同じ Microsoft アカウントを使用する複数のパッケージ版の Office インストールを管理する

この記事は、Office Home & StudentOffice Home & BusinessOffice Professional の 2013 および 2016 バージョンを対象としています。Office 365 サブスクリプションからインストールされた Office または Mac にインストールされた Office には適用されません。

Office 2016 または Office 2013 の複数のコピーを購入してインストールする場合は、各 PC で使用される Office プロダクト キーのリストを作成することをお勧めします。このリストにより、将来、古い PC を新しい PC に入れ替えて Office を再インストールする必要がある場合や、ハード ドライブの再フォーマット後または交換後に Office を再インストールする必要がある場合に時間を節約できます。このリストを使用することで、別の PC で使用されているプロダクト キーで Office が誤って再インストールされることを防ぐことができます。

最初に、2 つの列を含む単純なテーブルを作成します。1 つの列に Office がインストールされている各 PC の名前を入力し、もう 1 つの列には Office の各コピーのインストールに使用されたプロダクト キーを入力します。

2 列のプロダクト キー リストの例です。

既に Office を複数の PC にインストールしていて、ライセンス認証に問題がある場合は、「Office プロダクト キーの変更」を参照してください。

ヒント: 複数の PC に Office をインストールする必要がある場合、Office 365 ビジネス サブスクリプション、または Office のボリューム ライセンスを購入すると、管理しやすくなります。

手順 1:Office の各コピーの完全なプロダクト キーを書き留める

最初に、自分の Office アカウントに表示される完全なプロダクト キーを、リストのプロダクト キー列に入力します。

  1. [My Office アカウント] ページで、Office のインストールに使用した Microsoft アカウントに関連付けられたメール アドレスとパスワードでサインインします。

    [My Office アカウント] ページの上部には、1 つまたは複数のタブが表示されます。[Office 365] というタブが表示されている場合があります。これにはプロダクト キーは表示されていないため、無視してかまいません。名前に 2013 または 2016 が含まれるタブを探します。

    Office 2013 製品が複数ある場合、タブは次のようになります。

    [マイ Office アカウント] ページの [Office 2013] タブです。

    Office 2013 製品と Office 2016 製品が混在している場合は、タブは次のようになります。

    [マイ Office アカウント] ページの [Office 2016 plus 2013] タブです。
  2. 該当するタブを選び、Microsoft アカウントに関連付けられている製品を表示します。

  3. ページに表示されている各 Office 製品で、[プロダクト キーの表示] を選択して、リストにそれぞれのプロダクト キーを追加します。

手順 2:Office がインストールされている各 PC のプロダクト キーを表示する

この手順では、プロダクト キーの最後の 5 文字が Office がインストールされている PC ごとに表示されます。この情報を使用して、リストの各プロダクト キーの [PC 名] 列を入力することができます。

  1. Office がインストールされている PC を起動します。

  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

    Windows 10 と Windows 8.1 の場合   

    Windows 7 の場合   

    1. 左下にある [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を選択します。

    2. コマンド プロンプト」と入力します。

    3. [コマンド プロンプト] のアイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

    1. 左下にある [スタート] ボタン Windows 7 の [スタート] ボタン を選択します。

    2. [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

  3. 下のドロップダウン リストから、お使いの Office のバージョン (2013 または 2016) および Windows のバージョン (32 ビットまたは 64 ビット) を選択し、説明どおりにコマンドを実行します。

    ヒント: 

    • Office の既定のインストールが 32 ビット版で、お使いのコンピューターに 4 GB 以上の RAM がある場合、64 ビット版の Windows がインストールされている可能性があります。

    • インストールされている Office のバージョンがわからない場合は、「What version of Office am I using?」(使用している Office のバージョンを確認する方法) を参照してください。インストールされている Windows が 32 ビット版または 64 ビット版のどちらかを確認するには、「実行されている Windows オペレーティング システムはどれですか」を参照してください。

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

    cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /dstatus

    コマンド プロンプトに、コンピューターに Office のインストールに使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。下の例では、この文字を XXXXX で表しています。

    プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

    cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /dstatus

    コマンド プロンプトに、コンピューターに Office のインストールに使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。下の例では、この文字を XXXXX で表しています。

    プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

    cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /dstatus

    コマンド プロンプトに、コンピューターに Office のインストールに使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。下の例では、この文字を XXXXX で表しています。

    プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

    cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /dstatus

    コマンド プロンプトに、コンピューターに Office のインストールに使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。下の例では、この文字を XXXXX で表しています。

    プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

    cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /dstatus

    コマンド プロンプトに、コンピューターに Office のインストールに使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。下の例では、この文字を XXXXX で表しています。

    プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

    cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /dstatus

    コマンド プロンプトに、コンピューターに Office のインストールに使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。下の例では、この文字を XXXXX で表しています。

    プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

  4. 各プロダクト キーの最後の 5 文字を使用して、リストの [PC 名] 列を入力します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×