合字と互換性について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

合字は、飾り文字または結合文字であり、一部のフォントで特定の文字に使用できます。

合字

吹き出し 1 合字でない文字列

吹き出し 2 結合された合字

Word for Mac 2011 および Word 2008 for Mac では、合字を表示できますが、それより前の Word for Mac のバージョンでは表示できません。 また、Word for Mac 2011 では、合字、文体セット、コンテキスト選択的文字、フォント基準のカーニング、数値書式と文字間隔など、高度な活版機能がサポートされています。 これらの高度な活版機能のいずれかを使用した文書を、サポートされていないバージョンの Word for Mac で開いた場合、これらの機能を使用した文字が正しく表示されない可能性があります。

高度な活版機能を使用した文書を、Microsoft Word 2010 for Windows、Microsoft Office Word 2007 for Windows、または Word 2008 for Mac より前のバージョンの Word for Mac で開いた場合、高度な活版機能の効果は表示されません。 この文書は、Microsoft Word 2010 for Windows、Microsoft Office Word 2007 for Windows、または Word 2008 for Mac より前のバージョンの Word for Mac で、編集および保存できます。 これらのプログラムでは、高度な活版機能の文字は合字としては表示されませんが、合字の情報は保持されます。 同じファイルを Word 2008 for Mac または Word for Mac 2011 で開くと、合字は再度表示されるようになります。

注: 合字の文字幅は、合字以外の相当する文字列の文字幅と異なる可能性があります。 そのため、合字以外の文字列が表示された場合は、改行や改ページが異なる場合があります。 改行と改ページを正しく保持するには、合字を無効にします。

関連項目

合字 (結合文字) を有効にする

Office for Mac ファイルを保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×