動修正の変更を記録する] オプションを有効にすると、オブジェクト名の変更が原因で実行した修正が追跡されます。修正は、"名前の自動修正ログ" テーブルにレコードとして表示されます。

ページの先頭へ

名前の自動修正オプションを有効または無効にする

名前の自動修正の 3 つのオプションは、すべて [Access のオプション] ダイアログ ボックスで有効にできます。現在のデータベースに対してのみ、名前の自動修正オプションを有効または無効にできます。

  1. リボンの [ファイル] タブをクリックします。Backstage ビューを開きます。

  2. 左側にある [オプション] をクリックします。[Access のオプション] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで [カレント データベース] をクリックします。

  4. [名前の自動修正オプション] で、必要に応じてオプションをオンまたはオフにします。

    • [名前の自動修正情報をトラックする]    このオプションを選択すると、データベース内のオブジェクト名の変更が記録されます。追跡情報は、名前マップに保存されます。このオプションを初めて有効にすると、既存の各データベース オブジェクトについて名前マップが作成されます。名前マップは、このオプションが選択されている限り、最新の状態に保たれます。名前マップは、名前変更が原因のエラーを修正し、オブジェクトの依存関係情報を生成するために使用されます。名前マップに直接アクセスすることはできません。

      その他の名前の自動修正オプションを選択するには、事前にこのオプションを選択する必要があります。

      注: このオプションを有効にしても、名前の変更は自動的に修正されません。このオプションを有効にして実行されるのは、将来の修正で使用されるマップの作成のみです。

    • [名前の自動修正を行う]    このオプションを選択すると、名前の変更が発生した場合に、自動的な修正が行われます。このオプションは、[名前の自動修正情報をトラックする] オプションが既に選択されている場合に限り、選択できます。名前の自動修正を実行するために、[名前の自動修正情報をトラックする] オプションが有効にされたときに作成した名前マップが使用されます。

      [名前の自動修正の変更を記録する] オプションを選択するには、事前にこのオプションを選択する必要があります。

    • [名前の自動修正の変更を記録する]    名前の自動修正により実行された修正のログが保持されます。修正は、"名前の自動修正ログ" テーブルにレコードとして表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×