同一コンピューターでクイック実行および Window インストーラーを使ってインストールされた Office はサポートされない

Microsoft Office Professional Plus 2013 もしくは 2016、または Microsoft Office Standard がインストールされているコンピューターに、Office 365 製品または Office 2013 もしくは Office 2016 の単体アプリケーション (Access、Visio、Project、Skype for Business、OneDrive for Business など) をインストールしようとすると、このエラー メッセージが表示されます。

MSI インストールでクイック実行をインストールしようとするとエラーになる

クイック実行は、Office 365 サブスクリプションやほかの大部分の Office 2013 および Office 2016 製品のインストールに使用されるテクノロジです。Windows インストーラー テクノロジ (MSI) は、ボリューム ライセンス エディションの Office (Microsoft Office Professional Plus、Microsoft Office Standard など) のインストールに使用されます。

2 つの異なるインストール テクノロジを使用する同一バージョン (2013、2016 など) の Office 製品を、同じコンピューターにインストールすることはできません。この制限は、Access、Visio、Project、Skype for Business、OneDrive for Business などの単体アプリケーションにも適用されます。

場合によっては、クイック実行アプリケーションの 2 つの異なるバージョンを同じコンピューターにインストールすることもできません。詳細については、エラー: "Office 2016 のインストールはお待ちください" に関するページを参照してください。

この問題の対処方法

Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office をアンインストールする

Windows インストーラー バージョンの Office を保持したままで、Office 365 のクイック実行バージョンのインストールを試みても失敗します。以下の操作を行います。

  1. Windows コンピューターから Office 2013、Office 2016、または Office 365 をアンインストールする」の手順に従って、Windows インストーラー バージョンの Office を削除します。

  2. エラー メッセージが表示された場合は、実行していた Office のインストールをもう一度実行します。

ボリューム ライセンス版の Project 2016 または Visio 2016 で、Office 展開ツール (ODT) を使用してクイック実行バージョンをインストールする

Project 2016 や Visio 2016 のボリューム ライセンスを持っていて、クイック実行バージョンの Office 365 ProPlus のインストールを試みている場合は、Office 展開ツールを使用すると、完全なクイック実行 (単体) バージョンの Project 2016 または Visio 2016 をダウンロードしてインストールすることができます。「Office 展開ツールを使用して Visio 2016 および Project 2016 のボリューム ライセンス エディションをインストールする」を参照してください。

専門家に問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×